北欧やヨーロッパなどのスタッフブログ

北欧やヨーロッパなどユニセックスなテイストが溢れるお店などにスタッフたちが実際に自分の目で見たもの、感じたことを旅行記としてブログでご紹介。

FEELWELL STAFF BLOG

Vol.30 秋冬のベッドの問題

こんにちは。足立です。

真夏の暑さが落ち着いて、
朝晩は少し涼しくなってきましたね。

前回・前々回ブログで先輩お2人がお知らせさせていただいているとおり、
秋号、無事に発刊しました。
続々とご注文いただいております。
ありがとうございます!

私もせっかくなので
今号のご紹介をしたいと思います。


インテリアを扱う仕事をしておきながら、
インテリアに悩みが結構たくさんあります。

というのも、
こんなコーディネート素敵だなー」
「こんな部屋いいなー」とインテリア雑誌やネットでみながら空想しているのですが、
私とインテリアの間には壁が。

私の大雑把な性格では
きれいで整った部屋をキープすることが困難です。

いろいろある中で、
とても憧れているのにどうしても出来ないのが、

ベッドの足元にスプレッドやブランケットをかけてアクセントにし
あたま元にはさまざまなクッションで素敵にアレンジされているベッドルーム。

コーディネート感のあるベッドのスタイリングが
素敵だなーと憧れても、
実際に自分がこれをするとなると、

まずスプレッドやブランケットが寝ているうちにずれ落ちて
どこかにいきます。

クッションもあたま元が狭いのが嫌で
おそらく寝ている間に床に落とします。

毎朝ぐちゃぐちゃになったベッドを見るもの悲しく
毎朝自分がきれいに直すかと聞かれるとおそらく直しません。

今回、そんな悩みをぶつけた商品がこちらです↓

ピローも柄違いの2枚セットなので
そのまま置いても華やかに見えます。

いくら寝てもずれない、
1枚でもちょっとだけコーディネートしているっぽく
見えるデザインにしてみました。

同じようにもやもやされている方がいらっしゃいましたら、
おすすめですのでよろしければ是非ご検討いただけたらと思います。


それでは失礼いたします。

  • Writer: 足立 恵子(Keiko Adachi)
  • Writer: 足立 恵子(Keiko Adachi
    Profile: 入社後、マーケティング部の販促担当、ファブリックのバイヤーと転々と社内を異動し、2014年からLifestyle interior bookカタログのプランナーに。
    いろんなテイストのインテリアに惹かれやすいため、衝動買いを抑えるのが今の目標。

BACK NUMBER

ページTOPへ▲

FEELWELL トップへ →