大人の工場見学/日本のモノづくり

KIKIさんと行く大人の工場見学

日本の工場で丁寧に生み出された逸品は、手にするだけで作り手の想いが伝わってくるよう。
メイドインジャパンを誇りに思えるモノと出会い、
そして、その背景にあるストーリーまで知りたくてKIKIさんと一緒に工場見学に出かけました。

今回訪れた日本の工場

日本の工場で丁寧に生み出された逸品は、手にするだけで作り手の想いが伝わってくるよう。
メイドインジャパンを誇りに思えるモノと出会い、
そして、その背景にあるストーリーまで知りたくてKIKIさんと一緒に工場見学に出かけました。

PRODUCTS 01 鋳物ホーロー鍋工場

愛知県名古屋市
  • 妥協しらずの匠たちが生み出した素材本来の「うまみ」を最大限に引き出す鍋。 無水調理のできる鋳物鍋 オープンポットラウンド(バーミキュラ)

  • VERMICULAR工場を見学し秘密を探ってきました!

    再生停止

    ご紹介商品の購入はこちら

土方 邦裕社長 x KIKIさん 対談

「世界最高の製品」と認められる鍋をどうしても鋳物で作りたかったんです。

KIKIさんなぜ、バーミキュラで調理すると食材がおいしくなるんですか?

土方 邦裕社長素材をおいしくするキーポイントが2つあります。まず一つ目はお鍋の「密封性」なんです。実は料理中の湯気の中に素材のうまみや栄養素が溶けていて、湯気と一緒に逃げ出しているんです。バーミキュラは湯気が鍋の外に逃げないように、徹底した密封性を目指しました。湯気=水分が外に逃げないので、無水調理ができるほどなんです。

KIKIさん湯気にとけてしまっているんですね!どのように密封性を高めているんですか?

  • 対談の続きを見る
    ※続きはポップアップで開きます。

ご紹介商品の購入はこちら

  • 無水調理のできる鋳物鍋 オープンポットラウンド(バーミキュラ)

大人の工場見学 ページTOPへ

PRODUCTS 02 益子焼工場

栃木県益子町

関 教寿営業課長 x KIKIさん 対談

KIKIさん益子焼はぽってりとした質感が素敵ですよね。

関 教寿営業課長江戸時代の末期に、水瓶や火鉢など日用品として発展したので素朴さとあたたかみが特徴になっているんですよ。

KIKIさん見学させていただいて、手作業が多くて驚きました。

  • 対談の続きを見る
    ※続きはポップアップで開きます。

大人の工場見学 ページTOPへ

PRODUCTS 03 近江ちぢみ工場

滋賀県東近江市
  • 愛情あふれる手仕事で慈しまれてきた近江ちぢみ。

  • 近江ちぢみ工場を見学し秘密を探ってきました!

    再生停止

ご紹介商品の購入はこちら

伊谷 徳一社長 x KIKIさん 対談

機械では出せない、人の手によるしわ加工が近江ちぢみ独特の涼やかなシャリ感を生み出すのです。

KIKIさん現在でも、手もみで布地にシワを付けていることに驚きました!

伊谷 徳一社長手で揉むことでシワに深い味わいと表情が出て、繰り返し洗っても取れにくいシワになるんです。
使っている手もみ用の板は大工さんと工夫して作りました。使っていると少しずつちびってくるので、カンナでメンテナンスしながら使っています。もう30年も同じものを使い続けています。

KIKIさん水がとっても冷たそうですよね。冬はつらくないですか?

  • 対談の続きを見る
    ※続きはポップアップで開きます。

大人の工場見学 ページTOPへ

PRODUCTS 04 シューズ工場

大阪市生野区
  • 100%地元製造で叶えた究極の歩きやすさ。 リゲッタ

  • シューズ工場を見学秘密を探ってきました!

    再生停止

ご紹介商品の購入はこちら

高本 やすお社長 x KIKIさん 対談

専門性の高い職人による分業で生まれた「リゲッタ」の元祖は実は下駄!?

KIKIさん実際に履いて歩いてみて、すごく足に沿うなと感じました。

高本 やすお社長リゲッタは「下駄」から発想を得ています。実は「下駄」の形状は、体重移動がしやすく歩行をサポートする機能的な形をしているんです。でも下駄そのままでは履きにくい点もたくさんあるため、下駄の形状を活かしながら現代風にアレンジしました。

KIKIさんあ、だから「リゲッタ」なんですね!

  • 対談の続きを見る
    ※続きはポップアップで開きます。
  • リゲッタの他の商品をチェック

大人の工場見学 ページTOPへ

PRODUCTS 05 モケット織り工場

大阪府和泉市

大杉 浩一社長 x KIKIさん 対談

「日本に無い織物を!」と開発し続けたモケット織は1時間でたった5cmしか織れない織物なんですよ。

KIKIさんモケット織はフランスが発祥の地なんですよね?

大杉 浩一社長はい、モケット織はもともと日本にはない織機でした。
織機の導入を検討していた頃、国内では無地カーペットの生産が増えており、日本にまだ無い新しい敷き物が作れないかということで海外の展示会には常に足を運んでいて、こちらを見つけました。

KIKIさんモケット織はあまりなじみがないですがどんなものなんですか?

  • 対談の続きを見る
    ※続きはポップアップで開きます。
  • 「国産モケット織り」の他の商品をチェック