旅行ファッション

オトナな女性の旅行ファッションの選び方・アイテムを紹介

オトナ旅の “装い“ お作法 ファッションを少し工夫すれば、旅はもっと快適に、そしてもっと素敵に。心地よさもデザインも、何より大人らしい“きちんと感”も大切にした、旅の装いプランをご提案します。

お作法 1. 思い出にはキレイに映ろう。

写真映えするトップスをチョイス。

旅の記念に欠かせない写真は、よりキレイに映りたいですよね。
そこで、旅の装いに明るい色の抜け感トップスを選びましょう。光を反射して肌が明るく華やかに映り、デコルテを覗かせることでほっそり効果も。
大人女性には、ずばりピンクベージュやオフホワイトなどの優しめカラーがおすすめです。

抜け感のもうひと押し!髪はアップスタイルが断然オススメ♪

  • “写真映え抜け感スキッパートップス”をもっと見る
  • “写真映えデコルテ魅せVネックトップス”をもっと見る

お作法 2. 「動きやすい」で満足しない。

座りジワとは無縁のボトムで行く。

移動が多い旅路だって、ずっとキレイでいるのが大人女性の嗜み。
立ったり座ったりの動作が意外と多い旅行で、着慣れたボトムを“とりあえず”で履いて、気付けばシワが寄っている…なんてことは避けたいところ。
生地感やシルエットがくずれにくいものを選べば、視線を気にせずに済みますよ♪

鞄につめる時はくるくる巻いて、夜は浴室など湿気のある場所に吊すと服のしわの軽減に。

しわが目立たないから、頑張らなくてもキレイが続く。
  • “座りジワとは無縁のボトム”をもっと見る

お作法 3. 気温の変化にはスマートに対応。

コンパクトなはおりものがマスト。

季節の境い目は昼夜の気温変化が激しかったり、秋口になると急に肌寒くなったり。そんな時、オトナ女子にはサッとはおれる上着がマストです。せっかくの旅行、体調を気にする時間がもったいない!
コンパクトなデザインを選べば、バッグに入れたり肩に掛けたりしてもジャマになりません。

腰巻きや肩掛けする時、結び目を少〜し斜めにするとこなれた印象に

  • “コンパクトなはおりもの”をもっと見る

お作法 4. ストレスフリーに動く・休む。

着心地グッドなブラで一日中快適に。

旅先では、ストレスなく動けること=着心地を最優先に考えたい。
締めつけないノンワイヤーやリラックスタイム用など、シーンに合わせて心地よく過ごせるブラジャーがあれば、旅はもっと快適になります。

日数の多い旅行では、下着・インナーなどを手洗いすれば、荷物がコンパクトに

  • “快適&おしゃれな下着”をもっと見る

お作法 5. ボロボロのスニーカーは卒業しよう。

サクサク歩ける旬シューズを相棒に。

「おしゃれは足元から」という言葉もあるように、意外と見られている靴。
旅行のお供には、脚に負担がかかりにくく、かつオシャレなトレンド感のある快適シューズを選ぶのが正解です。
歩きやすさだけを重視して古びたスニーカーを履いて行くより、きっとココロに余裕をもって旅先の街を歩けるはず♪

足のむくみとりや疲労回復に効果があると言われている“湧泉” というツボを刺激して疲れスッキリ!

  • “サクサク歩ける旬シューズ”をもっと見る
  • “旅の足元おしゃれストッキング”を見る
  • “旅の足元快適グッズ”を見る

お作法 6. 両手は絶対に空けておく。

きれいめリュックがイチオシ。

お買い物や食べ歩きなど、旅行では両手がフリーな方が楽しさを満喫できます。
左右の肩にかかる重さが偏らず、歩きやすくて疲れにくいという点でもリュックがおすすめ。
カジュアルな中にも大人っぽさのあるリュックを選ぶのがポイントです。

A4サイズが入る大きさなら旅先で回った美術館のカタログなども入れられて重宝します。

  • “きれいめリュック”をもっと見る
旅行バッグを他にもチェック
  • “ななめがけバッグ”を見る
  • “お財布ショルダー”を見る
  • “ボストンバッグ”を見る
  • “キャリー・スーツケース”を見る

その他のトラベルグッズはこちら

  • 旅の便利アイテム
  • UV対策アイテム
  • レインアイテム

その他のおすすめ特集

  • トップス
  • 通勤服特集
  • コーデ
  • ランキング特集
  • パンツ&スカート特集
  • チュニック&ワンピ特集

アイテムリスト

おすすめジャンルショップ

  • レディースファッション
  • 女性下着・インナー
  • 靴・バッグ・アクセサリー
  • メンズファッション
  • スポーツ