ベルメゾン 暮らしのコラム

国内旅行の持ち物・必需品のチェックリスト等や便利アイテムは?

国内旅行の持ち物・必需品のチェックリスト等や便利アイテムは?

2017.09.26

トラベル・旅行用品

「楽しみな旅行が近づいてきた!……でも忙しくて準備できてないんだけど、どうしよう!?」そんなあなたも大丈夫!これだけは押さえたい、という国内旅行の必需品や、あると便利なグッズ、旅行プラン別のお役立ちアイテムなどをリストアップしました。アレもコレもと持っていくと、荷物が重くて移動が大変に。必要なものとそうでないものを考えながら準備しましょう。修学旅行やお泊まり、短期間の海外旅行にもご参考に♪

要チェック!持ち物チェックリスト〜必須項目から+αアイテムまで〜

【これだけは必須!】忘れると困るもの一覧

【これだけは必須!】
□現金
□クレジットカード・電子マネー
□携帯電話・スマートフォン
□免許証(または保険証)
□航空券や新幹線のチケット(またはその代わりとなるデータ画面)
□化粧品(ベースメイク・メイクアップ用品)
□(コンタクトの人は)コンタクトレンズ用品&予備のメガネ
□替えの洋服
□替えの下着
□常備薬・酔い止め薬
免許証は、レンタカーを借りる予定があるならもちろん必須。もしその予定がなくても、身分証明書となる免許証、または保険証は持ち歩いておきましょう。また、食べ過ぎた時の胃もたれや突然の頭痛などのために、普段使っている薬を持っていれば安心です。

【基本の荷物】いざとなれば現地調達OKの消耗品など

【基本の荷物】
□携帯電話の充電器・モバイルバッテリー
□晴雨兼用の折りたたみ傘ハンカチ・ハンドタオル
□ポケットティッシュ
□生理用品
□(夏)帽子日焼け止めなどのUV対策グッズ
□(冬)手袋ネックウォーマーなどの防寒具
□ゴミ袋・ビニール袋 必須と言えば必須だけれど、もし準備できなくても(または忘れても)、国内旅行なら駅・空港・ホテル・街で手に入りそうなものをこちらでリストアップしました。

【あるとGOOD】旅を楽しく&ラクにするアイテム

あった方が便利だけど、荷物が増えるのが苦手なら省略できるアイテムたち。必要なものだけピックアップしても。

【あると便利なグッズ】
□カメラ
□カメラの充電器
□ガイドブック
水筒(旅先で買った温・冷ドリンクを保温しながら持ち歩けます)
□ウェットティッシュ(食べ歩きの時など)
□筆記用具&メモ帳
□ヘアブラシ・ヘアアイロン
□ファスナー付き保存袋(香りの強いお土産などに)
□クリアファイル(旅先で手に入れたチラシ・パンフレットをきれいに持って帰れます)

【長い移動時間をラクに】
□ネックピロー(首・肩の疲れ軽減に)
□携帯シューズ・ルームシューズ
□着圧ソックス

【プラン別】アウトドア?観光?旅行プランに合わせた準備も

【夏・リゾート地への旅行に】
日焼け止め
□虫よけスプレー
水着ビーチサンダル
タオル
【冬・寒冷地の旅行に】
□マスク
□カイロ
【温泉旅行】
トラベルポーチ

【観光】
折りたたみバッグ
□歩きやすい靴


その他、赤ちゃんやお子さまが一緒の旅行なら、それに合わせた準備も!

旅の荷物はかさばりがち。パッキングについて考える

スーツケースと手荷物、どう分ける?

基本的には「ホテルに着いてから使う」ものはスーツケースへ、それ以外は手荷物にまとめましょう。出先でスーツケースの中の荷物を出し入れするのは、とっても億劫。折りたたみ傘やカイロなどは、使用頻度が低そうでも手荷物へ入れておいた方が、いざという時に助かります。
修学旅行の学生さんは、学生証を手持ちのバッグへ入れるのをお忘れなく!

衣類の“かさ”を減らすには

荷物の中で大きくスペースを取る衣類。少しでも身軽に出発するためには、結局の所「持って行く数を減らす」か「バッグの中を整頓する」しかありません。

【解決策@:持っていく数を減らす】
・秋冬の1泊旅行なら、着替えはインナーだけにする
・3泊以上の場合、インナーやTシャツは、コンパクト洗剤(チューブタイプなど)を持って行って手洗いする
・ホテルや旅館のクリーニングサービスを利用することにする

【解決策A:バッグの中を整頓する】
衣類用圧縮袋を使う
オーガナイザーで分類し、無駄なスペースをなくす

tuar ceatha −もっと、私らしく。女性のためのトラベルグッズ−

機能性にもデザインにもこだわったシリーズ

ベルメゾン・オリジナルブランドの【tuar ceatha(トゥアル・チャッハ)】は「虹」を意味するアイルランド語。旅行先でも自分らしく、より充実した時間を過ごせるように、女性の旅を研究し、機能・カタチを考えるトラベルグッズのブランドです。

この記事を気に入ったら...

TOPに戻る

暮らしのコラムTOP