女性のデリケートゾーンについて

デリケートゾーンの気になるニオイや黒ずみ、乾燥やヘアのお手入れをご紹介

コスメ・美容・香水 > デリケートゾーンケア

Q1.ニオイやムレ、どうケアすればいい?

A.デリケートゾーン用アイテムで洗うことが、お手入れの第一歩!

そもそも、ニオイの原因って?

気になるニオイ、その原因として多いのがズバリ「ムレ」です。
特に女性は、おりものや経血、汗によりデリケートゾーンは高温多湿。毎日の
ケアでニオイやムレをすっきり洗い上げることが、不快感にオサラバする近
道なのです。
ただし、デリケートゾーンはいつものボディソープや石けんで念入りに洗
えばOKとうわけではありません!

まず、デリケートゾーンの正しいでケアのために、知ってほしい3つのポイントがこちら。

デリケートゾーンは…
粘膜と角質層が混在している繊細な場所
角質層がまぶたよりも薄い!
pH値は"弱酸性"で、他の肌と異なる

いつものボディソープや石けんで他の部分と同じように洗っていると、デリケー
トゾーンの自浄作用を保つpHバランスが崩れてしまうことも。
他の部分の肌と違って繊細な場所だからこそ、デリケートゾーン用アイテム
でやさしく洗うことが大切
です!

正しいデリケートゾーンケア OK:デリケートゾーン用アイテムでやさしく洗う NG:だけで洗う ゴシゴシ洗う 石けん(アルカリ性)で洗う

デリケートゾーンは弱酸性。他の肌とPH値が異なります

「ニオイ・ムレ対策」おすすめアイテムはこちら!

ホワイト フェミニン ウォッシュ(コスメキューブラボ)

植物療法士森田敦子さん Profile

客室乗務員時代、気管支喘息を患って
闘病を続けていたところ植物療法(フィトテラピー)に出合う。
フランス国立パリ13大学で植物薬理学を修め、日本で植物療法の第一人者に。
現在は製品の開発や、啓蒙のためのスクールなどを主宰。「アンティーム オーガニック by ルボア」 開発者。

「アンティーム」の商品をもっと見る

美容液みたいな使用感!洗う&スペシャルケアできるデリケートゾーン用ウォッシュ。

森田敦子さん監修! pHバランスに考慮して作った、まるで美容液みたいなウォッシュ。古い角質・汚れをやさしく落として清潔に保ち、うるおいと明るさをプラスします。天然精油をブレンドした香りを楽しみながら優雅にお手入れを♪泡パックもおすすめです。

POINT 美容液のような使用感で4つの機能 ブライトニング 洗浄 保湿 肌あれ予防

POINT オーガニック原料などの厳選素材

森田敦子さんによるこだわりの成分バランス

カニナバラ果実(※1、※2) エーデルワイス(※1、※3) プエラリアミリフィカ根(※2) タチジャコウソウ(※2、※3) セイヨウノコギリソウ(※3) カミツレ葉(※1)

※1 整肌成分 ※2 保湿成分 ※3 収れん作用

女性らしさを引き出す天然の香り

ラベンダー、オレンジ、ユーカリの精油を独自にブレンド。
リラックスを誘う爽やかな香りです。

意外と知らない!?デリケートゾーンの洗浄方法をCHECK! POINT 「前から後ろ」へ洗いましょう”粘膜部分に汚れを引き込まない”という観点からオススメです。
1.洗浄料を手で軽く泡立てる 2.まずは陰毛部分から 3.次に股間を中心に 4.最後におしりの穴まわりを
デリケートゾーンの洗浄におすすめ

専用ブラシ、あります♪超やわらかな極細毛で優しくしっかり洗う。

極細の軟毛を使用した、とってもソフトな肌あたりのデリケートゾーン専用ブラシ。毛足を長く(約4cm)とったことで、肌への優しさと洗浄力を両立しました。スッキリ快適に洗え、ニオイ対策になります。泡立ちも抜群!

超やわらか デリケートゾーン専用ブラシ
¥2,300(本体)

超やわらか デリケートゾーン専用ブラシ デリケートゾーンだけでなく、手が届きにくい背中にも。お肌が敏感な方にもやさしい♪

洗浄料・ソープをもっと見る

Q2.気になる黒ずみ、どうにかならない?デリケートゾーンにも保湿ケアって必要なの?

A.保湿ケアは欠かせないものと考えて。乾燥したままだと、黒ずみ・ハリ不足を招きます!

黒ずみの原因は乾燥!?

顔の皮膚よりもうすく、入り組んだ形になっているデリケートゾーン。角質層が薄いということは、それだけ水分保持力が弱いということなんですね。
また、非常に敏感な部分のため、濡れやすく乾燥しやすい部位でもあります。しっかりとうるおっていれば外部からの刺激を受けにくいのですが、洗いすぎや脱毛、摩擦など様々な要因で乾燥に傾きがちです。
うるおい不足や摩擦などで起こるキメ乱れは、黒ずみの原因に
さらに年齢を重ねると、加齢によるうるおい・ハリ不足も気になってきます。
デリケートゾーン用アイテムでしっかり保湿して、乾燥・黒ずみが気になるエリアを明るくつややかに保ちましょう

デリケートゾーン 角質層がうすく、→水分保持力が弱い※黒ずみとは古い角質を含む汚れのこと

乾燥対策★3つのPOINT

保湿ケア

乾燥対策と言えば、何はなくとも保湿!やさしく洗った後は、デリケートゾーン用アイテムでうるおいをチャージ。
成分や香りなど、お好みで選んで楽しくケアを♪

入浴時の温度にご注意

熱いお風呂やシャワーは、肌表面の皮脂をうばってしまうことも。特に脱毛をしている方、
施術後はぬるま湯のシャワーなどでトラブル回避を。

水分をしっかり摂る

体に水分を巡らせることは、美肌ケアや便秘対策などにも効果的と言われますが、
もちろんデリケートゾーンの乾燥予防にも役立ちます。

「くすみ・黒ずみ(※)ケア」のおすすめアイテムはこちら!

ディースピース タイトニング エッセンス(美容液)(ディースピース)

くすみ・黒ずみ(※)ケアからハリ肌アプローチも!弱酸性の引き締め美容液。

※ くすみ・黒ずみとは古い角質を含む汚れや乾燥・キメ乱れによるもの

ディースピース タイトニング エッセンス(美容液)(ディースピース)
¥12,000(本体)

Q3.アンダーヘアってみんなどうしてるの?面倒だけど、お手入れってやっぱり必要?

衛生面でもメリットが!専用アイテムなら手軽にケアできます。

周りのみんながアンダーヘアを処理しているかどうか、気になりますよね。
欧米ではエチケットとして浸透している一方、日本ではまだまだ、処理をしている人は少ないようですが…。
実はアンダーヘアのお手入れ不足は、ニオイの原因になることも!
トイレの後や生理の際、アンダーヘアが濡れた状態でいると、ニオイが発生しやすくなる可能性があるのです。
だから、きちんと処理した方が断然衛生的。
水着になった時や薄着の季節、ハミダシが気になる時にも、専用アイテムならカンタンに処理できて便利です♪

アンダーヘアの処理3つのゾーン別メリット♪

1.Vゾーン(恥骨上部のヘア) 2.Iゾーン(女性器まわりのヘア) 3.Oゾーン(おしりの穴まわりのヘア)

毛の量や質・生えている範囲は個人差ですが、下着の
ラインへきれいに収まっているとレディ度もUP!

この部分のヘアを処理することで、ニオイの軽減や雑菌の
繁殖を抑える効果が期待できます。

トイレの際、ヘアがない方が衛生状態を清潔に保つこ
とができます。

「アンダーヘアのお手入れ」アイテムをもっと見る

Q4.くしゃみをしたら尿漏れ。ショック!どうしたらいいの?

実は多くの女性が経験アリ。骨盤まわりの筋肉トレーニングを意識してみて!

年齢によるカラダの変化や、妊娠・出産による体型の変化で、実は女性の多くが経験したことのある尿漏れ。
その原因として一番多いと言われるのが、骨盤まわりの筋肉のゆるみによるもの。
セルフケアするなら、サポートショーツをはじめ、骨盤周りのエクササイズや「ちつトレ※」もおすすめです。

※「ちつトレ」=膣トレーニング

「尿漏れ対策」におすすめのアイテムはこちら!
モレキュット(プロイデア)

対策しながらアプローチ!引き締める&引き上げる失禁パッド付き骨盤ショーツ。

モレキュット(プロイデア)
¥2,839(本体)

両OS対応膣トレフェミメイト特別セット

スマホアプリで操作&管理。「ちつトレ(※)」でゆるみ対策始めませんか。

※「ちつトレ」=膣トレーニング

フェミメイト 膣トレ特別セット
【ネット限定タイプあり】

¥15,800(本体)

「尿漏れ対策」アイテムをもっと見る