【ブランド紹介】ジョンマスターオーガニックについて

ニューヨーク発のオーガニックヘアケアブランド「ジョンマスターオーガニック」のブランド紹介ページ

通販のベルメゾンネットTOPコスメ・美容・香水ジョンマスターオーガニック > ジョンマスターオーガニックブランド紹介

ジョンマスターオーガニックについて

ジョンマスターからのメッセージ

1970年代からマイアミやニューヨークの有名サロンでキャリアを積み、
1991年にブランド設立。現在は、環境団体「グローバルグリーンUSA」の
ニューヨーク委員として支援活動も行っている。

なぜ、オーガニック&ナチュラルにこだわった商品を作りはじめたか?その理由はとってもシンプル!80年代後半、私は数多くのモデルやセレブリティのスタイリングを手掛ける一方で、オーガニックフードを食べ、ヨガを習い、すべてにおいてナチュラルを意識するホリスティックな生き方を実践しはじめました。次第に、ナチュラルな生活、素材への興味が高まり、とにかく自分を信じて動き出したのです。当時はホリスティックやオーガニックをテーマにしたサロンなどありませんでしたから、自宅アパートにクライアントを招いてサロンとして開放し、キッチンでナチュラル素材のヘアケアを研究しはじめました。今でこそ多くの人がオーガニックを意識していますが、20年前は、私の思いを理解して一緒にオーガニックにこだわった製品を開発してくれる化学者を探すのもひと苦労。オーガニック農業者は少なく、認証を受けたオーガニック原料は本当に希少でした。それでも地道にエッセンシャルオイルや植物成分の研究を続け、91年にオーガニック原料だけを使った「ドライヘアナリッシュメント&デフリザー」が完成します。つまりオーガニックへのこだわりは、いわば私自身のナチュラルを意識するライフスタイルの延長としてあるものなのです。私たちの体はひとつですし、地球もただひとつ。かけがえのないものをケミカルな素材で扱いたくはなかったし、きっと同じようにみなさんも感じてくれると、私は信じていた。今の私は、ジョンマスターオーガニックの製品を通じてみなさんとナチュラルビューティへの思いをシェアできることに、大きな喜びを感じています。

コンセプト

合成化学物質には役目がありますが、私たちの体には必要ありません。ではなぜシャンプーやスタイリングジェル、スキンモイスチャー、ソープなどに多くの合成化学物質を使うのでしょうか?それらはただ便利で安いという理由で、良質のオーガニック製品に代わるものとして作られたのです。ナチュラルでオーガニックな素材の力を借りれば、私たちの髪、体、そして地球環境をいたわり、より美しく保つ製品を作ることがじゅうぶん可能です。スーパーナチュラルな植物、その原点(オーガニック)に戻ることこそが体にも地球にもよいことなのです。

バイオグラフィ

15年以上の月日をかけてつくられた、こだわりのオーガニックプロダクツ

NYソーホーのヘアサロンで活躍しているジョンマスターは、自宅のキッチンで地道にオーガニックエッセンシャルオイルをミックスし始めてから15年以上の年月をかけてオーガニックとナチュラルにこだわった製品の研究を続けてきました。80年代に彼のスタイリングの才能がファッション界やセレブリティの間で有名になる一方、その顧客たちを満足させるだけにとどまらず、世界中の人々に愛されるオーガニックヘアケア・スキンケアを発表。今では40以上のラグジュアリーなオーガニックプロダクツが、世界20カ国以上で販売され、広く支持されています。

ジョンマスターオーガニックはこうして生まれました。

ナチュラルなヘアケアを追求し、オーガニックな原料・エコロジカルな環境にこだわった
マンハッタン唯一のナチュラルなクリーンエアサロンへ

自然光がたっぷりと差し込む店内は、空気までナチュラル&フレッシュ。ジョンマスターが選んだヴィンテージの鏡やチェアがずらりと並ぶ17世紀後半に建てられた歴史あるビルは、ジョンマスターにとってインスピレーションの源となっています。90年代の初めにサロンをオープンして以来、ジョンマスターは「きれいな空気の環境を保つこと」を約束し続けてきました。ソーホーのサロンの裏庭をエコロジカルな“緑の天国”に改造し、CO2削減を目指して100%風力エネルギーを利用しています。常連客達は、サロンへ訪れることを「スピリチュアルな経験に近い」とよく表現しています。オーガニックな原料にこだわって開発された、現在世界中で支持されているジョンマスターオーガニックのシャンプー、コンディショナー、スタイリング剤などのナチュラルなヘアケアアイテムは、この場所で誕生しました。

ジョンマスターオーガニック特集はコチラ

ジョンマスターオーガニックの品質・成分について

環境に対して敬意を払いながらオーガニックな原料にこだわり、本当に髪や肌にナチュラルな製品を作っています。

ナチュラル原料に徹底的にこだわり、エコサート認証のオーガニック成分を使用したジョンマスターオーガニックは、環境に対して敬意を払いながらオーガニックな原料を生産・収穫している世界の農家とパートナーを組んでいます。あくまでもナチュラルに自然収穫された原料、冷却圧縮法や水蒸気蒸留法で抽出された植物エキスを使い、石油やカーボンベースの製品を一切使用しないことで、髪や肌にナチュラルな製品を作っています。また、ジョンマスターオーガニック製品のすべての原料は、USDA(米農務省)に認可されているフランスを拠点とするエコサートも認証を取得しており、厳しい基準をクリアしたものだけを使用しています。

ジョンマスターオーガニックの12の基準

全ての原料はジョンマスターオーガニックの厳しい12の基準をクリアしています。

  • すべての商品は70〜100%オーガニック原料を使用しなくてはならない。
  • ラウリル硫酸ナトリウム、パラベン、DEA、MEA、TEAは使用しない。
  • 遺伝子組み換えされた原料は使用しない。
  • 石油系化学物質は使用しない。
  • 動物実験はしない。
  • 合成着色料、合成香料、合成増量剤は使用しない。
  • すべての植物エキスやエッセンシャルオイルは、できるだけオーガニック認証されたものでなければならない。
  • すべてのエッセンシャルオイルは、水蒸気蒸留されたもので、プロピレングリコールでの抽出はしない。
  • すべての植物油は冷却圧搾法で採取し、加熱抽出はしない。
  • すべての原料は髪と肌に効果があることを証明しなければならない。
  • すべての原料は環境に優しい方法(ワイルドクラフト)で収穫されなければならない。
  • すべての原料はできるだけ生分解性のあるものでなければならない。

ジョンマスターオーガニックが取得するオーガニック認証

USDA

USDA(アメリカ総務省)が認定する、食品基準のオーガニック成分を95%以上使用しているものだけに表示できる認証マーク。

OTCO

アメリカ・オレゴン州が定めた有機農法の民間基準。

CERTIFIED ORGANIC

オーガニック成分が70%以上含まれている商品に表示しているジョンマスターオーガニック独自の表示マーク。

シャンプーの組成について

配合している天然成分について

12の厳しい基準をクリアした、
美髪をもたらす100%植物由来の天然成分

ジョンマスターオーガニックのシャンプーには、オーガニック植物をはじめとする100%植物由来の天然成分だけを配合し、ノンシリコン&ノンケミカルを実現しています。界面活性剤にはナチュラルなトウモロコシ由来の成分を採用。防腐剤にもナチュラルなエゴノキやテンサイ糖由来の成分を配合しています。さらに、環境に優しいワイルドクラフトで栽培された原料をたっぷりと使用しているのも特長です。

ジョンマスターオーガニック特集はコチラ