Jurlique
オーストラリアの大地で植物の命を育むジュリーク農園
オーストラリアのピュアな大地   オーストラリアのピュアな大地

1985年、化学、薬草学、ホメオパシーに造詣の深い学者夫妻ユルゲン・クライン博士とウルリケ夫人によって、ジュリークは生まれました。地球上でもっともピュアな大地、汚染されていない環境を求めて、南オーストラリアのアデレードヒルへ移ってきたのです。よりパワフルで最高の化粧品をつくるために、私たちはオーストラリアの大地にオーガニック自社農園を創りました。

 

バイオダイナミック無農薬有機農法*により毎年認定を受け続けている153エーカーもの広大な農園で、地球の自然サイクルを取り入れ、土づくりや品種改良されていない種選びから始め、栽培、手摘みでの収穫、選別までを行います。この農法で丹精込めて育てられた植物は、香り高く活力にあふれています。ジュリークでは、ピュアでけがれのない自然の恩恵を大切にしています。*認定団体(National Association for Sustainable Agriculture, Australia)により、有機栽培農園として毎年認可を受けています。

植物のパワーを活かしたスキンケア製品の誕生   植物のパワーを活かしたスキンケア製品の誕生

「バイオイントリンジック」という独自の製法で、収穫後の植物を乾燥し蒸気蒸留・抽出・燃焼。それぞれの過程でできたエキスや灰などの物質を再結合させることで、植物の生命力をパワフルに活かしたスキンケア製品が生まれます。

植物のパワーを活かしたスキンケア製品の誕生
close