DAYSの商品使ってみました

モニターさんやスタッフによる商品モニターレポートをお届け。「設置簡単壁掛けボックス」

DAYSの商品つかってみました!「モニターさんやスタッフによる商品モニターレポートをお届け。」

ガイド用紙を使って、取り付け位置がカンタンに決められました!(かえるさん)

取り付け手順がガイド用紙に書いてあるので、
その都度取扱説明書を確認しなくてもよく、スムーズでした。
また、壁掛けパーツの取り付け位置も印刷されているので、
迷いなくパーツを取り付けられました。

「固定具取り付けガイド用紙」を水平に貼る、これが一番気を使った作業です。
ガイド用紙は三枚の紙を張り合わせて作るので、貼り合わせの位置が少しずれていると用紙が波打ってしまったりしました。
そこをしっかりしておけば、あとはガイド用紙にそって取り付けできるので、手際よく作業できました。

ピンは画びょうと同じくらいの太さなので、目立ちにくい!

壁に開く穴は画びょうの穴程度でした。
1つの壁掛けパーツ(固定具)に10本のピンを打つけれど、一つ一つの穴が小さいので、ボックスを外した跡も簡単に補修できると思います。
賃貸の我が家でも大丈夫!

壁へのピン打ちは、壁掛けパーツの穴に沿ってピンをコインで押し込むだけなので、コツが要りませんでした。
パーツの穴が深く、ピンを誘導してくれるので、ピンが曲がって刺さる等も全く無かったです。
また、パーツはあらかじめ仮留めしておけるので、落ち着いてピンを射すことができました。
私の場合は、コインを横向きに使って押すとピンへ力が加わりにくく、縦向きで押す方が楽に刺せました。

ボックス側のパーツは、あらかじめボックス本体に取り付けられていますし、壁側パーツの取り付けが終われば、あとはボックスを引っ掛けるだけ、あっという間でした。

軽いから、高い所に設置する時でも、女性一人で設置できました!

幅90cmタイプでも、私が片手で軽々持ちあげられる軽さです。
驚くほど軽いけれど、見た目の印象はしっかりしていますし、勿論材質もしっかりしています。

私はわりと高めの位置(高さ155cm)に設置したのですが、ボックスが本当に軽いので、持ち上げて壁掛けパーツに掛ける一連の作業も苦になりませんでした。

本体を壁掛けパーツに掛ける作業は、初め、手の感覚だけで引っ掛けようとしたら、なかなか上手くできず。
壁側のパーツのでっぱりと、本体側のパーツのへこみが噛み合ったのを、きちんと目で見て確認すれば簡単でした。

ロック固定は、横にスルっと滑らせただけで終わりました。


奥行が浅いので、物の出し入れがしやすいです。

文房具やハンドクリーム、小型のタブレットなど、
LD(リビングダイニング)で頻繁に使う物・頻繁に使うからしまい込みたくない物を入れました。

奥行きが浅いので、物の出し入れがしやすいのがよかったです!
物が奥の方へ行ってしまう事がないので、急いでいてもサッと取れ、サッと戻せます。

また、奥行きが浅いので動線の邪魔になりません。
私は、隣の部屋へつながる曲がり角の壁に設置しましたが、
傍を通ってもぶつかることはありませんでした。

もう少し高さがあれば、DMやルームスプレーが入れられるなぁ、と思いました。
当初は“状差し”として使うつもりは無かったのですが、気付いたらどんどんハガキやDMを入れていて(笑)
A3三つ折りのDMが立てて入れられると、更に便利だなぁと思います。

また、ボックスは桐製なので、木目もプリントではなく本当の木の木目で、自然な風合いがあります。
手持ちの木製家具や家の建具(ドアや床)などのインテリアとも、よくマッチしています。
板の厚みも薄く、圧迫感がなくスタイリッシュな印象です。
私はナチュラル色を選んだのですが、日用品をポンと入れても様になってます(笑)

url