お中元

お中元・お歳暮に関する常識、お返しのマナーや困った時のお役立ち情報やおすすめ人気商品をご紹介!

贈り物するその前に、基本のギフトマナー講座

お中元・お歳暮 お中元・お歳暮の常識・お返しのマナーや困った時のお役立ち情報

お中元・お歳暮の基礎知識

表書きは贈る時期によって変わる(お中元)
時期によって御中元、暑中御見舞い、残暑御見舞いを使い分けて。
かけ紙はのしの付いた赤白の蝶結びで、基本的に表書きは「御中元」とします。ただし、贈るタイミングによって変わってくるので要注意。7月15日頃までなら「御中元」、8月初旬の立秋までなら「暑中御伺」、それ以降は「残暑御伺」として贈ります。ただし、関西は8月15日までは「御中元」、それ以降は「残暑御伺」になります。
表書きは贈る時期によって変わる(お歳暮)
松の内まではお年賀、それ以降は寒中お見舞い。
「お年賀」は、新年の挨拶として実家や上司宅、親戚に贈られるもの。松の内(1月7日)までに届くなら「お年賀」、立春(2月4日頃)までに届くなら同輩や目下の方には「寒中御見舞」と表書きします。目上の方には「寒中御伺」などと書くと、相手への敬意も伝わりやすいでしょう。それ以上に時期がズレるときや、お返しの場合は「お礼」や「感謝」「松の葉」として贈ってもOK。
断るとき/断られたとき(共通)
断るときはお礼状とともに同金額のものを贈り、
断られたときはお詫びの手紙を。
疎遠になってしまったり、お互いに負担になった場合は、そのまま送り返しては角が立つので、今回だけは頂戴し、お礼状とともに同程度の金額のものを贈ります。お礼状には「今後はお気遣いのないよう、お願い申し上げます」と一筆添えて。立場上受け取ることができないときには、開けずに手紙に「せっかくのお気持ち申し訳ありませんが、立場上受け取ることができない」という旨を書いてお返しします。また、贈って辞退された場合は、先方も心苦しく思っているはずなので「心なくお送りして申し訳ございませんでした」とお詫びの手紙を出しましょう。

お中元・お歳暮のマナー

相場と人気&定番商品(お中元)
もらう側に人気が高いのは商品券。
相手の好みに合わせて贈りましょう。
好きな時に使えて場所をとらない商品券は誰にでも喜ばれます。また、相手の好みに合わせた酒類や夏を感じさせるそうめんや水ようかんなども人気。相手の好みが分からない場合は、消耗品として誰にでも喜ばれる調味料、茶葉、洗剤などの日用品がおすすめです。金額の目安としては、親戚や知人には3〜4千円、仲人やお世話になっている上司には5千円前後、特別にお世話になった方には5千〜1万円が相場です。
相場と人気&定番商品(お歳暮)
相手の家族構成や好みを知っているかがポイント。
お歳暮1件にかける相場は、3〜5千円くらい。あまり大層なものを贈ってしまうと、相手に余計な気遣いをさせることになってしまいます。人気があるのは、ギフト券やスイーツ・高級食材など。最近ではギフトカタログも登場し、受け取る側にも選ぶ楽しみが出てきました。相手の好みに合わせるのはもちろん、中身の数が「4」や「9」などの縁起の悪い数字にならないようにも気を配りたいものです。
いつ頃どうやって贈ればいいの?(お中元)
関東と関西で贈る時期に若干の違いが。直接訪問できない場合は配送を。
関東は7月1日から7月15日、関西は7月中旬から8月15日の間に到着するように贈ります。渡し方としては直接お宅を訪問し、手渡すのが正式ですが、デパートなどから配送してもらってもかまいません。その際は手紙で挨拶状を送るか、カードを同封すると良いでしょう。
いつ頃どうやって贈ればいいの?(お歳暮)
贈答シーズンは12月。宅送の場合は送り状も出すようにしましょう。
お歳暮のシーズンは12月の初旬から20日。本来は持参するものでしたが、最近は宅配が主流ですね。運送業者に発送を依頼しているときは、あらかじめ送り状を出すか添えるなどして、いつ、何をどこから送ったか相手に知らせておきましょう。また、生鮮食品などの傷みやすいものは、届く時期に相手が在宅かどうかを電話でさりげなく確認することをおすすめします。

お中元・お歳暮のお返しのマナー

お返しの相場と人気&定番商品(お中元)
基本的にお返しは不要ですが、お礼状は忘れずに。
特にお返しの必要はありません。ただし品物が届きしだい先方に連絡を入れてお礼を述べ、後日お礼状を出しましょう。また、贈っていない相手からお中元が届き、お返しをしたいと思う場合は「御中元」と表書きのうえ、半額程度の贈り物をしてはいかがでしょうか。無難なところでハムや缶詰、コーヒーや食用油などの日持ちするものがおすすめです。
お返しの相場と人気&定番商品(お歳暮)
基本はお礼状のみ。でもお返しをするなら半額程度で。
お歳暮を贈っていない相手からお歳暮が届いた場合、特にお返しはしなくてもお礼状だけで大丈夫です。どうしてもお返しがしたい、というときには時期を置いてからもらったものの半額程度の品物を贈りましょう。季節の果物やスイーツ、お茶漬け、洋菓子など、気楽なものだと相手も喜んで受け取ることができます。

その他よくある質問

贈る時期を逃してしまったとき(お中元)
贈る時期により、表書きを変えて贈りましょう。
贈るのが遅れてしまった場合は表書きを変えれば問題ありません。7月16日から立秋までは「暑中御見舞」「暑中御伺」として、以降8月末まで(関西は8月15日までは「御中元」)は「残暑御見舞」「残暑御伺」として贈ります。先方も喜んで受け取ってくれるはず。
贈る時期を逃してしまったとき(お歳暮)
年を越す場合、お年賀として松のうちに。
忙しくて年内にお歳暮を贈ることができなかったときは、「お年賀」として、年が明けてから松の内(1月7日)を迎えるまでに贈りましょう。それ以降になりそうなら「寒中見舞」として。ギリギリになってお歳暮を贈るよりも、「お年賀」にしたほうが相手にあわただしさが伝わらなくてよいでしょう。日頃の感謝を伝える送り状を添えることもお忘れなく。ただ年内に届くのなら問題ありません。もともとお歳暮は、お正月に使ってもらう食品を贈っていたので、12月の末に届けばOKです。ただし、生ものなどは、あらかじめ予告してあげると買わなくて済むので親切です。
贈りたい相手が喪中のとき(共通)
相手が喪中のときは、忌明け後に贈ります。
お世話になった方へのご挨拶。贈り主、贈り先が喪中の場合でも例年どおり贈ってかまいません。気になるようなら、忌明け前(49日前)ならば時期をずらして、忌明け後に贈ります。忌明け後まで待つと時期がずれたり、忘れてしまう場合は、贈っておいた方が無難です。
届いた品物が破損していたとき(共通)
贈り主ではなく、
発送元の店やデパートに連絡して。
万が一、届いた品物が破損していた場合は、発送元の店やデパートのお客様相談室、事故係などに連絡をしましょう。連絡を受けた相談口などがメーカーや配送会社に手配して最善の方法をとってくれるはずです。このような事故が起こったとしても、いらぬ心配をかけないよう贈り主には連絡しないのがエチケット。もしも内容物が違っていたり、送り状が来ているのに品物が届かなかったりする場合は、贈り主に連絡して協力を仰いでみましょう。
お返し・お礼状の書き方について(共通)
お礼状には、品物の感想を
具体的に書くと感謝の気持ちがいっそう伝わります。
お礼状は、自分らしい文章で感謝の気持ちを伝えるのが一番です。食べ物であれば、どうおいしかったかなど、具体的に書くとより気持ちが伝わるもの。あなたらしいアレンジで素敵なお礼状を作ってみるのも素敵です。お返しを贈る場合は、品物のお礼とともに「これからも末永いお付き合いをお願いします」という気持ちを込めて。

ギフトアイテム一覧

ギフトのご購入は、ベルメゾンで!心を伝える贈り物が満載です♪

ファブリック
エプロン
スリッパ
バスマット
タオル
毛布
タオルケット
ベビー用品
ベビー服
ベビーシューズ・ファッション小物
抱っこ紐・スリング・おくるみ
おもちゃ・知育玩具
スタイ・ミトン
子供用食事関連グッズ
メモリアルグッズ・おもちゃ・節句用品
キッズ用品
子供服 トップス・ワンピース
子供 パジャマ
子供靴
通園バッグ・レッスンバッグ・巾着袋
おもちゃ・知育玩具
食品
コーヒー・お茶・飲料
バター・ジャム・シロップ
麺類
お惣菜・デリ
その他食品
キッチンウェア
鍋・フライパン・調理器具
食器・カトラリー
調理家電
インテリア・雑貨
掛け時計・置き時計
インテリアシール・壁のインテリア
照明器具・ペンダントライト
アロマグッズ・香炉
フェイクグリーン・フェイクフラワー
インテリア雑貨・小物
アクセサリー収納・コレクションケース
フォトフレーム・フォトスタンド
テレビ・AV機器
フェイクグリーン・フェイクフラワー
アウター
チュニック・ワンピース
ニット
カーディガン・ボレロ・ベスト
シャツ・ブラウス
カットソー・Tシャツ
パーカ・トレーナー
部屋着・ルームウェア
メンズ アウター
ファッショングッズ
腕時計
バッグ(鞄)
メンズ バッグ
財布・カードケース・キーホルダー
ネックレス・ペンダント・チョーカー
ファッション雑貨
メンズ ファッション小物
コスメ・美容
ベースメイク・メイクアップ
ボディケア化粧品
美容家電・美容グッズ
ヘアケア化粧品
香水・フレグランス
健康家電・健康用品
カタログギフト
カタログギフト

定番特集

ギフトのご購入はベルメゾンのギフト専門サイトへ

  • 結婚祝い
  • 出産祝い
  • 各種内祝い
  • バースデーギフト特集
  • 引越しのご挨拶ギフト