北欧やヨーロッパなどのスタッフブログ

北欧やヨーロッパなどユニセックスなテイストが溢れるお店などにスタッフたちが実際に自分の目で見たもの、感じたことを旅行記としてブログでご紹介。

FEELWELL STAFF BLOG

Vol.34 秋号でこれ買いました。

こんにちは、足立です。



今の部屋に住んで5年ほど経ちました。

最近感じていたのが、


マンネリ感。


一人暮らしを始めてから12年たちまして、
3度引っ越し、4軒の部屋に住みました。

その4軒の部屋に住むうちに強く学んだことが、
むやみやたらに部屋の中に柄物を増やすと痛い目にあう、
ということでした。

憧れの一人暮らしを始めてすぐに
せっかくだから好きな柄物でお部屋を飾りたい願望がむくむくと膨らんだものの、
当時は統一感などまったくもって意識していませんでした。
ただただ、かわいいインテリアを買うことが楽しく、
さらにいろんなテイストのものをかわいいと感じていたため、
キャ○キッドソンっぽい小花のカバーリングを使いながら
アメリカンなクッションカバーを買うなど、
自分が先々で衝動買いした
テイストバラバラの柄物だらけの部屋を完成させました。

そのあたりの過去があるので、
4軒目の今は我慢に我慢を重ねての無地中心の部屋になっています。

ただ、先ほどの通り、マンネリ感。


今の部屋も5年、無地に少し飽きたときに
この秋号を見て、久々に柄物の衝動を買いしまして、こちらです↓

ベルギー製フリンジ付きモケット織ラグベルギー製フリンジ付きモケット織ラグ¥19,800〜¥35,000※2016年10月12日現在

会議で以前実物を見てまして、
いいなーっと思っていたのを思い出して衝動買いしてしまいました。

勢いよく注文したものの、買ってから届くまで、
「本当に自分の部屋に合うかな・・・」と不安に感じていましたが
届いてみると全く問題なしでした。

こちら、
結構柄が入っているんですが、全体的にトーンが暗いので、
自分の部屋に置いているブラウン系の家具としっくり合い
意外なほどに部屋になじみました。

おそらく、白っぽい家具やナチュラル家具とか
爽やかなお部屋にもあうんだろうなと思うので
あんなに怖がっていた柄物のくせに、
意外にオールマイティー。

フリンジもいいなーと思ったポイントでしたが
「フリンジの方向がバラバラになって汚く見えないか?」と不安に思っていましたが
あまり乱れも気にならず、こちらも大丈夫でした。

不安を感じながら購入した久々の大物柄物が
結構当たりで、うれしい最近の買い物でした。


シンプルなお部屋に飽きたら
ぜひ1点、新しい柄を投入されてみてはいかがでしょうか?



それでは失礼いたします。

  • Writer: 足立 恵子(Keiko Adachi)
  • Writer: 足立 恵子(Keiko Adachi
    Profile: 入社後、マーケティング部の販促担当、ファブリックのバイヤーと転々と社内を異動し、2014年からLifestyle interior bookカタログのプランナーに。
    いろんなテイストのインテリアに惹かれやすいため、衝動買いを抑えるのが今の目標。

BACK NUMBER

ページTOPへ▲

FEELWELL トップへ →