スタッフコラム

「ベルメゾンデイズ」スタッフによるコラムページ

スタッフコラム

日本のくらしを考えた家具。

リビング、ダイニング、キッチン、サニタリー。

それぞれの家族が色んな場所で使うことを考えた家具。
収納力や使う人のことを考えた工夫。

サイズも色も、
長く使えるから、ゆっくり愛着がわいて、くらしになじんでいく。
それが、DAYSの「日本のくらしに合う3色<3colorsシリーズ>」の家具です。

くらしに合う3色。

家具を置いた時に、空間が美しく整うポイントは
床や壁の色に合わせること。

3colorsシリーズは、
日本の住まいでよく使われている壁色・床色を基本に
家具のカラー展開を考えました。

そのカラーとは、
ホワイトはヒッコリー材、
ナチュラルはオーク材、
ダークブラウンはウォルナット材を表現したもの。

そして、表面の素材は凹凸のある木目調が美しく
長く使えるものを選んでいます。


床や壁と色が調和しているので、
空間が美しく整って見えるということなのです。

日本のくらしに合う豊富なサイズ。

日本のすまいの特徴は
限られたスペースをいかにうまく使うか。

それを考えた時、
色んなくらしに合うように
日本の一般的な住まいにぴったり置けるよう、
高さや幅、奥行きを考えたサイズにしました。

例えば奥行。
圧迫感なくすっきり置ける奥行30cm

大きなモノもしっかり収まる奥行40cm。

こうして、限られたスペースでもたっぷり収納できるよう、
サイズ感にもこだわりがつまっています。

細部まで丁寧に作った日本製。

実際に工場に行くと、
3colorsシリーズは熟練の職人さんたちが、
細部まで丁寧に丁寧にチェックしながら
色んな工程を担当されていました。

たとえば、組み立て。

天板に不備はないか、キレイに立てつけができるか。
ほんとうにひとつずつの家具を
何人もの職人さんが丁寧に丁寧に組み立てています。

たとえば、天板。

正面から見ても角を見ても、美しく見えるように、
面材の張り合わせ方や貼り付け方にも工夫がされています。
※一部海外製の商品が含まれます。

こうやって、色・サイズ・デザイン・製造まで
細部までこだわった3colorsシリーズ。
くらしの質を上げてくれるキッカケになるかもしれません。


⇒3colorsシリーズを見る

ページTOPへ▲

ベルメゾンデイズ ブランドサイトへ