かゆくなりにくい ヒートインナー

安心の綿混素材で、授乳用、子ども用、男性用まで、家族で着れるあったかインナー!

  • 女性下着・インナー・パジャマ
  • かゆくなりにくい ヒートインナー
  • あなたの肌のかゆみヒートインナーが原因かも!?

    いまや冬の必需品の「ヒートインナー」。寒い季節には欠かせない方も多いはず。
    でも、そのあったか下着が“冬の肌トラブル”を招いているかも! ということはご存じですか?
    冬の肌に関するアンケート結果や、皮膚科の先生のお話と合わせて「ヒートインナーと肌の関係」をご紹介します。

    ダイジェスト版も公開中♪
    アンケート結果&皮膚科医コメントを動画でCHECK↓

    「冬はカユイ」が約7割!

    冬の肌トラブルで多いのが「乾燥」に次いで「かゆみ」。
    ヒートインナーの機能は年々向上しているものの、多くの方が悩みや不満を抱いているようです。

    ※2016年9月ベルメゾン実施の<ヒートインナーに関する調査>より

    みんなの“冬の肌トラブル”

    冬の肌トラブルでよく起こることは?

    冬の乾燥はよく聞く悩みですが、2位の「かゆくなる(66.3%)」とは……?
    そこで、別の方向から質問するとこんな結果が!

    事実!3人に1人がヒートインナーに悩んでいた!

    ヒートインナーを着ている際に、肌にかゆみなどを感じたことがありますか?

    実はみんな悩んでる!?
    約4割の女性が、ヒートインナーによるかゆみの経験者であることが発覚!

    <ヒートインナーに関する調査 調査概要>より抜粋
    ※株式会社千趣会主体で株式会社マクロミルにて調査したデータに基づく
    調査期間:2016年9月28日(水)〜9月30日(金)  
    調査方法:インターネット調査
    調査対象者:全国の20〜50代の男女(各208名)

    ナゼ、衣類でかゆくなる!?

    かゆみの原因は“服との摩擦”

    敏感肌のかゆみ・チクチクは、衣類と肌の摩擦に関係アリ。
    皮膚にかかる摩擦の力(衣服圧)の調査結果によると、負担がいちばん大きな背中には、なんと「手の平に10kg分のお米を乗せたぐらい」の圧力がかかっていると判明!

    驚愕……10kgもの圧力が肌を刺激

    (はたして片手で持てるのか、あやしい重さです……)

    衣類による摩擦は、肌表面が乾燥している時に起こりやすく、また静電気による刺激がそのパワーをさらに強めてしまいます。
    肌表面の皮脂が減ったり乾燥したりすると、角質がはがれやすくなり、その隙間から水分がどんどん蒸発。乾燥が進むと外部からの刺激も受けやすくなってしまい、悪循環に……。

    また、繊維の織り方や糸の毛羽立ちなどが肌を傷めることもあります。

    あったかくても油断大敵!

    さらに、温度の高い建物などの中では、冬でも汗をかきがち。汗をそのままにしておくと、重ね着している肌の近くは「蒸れた」状態に。皮膚の常在菌が必要以上に増えてしまうと、肌が炎症を起こしたり、汗自体がかゆみの原因になったりすることも。

    じゃあ、
    冬のかゆみを防ぐには?

    正解は、刺激が少ない下着選び

    ・肌と衣類の摩擦は、かゆみを引き起こす原因になる
    ・繊維の織り方や糸の毛羽立ちなどが肌を傷めることも

    ……となると、肌への刺激を軽減するためには、インナーの素材選びが大切であることがわかります。

    ※参考<ヘルスケア大学HP>より

    肌の専門家もすすめる「天然素材のインナー」

    アオハルクリニック 柳衣吏子先生(皮膚科医)

    肌にトラブルのある人は、保湿などの肌ケアを心がける以外に、ぜひインナー選びも見直してみてください。
    毛羽立ちや静電気による刺激が続くと、ストレスが高まった肌は、刺激に対して敏感になってしまいます。また、酸化した皮脂や汗もかゆみなどの原因に。汗をかきにくい季節でも、肌に直接触れるインナーはこまめに洗うようにしましょう。

    インナーは【通気性が良いもの・静電気が起きにくいもの・毛羽立ちがないもの・清潔なもの】を身に着けることがおすすめ。
    経験値として、私も患者さんもやはり「天然素材のインナーは良い」と感じています。

    院長:小柳衣吏子先生プロフィール
    【専門分野:皮膚科、美容皮膚科】
    ウェルエイジングをめざす皆様のため、日々探求している皮膚の専門家。平成10年順天堂大学医学部卒業後、平成23年、AOHAL CLINIC院長に就任し、現在に至る。

    ・順天堂大学医学部 皮膚科助教(非常勤)
    ・日本皮膚科学会認定皮膚科専門医
    ・日本美容皮膚科学会会員
    ・日本抗加齢医学会専門医

    天然素材の代表格!肌にGOODなコットン(綿)素材

    @ 肌触りがよい

    繊維の表面がらせん状になっているため、もともと柔らかい性質です。
    先端が丸いからチクチクすることもありません

    A 水分を吸って発散

    湿気を吸い取って外へ逃がしてくれるので、汗ばんでもムレにくい
    また、繊維の内側に空気を含んでいるため、軽くて保温性が高いのも特長。天然のエアコンのように、冬は暖かさをキープしてくれます。

    B 静電気が起きにくい

    コットンと人間の皮膚は、お互いの性質から、接触してもほとんど帯電しません。だから、不快な静電気が起きにくいのです。

    ※参考資料提供:一般財団法人日本綿業振興会

    肌ゴキゲン♪
    綿95%「ホットコット」

    累計547万枚販売!※ベルメゾンの”天然素材”綿混発熱インナー「ホットコット」

    綿混あったかインナーホットコット」は、コットン自体に吸湿発熱機能を持たせた、ベルメゾン独自開発の糸を使ったヒートインナー。

    ホットコット5つのうれしいポイント

    @肌にやさしい
    Aあったかさもおまかせ!
    B使える♪デザイン&カラーバリエ
    Cみんなでお揃い♥豊富な品揃え
    Dまとめ買い割!2点以上でMAX10%OFF

    @ 肌にやさしい

    独自開発した発熱機能を持つ綿(ホットコット糸)に、オーガニックコットンをブレンド。さらに、ポリウレタンをほんの少しだけプラスすることで、伸びやか&素肌にフィットする快適性を実現しました。また、着心地を考えて洗濯ネームをなくし、転写プリントにする工夫も。
    あったかい上に、ソフトな肌あたり・水分を吸い発散・静電気が起こりにくいという綿の特性を活かした、かゆくなりにくいヒートインナーです。

    A あったかさもおまかせ!

    今年のホットコットは、オリジナル「吸湿発熱綿」を使用することで、従来品と比べて綿混紡率を引き上げることに成功。
    結果、従来品より0.8°Cもあたたかくなっています。
    着用モニター調査では、98.1%の方があたたかさの違いを実感しました!

    ※参考資料提供:一般財団法人日本綿業振興会
    ※ベルメゾン会員試着モニターアンケート(実施期間:2016年4月13日〜4月28日)

    【試験方法】
    提出された試料(20cm×20cmに採取)を乾燥機に置いて4時間処理し、シリカゲル入りのデシケータ内で一晩放置する。処理後の試料を二つ折りし、その中心に熱電対温度センサーを取り付け、さらに二つ折りにし、試験体とする。
    恒温恒湿器を用いて試験体を20℃、40%RHの環境下で2時間処理した後、恒温恒湿器の設定を20℃、90%RHに変化させたときの温度変化を1分毎に15分間測定する。

    B 使える♪デザイン&カラーバリエ

    その日の気温やコーデに合わせられるよう、デザイン・種類がとっても豊富!最大10色展開です♪
    心地よいフィット感で着ぶくれナシ、華奢見せしながらしっかりあったか♥

    ※画像は一例です。対象サイズによりラインナップが異なります。

    C みんなでお揃い♥豊富な品揃え

    みなさんに使ってほしいから、レディース・キッズ・メンズ・授乳ママなど、幅広いラインナップをご用意。
    家族でおそろいOKパジャマもぜひチェックしてくださいね!

    レディースあったかインナーホットコット
    キッズあったかインナーホットコット
    メンズあったかインナーホットコット
    授乳ママあったかインナーホットコット

    この冬は肌ラブ♥なホットコット
    詳しい説明&商品一覧はこちらから▼

    ベルメゾンのあったか綿インナーHotcott

    <アンケート結果&皮膚科医
    コメントを動画で公開中!>

    ※クリックすると音楽・音声が再生されます。