インテリアコーディネータ「川上ユキ」さんのインテリアコラム「すてきの糸口をさがして」

第13回 収納が変わると暮らしが変わる 特別実践編:お宅大改造!<第1回>

すてきの糸口をさがして TEXT: yuki kawakami

すてきの糸口をさがして TEXT: yuki kawakami

こんにちは。インテリアコーディネーターの川上ユキです。
今回からの「すてきを探して」は、特別実践編。
webページを飛び出し、実際のお客様のもとへ伺います。

この企画に応募して下さったのは、
「食器と書類が増えて困っています」という、兵庫県にお住まいのSさん。
ベルメゾンデイズの商品を取り入れながら、「before⇒after」のお宅改造をさせて頂きます!

さて、どんなふうにお部屋が生まれ変わるのでしょうか。
全4回のレポートでお届けまします。

第13回 収納が変わると暮らしが変わる 特別実践編:お宅大改造!(第1回)

■まずは現地調査。どんな方かしら? ご対面です。

閑静な住宅街にある一軒家。チャイムを鳴らすと、にこやかにSさんが出迎えて下さいました。
ナチュラルなインテリアが好きで、ベルメゾン歴20年というかわいらしい奥様です。

お住まいは、築30年の戸建て住宅、4年前に越してきたそうです。

■さぁ、悩めるお部屋を見ていきましょう。

今回、お部屋改造の舞台となるSさん宅1Fは、こんな間取りです。

まずはキッチンへ。
気になることを発見。さっそく、質問してみました。

川 上「4人家族なのに、ダイニングのチェアーは6脚なんですね?」
Sさん「そうなんです、生徒さんがいらっしゃるので」
川 上「生徒さん??」

聞けば、10年前から自宅でお菓子教室をされているSさん。
多いときは、月に50人くらいの生徒さんがお見えになるそうです。

お菓子教室のため、ケーキ型などの製菓道具が多く、冷蔵庫、電子レンジは各2台。
試食で使うティーカップや和食器も、6〜10人分で揃っています。
なるほど。それで食器が多いとお悩みだったんですね。

食器や食品は、用途ごとにまとめて整理されています。
キッチンはすこし片づける程度で、うまくいきそうです。


次に向かったのは、リビング。

白がお好きということで、ナチュラルトーンで、爽やかにまとめられています。
ごちゃつくパソコンまわりと、床置きのモノをきちんと整えれば、
ぐっと雰囲気のいいリビングに仕上がりそうです。

そして「いちばんの悩みです」と、リビングの横の和室へ。
うぬ、なにやら不穏な空気が…。

この和室では、Sさんの着替え、子どもたちの勉強、猫ちゃんの遊び場…
と、「すること」がたくさんあるようです。
当然、モノがたくさん集まり、出しっぱなしにもなりやすい状態。
このお部屋だけは、5段階でいうと、レベル4といった感じでしょうか。
問題がすこし根深いので、しっかり仕切り直す必要がありそうです。

■寛大なSさんの、唯一のリクエストとは?

と、ここまでお話してきて、終始笑顔のSさん。
扉の中の写真を撮るのも、今後、モノの配置を替えるのも、
何でもOKして下さったのですが、
唯一これだけはNGというリクエストがありました。それは

「モノは、何も捨てないで欲しいです」。

どれも愛着のあるものだし、これからも大事にしてきたい、とのこと。
…なるほど。お気持はわかります。
片づけの際、要らないモノの見直しは勧めますが、
基本的に「捨てずに、片づける」プランでいくことにします!

■解決は?完成イメージのスケッチがこちら

@「捨てずに片づける」ということで、使えていないスペースをフル活用し、出しっぱなしのモノをしまいきる。
Aリビングは、パソコンデスクを替えて、見た目と収納力をアップ。
Bキッチンはすこし手を入れて片づいた印象にする。
C和室は、使用中のラックを2階に移し、新しい家具で再出発。

頭に浮かんだプランを、イメージスケッチで描いてみました。

インテリアの仕事は、現実的な問題解決に止まらず、
その家で暮らすことが嬉しくなるような「夢」を提供しなくちゃいけない、
とわたしは考えています。
Sさん宅も、片づいて「便利になった」以上に、
「この家がもっと好きになった」「家族の時間が増えた」等々、
ご家族や奥様の生活に、新しい笑顔が広がるような、
解決にしていきたいと思います。


いよいよ次回から、リビング お片づけ編。
具体的な解決策とアフターの様子をご紹介します。
「捨てずに片付けるって、実際どうやるの?」「その家具を選んだ理由は?」などなど。
皆さんにお役に立つ解説や情報も盛り込みながら、レポートしていきますので、どうぞお楽しみに!

■デイズ編集部Aより、ひとこと。

Sさんとお話ししながら、お部屋の解決策を考える川上さん。
冷蔵庫や壁、押入れなど細かく丁寧に色んなところを採寸されていました!
わたしはその様子を見ながら写真をぱしゃぱしゃ。
どんな風にお部屋と生活が変わるのか、わたしも今からとても楽しみです!

PROFILE

川上ユキインテリアコーディネーター / プロダクトデザイナー

川上ユキ

Photo © Masaharu Hatta

インテリアコーディネーター / プロダクトデザイナー

住宅関連企業で家具や住宅などの商品開発、デザインコンサルタントを行う。またインテリア・収納の講師として、女性誌を中心に新聞の連載やテレビなどでも活躍。デザイナーとしての実践的な生活提案に定評がある。
主な著書に『独り暮らしをつくる100』(文化出版局)、『カエテミル』シリーズ(大和書房)、『収め納める』(世界文化社)他。著書はわかりやすい内容とセンスのよい提案から海外翻訳本も多数に及ぶ。

  • 川上ユキさん著書「考えない片づけ」好評発売中!詳細、その他川上さん情報はこちら