ベルメゾン 暮らしのコラム

マタニティさんの防寒ファッション。冬をあったかくのりきるコツ☆

マタニティさんの防寒ファッション。冬をあったかくのりきるコツ☆

2017.10.12

マタニティ・授乳服

妊娠中に冷えるのは良くないからといって、家に閉じこもってばかりもいられませんよね。冬の寒い日にマタニティさんが外出する時の、防寒アイテムをご紹介します。おしゃれにあったかく、楽しい冬を過ごしてください♪

マタニティさんの防寒対策は、インナーの重ね着がポイント。

体を締めつけない重ね着で、こまめに体温調節しましょう

妊婦さんの防寒対策としておすすめなのは、こまめに体温調節できるよう重ね着を意識することです。
寒いからといってぶ厚〜い服を着たままだと、屋内のエアコンで汗をかいた後など、汗が引いていく時にかえって体が冷えてしまいます。
インナーの上に厚い生地のものを1枚着るよりも、キャミソール+インナー+長袖T+カーディガンくらいのつもりで重ね着しておくのがおすすめ。ただし、体を締めつけてしまわないようにお気をつけくださいね。
また、マタニティさんが特に冷えてしまいやすいのが、首元・お腹・足元です。この3ヶ所は、インナーやアウター、またマフラーなどの小物も使ってしっかり守りましょう。

【インナー】マタニティ用あったかインナーで冷えを予防

お腹が冷えてしまわないよう、腹巻はマスト

赤ちゃんがいる大切なお腹。腹巻やオーバーパンツを履いて、冷やさないようにしましょう。腰まわりから来る冷え対策にも有効です。
妊娠初期の方は、締めつけが気になるようならゆったりとしたものを。お腹が大きくなってきているマタニティさんは、腹帯や妊婦帯もおすすめです。

マタニティさん用の腹巻・妊婦帯はこちら →

綿95%のあったかインナー。授乳対応で産後まで着られる

冬の定番、あったかインナー。ベルメゾンの「ホットコット」では、マタニティさん&産後ママ向けの「産後用・授乳口付き」がラインナップ。妊娠期から着ることを考えて、後ろはおしりが隠れるくらいの長め丈になっています。綿を95%使用しているから、肌が敏感になるマタニティ期にもかゆくなりにくいのがうれしい。

【あったかインナー・ホットコット】
綿を95%使用した、優しい肌ざわりが自慢の吸湿発熱インナー。天然素材ならではの着心地と吸湿性で、着た瞬間からあたたかく、肌がかゆくなりにくい。ベルメゾンのロングヒットアイテムです。

産後も長く着られる「あったかインナー ホットコット」はこちら →

冷えやすい足元には、あたたかレッグアイテムを装備

足元は特に冷えやすいから、厚手のニット素材や裏起毛素材を使ったタイツ・レギンスなど冬用レッグアイテムをぜひ揃えましょう。マタニティ用ならお腹を締めつけず、ラクに履いていられます。ワンピースやチュニックの下に履いて、おしゃれを楽しみたいですね♪
靴下を重ね履きする時は、きつくて足がむくんでしまわないようにゆったりめのものを選んで。

マタニティさん用のレギンスはこちら →
マタニティさん用のタイツ&ストッキングはこちら →

【アウター】をゲットするなら、ライナー付きの長め丈が理想

ダッカー付きなら出産後もベビーと一緒に着られる♪

アウターには、大きくなったお腹も腰まわりもすっぽり包み込む長め丈のアウターがおすすめ。ライナー付きのコートなら気温に合わせてあたたかさを調節できますし、1着購入すれば秋口から春先まで長く着られて経済的です。
また、マタニティさん向け冬用アウターでは、ダッカー付きのデザインが人気。出産後もママコートとして着用できると、ダッカー付きコートを選ぶマタニティさんが増えています。

マタニティさん向けのジャケット&アウターはこちら →

あたたかくして冬を元気に過ごして欲しい♪

「マタニティさんあったか特集ページ」公開中

ベルメゾンではマタニティさんや産後のママ向けファッションアイテムを豊富に展開中。
先輩ママの声を元に改良を重ねた"かゆいところに手が届く"ロングセラーも多数あります。

現在は冬のあったかアイテム特集を掲載中♪
こんなの欲しかった!という商品がきっと見つかります。ぜひチェックしてみてください。

マタニティさんの特集ページはこちら →

この記事を気に入ったら...

TOPに戻る

暮らしのコラムTOP