通販のベルメゾンネットTOP >  カーテン特集 >  カーテンの正しいお手入れ方法

ベルメゾンのカーテン

種類・サイズ展開も豊富!お家にピッタリなカーテンを見つけよう。

デザイン・サイズが豊富なベルメゾンのカーテン

カーテンの正しいお手入れ方法について

正しいお手入れ方法でカーテンが長持ちします。

カーテンの正しいお手入れ方法をマスターすることで、お気に入りのものを永く使い続けることができます。そのため、まずはカーテンの素材やデザインに従ってじっくりとお手入れ方法を検討することが重要です。
カーテンのコンディションを保つためにも、ぜひチェックするようにしておきましょう。
織りジワが気になる場合は、カーテンフックにカーテンを掛けた状態で、霧吹きで軽く表面を湿らせた後、ドライヤーの熱で乾かすとシワが取れやすくなります。
またポリエステル性はもちろん、シルクやレースのカーテンでも、洗濯洗いや手洗いができるものもたくさんあります。お手入れの手間やコストを減らすためにも、そういった情報をあらかじめチェックしておくのがおすすめです。また、ベルメゾンネットには、気軽にお手入れできるカーテンが多く掲載されているので、それらの中から選ぶのもひとつの方法です。

カーテンのお手入れの方法

カーテンのお手入れについては何よりも素材に従うことが大切。ポリエステル製が一般的ですが、素材によって洗濯方法が大きく異なります。また、誤ったお手入れを行うことによってカーテンの寿命を縮めてしまう場合があるため、インターネット上の情報を積極的に参考にしましょう。
一般的なお手入れは、表面に付着した埃を払う程度で十分です。また、洗濯洗い・手洗いができるカーテンであれば、汚れが気になった際に、それぞれに適した洗い方でケアするようにしましょう。洗濯洗い・手洗いが可能であるかは、購入前に確認しておくのがおすすめです。

洗濯機で上手にできる、カーテン洗濯方法

クリーニング店に頼むと意外と費用がかかってしまうカーテンの洗濯ですが、少しの工夫と手間で自宅でも簡単に洗うことができます。まず最初にカーテン裏についている洗濯ラベルを確認します。「洗濯洗い可能」の表示があれば自宅で洗えます。
洗濯機に入れる前には、カーテンのフックをすべて外し、埃を払うか掃除機で吸い取りましょう。次にカーテンをプリーツにそって畳みます。カーテンが入るサイズの大型衣類ネットに畳んだ状態で入れます。一度に洗濯機に入れるカーテンは、1〜2枚が目安。洗濯方法は、洗濯機の設定を「弱水洗い(デリケート物洗い、手洗いコースなど、ご自宅の洗濯機の説明書をご確認ください)」にして、水量は一番多いコースにします。洗剤は、衣類用の中性洗剤がカーテン洗いに最も適しています。脱水はできるだけ短時間にして、乾燥機は使用しないでください。
洗濯機での洗濯が終わったら、元のカーテンレールに戻して、そこで吊るした状態で自然乾燥させます。吊るしたら、軽く手で挟むようにしながら叩いてシワを伸ばし、形を整えましょう。吊るしている間は窓を開け、部屋の風通しを良くしておくと、短時間で乾きます。また手洗いの場合は、押し洗いをするようにして、表面や部材を傷つけないように注意しましょう。
カーテンの洗濯をする場合は、できれば晴れの日ではなく曇りの方が布地の縮みを防げると言われています。
屋外で干すことも可能ですが、その場合は陰干しがおすすめです。

カーテンのお手入れは、ブラッシングも効果的

カーテンの汚れの原因としては、空気中の埃や煙草のヤニ、キッチン近辺で使用されている場合はキッチンからの煙などが考えられます。カーテンに付いてしまった汚れをそのまま放置していると落ちにくくなってしまうので注意が必要です。
厚手の生地で作られている「ドレープカーテン」は、ブラッシングなどをすることによって汚れの定着を多少防止することができます。カーテンは洋服などのように頻繁に洗濯しづらいかもしれません。しかし、一年に一度は自宅で洗濯をするか、クリーニング店でメンテナンスをすることで長く愛用することができるのです。

ベルメゾンのカーテン

種類・サイズ展開も豊富!お家にピッタリなカーテンを見つけよう。

デザイン・サイズが豊富なベルメゾンのカーテン