ベルメゾン 暮らしのコラム

2018年、開運のカギはキッチン!人気風水師・李家幽竹先生のインテリア指南

2018年、開運のカギはキッチン!人気風水師・李家幽竹先生のインテリア指南

2018.03.15

キッチンマット

2018年、開運のカギはキッチン! 人気風水師・李家幽竹先生のインテリア指南
2018年、開運のカギはキッチン! 人気風水師・李家幽竹先生のインテリア指南

食を司るキッチンは、金運&健康運に強い影響を与えます。「最近なんとなく停滞気味だなぁ」「色々うまくいかない……」そんな方は、ぜひ「風水」を試してみませんか?ベルメゾンで毎年特集を組んでいる人気の風水師・李家幽竹(りのいえゆうちく)先生にお話を伺いました!おすすめの素材や、方位(方角)×色の組み合わせで運を開くポイントをご紹介します。

李家幽竹先生の「インテリア風水」って?

そもそも「風水」って何? 「インテリア風水」は何が違う?

風水とは「気の力を利用して、現在の運をさらによくする環境学」。もっと簡単に表現するなら、衣・食・住、行動など自分の環境すべてを使って運を開いていく開運のための環境学のことです。

その中でも住まいは、自分が培った運を貯めておく場所。住環境が整っていて初めて、得た運をこれからの自分のために定着させることができるのです。風水を活用して幸せを呼び込む空間をつくる、それが「インテリア風水」です。

李家幽竹先生が教えてくれる、今年の風水。詳しくはこちら ⇒

風水のベースとなる「陰陽五行説」

風水では、自然界に存在するすべてのものは「木・火・土・金・水」の五行(5種類)に分類され、同時に「陰」または「陽」いずれかの性質を持つと考えられています。

五行の考え方
木製のものは「木」、プラスティック製品や化繊類は「火」、陶器は「土」……というように、すべての存在がいずれかに属します。
五行それぞれには相性があり、お互いを生かし合って運気を強めていく「相生(そうじょう)」の関係がある一方で、対立し合って運気を低下させる「相剋(そうこく)」の関係も存在します。

陰・陽の性質
相対する性質を持ち、女性(陰)と男性(陽)のようにお互いなくてはならないものとして支え合う存在。このバランスがものごとの調和を保つと考えられています。

方位(方角)も運気を司る

各方位(方角)が持つ運気や相性のいいカラー

東西南北の四方とその間を含める八つの方位(方角)。それぞれについても「五行」がベースとなって運気を司ると考えます。特にインテリア風水では、各方位(方角)が持つ運気や相性のいいカラーを上手に利用して家具の色やレイアウトを考えることが大切になってきます。

李家幽竹先生に聞く! 2018年キッチンづくりのアドバイス

「2018年、キッチンは家の中で特に大切にしたい場所」

取りかかりやすいキッチンマット

2018年は「火」の年。インテリア風水でお部屋づくりする方に、特に注目してほしいのが「火」の気を帯びたキッチンです。
食を司るキッチンは、その家に住む人の金運や健康運に強い影響を与える場所。キッチンを整えると運気が上昇しやすくなりますよ。

取りかかりやすくておすすめなのがキッチンマットです。キッチンはコンロ周りに「火」の気を持つと同時に、水周りに「水」の気も併せ持つため、2つの気がぶつかって不安定になりがち。中和させるキッチンマットを敷いて、バランスを整えましょう。良い気の巡りを促すことができます。
ポイントは「木」の気を持つモチーフや素材を選ぶこと。いちばんのおすすめは、コットン(綿)・リネン(麻)など天然素材のキッチンマットです。
また、キッチンはもともと「火」の気を帯びている場所のため、キッチンに「火」の気を持つモチーフやカラ―を取り入れてしまうと、「火」の気の力が強まりすぎて金運に悪影響を与えるため要注意。柄で取り入れるなら、「火」を中和する「土」の気を持つ、フルーツ・リス・チェック柄などがGOOD。

\種類豊富/
ベルメゾンの「キッチンマット」一覧はこちら ⇒

「押さえておきたいキッチンのインテリア風水と、NGポイント」

キッチンマット以外の小物も選び方にこだわって、できるところからぜひ取り入れてみてください。

■ボトル類
キッチンに置いているボトル類の素材も見逃せないポイント。洗剤などは陶器製や磁器製など自然由来のボトルに詰め替えてみましょう。

■ゴミ箱
ゴミから出る陰の気が空間にただよわないよう、ゴミ箱はフタ付きのものを選びましょう。素材はスチール製や木製がおすすめ。プラスチック製は金運を大きく落とすのでNGです。

■キッチンカーテン
キッチンの小窓にカーテンがないと、金運が流れてしまいます。透け感のあるレース素材などのキッチンカーテンを付けましょう。光を遮ってしまう重たい印象のカーテンはNG。

■床下収納
買い置きの食品をここに収納してしまうと、食品の生命力がダウンしてしまいます。普段使わない食器や鍋類をしまっておくのがおすすめ。

■冷蔵庫
電化製品は基本的に「火」の気を持ちます。ただし使用中の冷蔵庫は「水」の気。中に古い食品をため込んだり、扉にメモなどをたくさん貼っていると金運が逃げてしまいます。時々、中を水拭きすると気の流れがスムーズに。

\インテリア風水、2018年のおすすめ/
「金運UPアイテム」一覧はこちら ⇒
「恋愛運UPアイテム」一覧はこちら ⇒
「キッチンアイテム全般」一覧はこちら ⇒

「方位(方角)別、おすすめカラーと開運ポイント」

キッチンがある方位(方角)別におすすめの開運ポイントをご紹介。インテリアの参考にしてくださいね。

■北
北は「水」の気を持つ方位(方角)。
インテリアは白を基調に、ホーローや木製の素材を使うのがおすすめ。雑貨にはピンクやクリーム色のアイテムを取り入れると良いですよ。シンクの水垢汚れや、冷蔵庫内に賞味期限切れの食材があると金運を逃がしてしまいます。

■北東
北東は「土」の気を持つ方位(方角)。
収納の状態が運気を左右すると心得て。不要なものは置かず、過剰な食品ストックも控えるのが○。小物を白系で統一するのがおすすめです。白い陶器やスクエア型の雑貨が金運を運んでくれますよ。

■東
東は「木」の気を持つ方位(方角)。
小物にペールブルーやライムグリーン系を取り入れるのが運気アップに繋がります。キッチンスケールやキッチンタイマーを使えば金運も良い流れに。乾燥した食材をため込むと金運がダウンするのでご注意。

■東南
東南は「木」と「風」の気を持つ方位(方角)。
香りが運気を大きく左右します。特に気をつけてほしいのが生ゴミのニオイ。ゴミ箱はフタ付きで、木製かステンレス製がベストです。インテリアには、ミントグリーン系の色と花モチーフがおすすめ。

■南
南は「火」の気を持つ方位(方角)。
さまざまな意味で「美しさ」がポイント。常にセンスを意識したインテリアを心がけましょう。雑貨にはステンレスや白い陶器を。カラーは白系やライトグリーン系、モチーフはリーフ柄が◎です。

■南西
南西は「土」の気を持つ方位(方角)。
使い勝手の良さと全体の統一感が運気の決め手。雑菌が溜まると金運がダウンしやすい方位なので注意しましょう。雑貨にはテラコッタなどあたたかみのある陶器製をチョイスして。チェック柄やフルーツ柄もGOOD。

■西
西は「金」の気を持つ方位(方角)。
良い気を呼び込むには、遊び心のあるデザインの小物を取り入れて。ホーローや白い陶器を選ぶとなお良しです。この方位(方角)と相性の良いカラーは、パステルイエローか白系。ピンク系も◎です。

■北西
北西は「金」の気を持つ方位(方角)。
この方位にあるキッチンは、グレード感を大切に。普段使いに産地のわかる焼物やブランド食器を取り入れると、金運を呼び込めますよ。カラーはアイボリーやクリーム系を小物使いに。ドット柄もおすすめ。

この記事を気に入ったら...

TOPに戻る

暮らしのコラムTOP