インテリアコーディネータ「川上ユキ」さんのインテリアコラム「すてきの糸口をさがして」

第7回 キッチンを整えて、楽しく家事をしよう「“好きではない作業”を、盛り返す秘策」

すてきの糸口をさがして TEXT: yuki kawakami

すてきの糸口をさがして TEXT: yuki kawakami

第7回 キッチンを整えて、楽しく家事をしよう「“好きではない作業”を、盛り返す秘策」

「気分を上げる」

毎日、キッチンに立って料理する私ですが、その思考は典型的な男性タイプ。つくるのは楽しいけど、後片付けは面倒、掃除も要領よく済ませたいと思います。

好きではない作業だからといって誰かが代わってくれるわけではないので、自分で気持ちを盛り立てないといけません。そんなとき考えるのが、「すぐに出る状態にセットしておかないとダメ」「ちょっとでもかわいくして手に取るのが楽しくなるようにしよう」ということ。 効率よく出せる収納や、見た目の可愛さ、新しい商品で、マイナスに傾きがちな気分に先手を打っておくのです。

皆さんは、キッチンで苦手なことや好きではない作業がありますか?そこにも「すてきの糸口」がありますよ。ぜひ手をかけてみましょう。

盛り返す秘策@ 出し戻ししやすくセットする
シンクやコンロを掃除するブラシ類は、必要なアイテムをひとまとめにしてシンク下にしまってみましょう。アクセスがいいとそれだけで掃除がスムーズになり、面倒だなと思うヒマなく作業が終わってしまいます。

盛り返す秘策A モノを変えて興味を持つ
洗剤にこだわる、いろいろな布巾を試す、ボトルを変えてみる…モノが変わると、たとえ好きでない作業でも使うのが楽しみになります。ささやかですが、気持ちを前にもっていくには、これもいい方法です。

ベルメゾンデイズにある「保存もできるステンレスバッド」や「スリム洗い桶」はサイズ感が絶妙な商品です。バッドは幅が12.5cm、洗い桶も幅19cmとすごくスリム。コンパクトな商品は新しく買い足しても、それほどスペースを取らないので、取り入れやすいのがいい点です。
「スリム洗い桶」は従来の大きな洗い桶が好きじゃなくて…と言ってた知人に、揚げ物が苦手な方には、「これをスマートに出動させたらテンションがあがるんじゃない?」と「ステンレスバッド」をお勧めしたくなります。

PROFILE

川上ユキインテリアコーディネーター / プロダクトデザイナー

川上ユキ

Photo © Masaharu Hatta

インテリアコーディネーター / プロダクトデザイナー

住宅関連企業で家具や住宅などの商品開発、デザインコンサルタントを行う。またインテリア・収納の講師として、女性誌を中心に新聞の連載やテレビなどでも活躍。デザイナーとしての実践的な生活提案に定評がある。
主な著書に『独り暮らしをつくる100』(文化出版局)、『カエテミル』シリーズ(大和書房)、『収め納める』(世界文化社)他。著書はわかりやすい内容とセンスのよい提案から海外翻訳本も多数に及ぶ。

  • 川上ユキさん著書「考えない片づけ」好評発売中!詳細、その他川上さん情報はこちら