北欧やヨーロッパなどのスタッフブログ

北欧やヨーロッパなどユニセックスなテイストが溢れるお店などにスタッフたちが実際に自分の目で見たもの、感じたことを旅行記としてブログでご紹介。

FEELWELL STAFF BLOG

Vol.35 いわゆるフツーの男前系ってキライです

こんにちは。

最近よく、いわゆる「男前系」というテイストというかジャンルをよく見ます。数年前からトレンドになって、今では定番になりつつあります。

でも、ちょっと食傷気味というか、特にここ最近露出しているスタイルがパターン化しすぎていることもあり、僕はあまり好きではありません。

FEELWELLの最も濃い味担当の、for freedomというコレクションは、一応その男前というジャンルに区分けされてしまうのですが、もともとこのfreedomというコレクションは男前インテリアをやりたいがために始めたものではなく、濃い味ながらも個性的なミックススタイルを、「肩肘張らずに、自由にやろうよ。そっちのほうが今っぽいね。」という軽いノリで始めたものです。

それがいつしか好評を得て、こういった濃い味が世間でもちょうどいいタイミングで露出されてきたこともあり、今までになかった売れ筋商品も出てきました。

こうなると守りに入りたくなるのが、サラリーマン人情なのですが、そうなると鮮度も個性も無くなってつまらなくなって結局不評になります。

僕はそういうパターンを好みません。
ですので、今までやってないけど、個性をもっと強めた新商品を作りこみました。

ボア布団カバー↑画像をクリックすると商品詳細画面にリンクします。先染めチェック×ボアの掛け布団カバー¥4,490〜¥5,490(税込¥4,849〜¥5,929)※2016年10月17日現在
  • ボア布団カバーコーナー部にあえてカーキ生地を縫い付けてミリタリーっぽくイイカンジに

特に、ファブリックアイテムを中心に、今までやっていないちょっとミリタリーっぽい要素を入れてます。
まずこの布団カバーですね。
僕が昔持ってたヴィンテージ古着のバッファローチェックのヘビーネルシャツや、裏ボアが超あったかかった軍モノのアウターからインスパイアされて作りました。
僕は寝相が悪く、どんなに寒くても毛布を蹴っ飛ばして、朝にはガクブル凍えてます。
この布団カバーは裏がフワフワでボリューミーなシープボア、しかもお揃いのボックスシーツもオールボア。
このコンビネーション。どんなに極寒でも毛布いらずです。(たぶん)
さらに、コーナーの四隅には、ミリタリーアクセントとして、カーキの生地を上から縫い付けてます。
デザインアクセントに加えて、四隅の補強も兼ねてます。布団カバーって角がへにゃへにゃになるとブサイクなので。

そろそろ本格的に寒くなる今頃からちょうどよい素材感だと思います。
例年このタイプの商品は11月からグーンと受注があり、サイズによっては売切れたりすることも多いので気になる方はお早目にGETされればと思います。

そして、僕がかなり気に入ってるデザインが、このキッチンマットの虎です。
ルックスは強面なのに、この首や脚の角度が何とも言えずキュートなカンジを醸し出してます。
実際にリリース後からかなり好評をいただいており、在庫がすぐに尽きてしまい、速攻で追加をかけました。
この虎は、いわゆる古着のベトジャンやスカジャンでよく使われる虎の刺繍をイメージしてます。
相当気に入ってるので、来年他のアイテムでも画策中です。お楽しみに。

そしてもうひとつ濃いのが、このカモフラのマット。
大きなテーマであるミリタリー要素のアイテムですが、よ〜く見ると、迷彩の一部にゴールドの刺繍でスパイダーを入れてるのと、サイドにミリタリーでよく使うカラーであるオレンジのラインを入れてます。
単なるカモフラだと、世間によくあるので、freedomらしいアクセントを入れてるのが今回のこだわりです。
カモフラというデザインは、ひとつ間違うと一瞬でチープさが増します。
ですので、カモフラを構成する色の濃度や、コントラストも微妙に何度も調整してるのです。
さらに、打ち込んでる糸量もボリューミーで厚みもしっかりあり、凹凸をつけて立体的な質感を出してるのが特徴ですね。

ん〜〜、個人的にどれ買おうかなと悩み中・・・。


そんなこんなで、また次回。

ちなみに、このブログの人気コーナー「北欧日記」はコチラ

デンマーク編@>>
デンマーク編A>>
北欧ってどんなところ?>>
デンマーク編B>>
デンマーク編C>>
デンマーク編D>>
北欧と日本はなぜハマるのか>>
北欧デザイナー pattern bakeryについて前編>>
北欧デザイナー pattern bakeryについて中編>>
北欧デザイナー pattern bakeryについて後編>>
デンマーク編E>>
スウェーデン編@>>
スウェーデン編A>>
スウェーデン編B>>
北欧デザイナーコラボソファができるまでのプロセスお見せします>>



FEELWELL(フィールウェル)サイトトップの「コーディネートから選ぶ」 好評です。
ぜひご覧ください。★秋号のコーディネートも追加しました★

  ↓↓↓

FEELWELLコーディネート一覧が見れるブランドサイトはこちら>>

  • 鎌谷 賢太郎
  • Writer: 鎌谷 賢太郎(Kentaro Kamatani)
    Profile: FEELWELLブランドリーダー、2003年入社。入社して以来ずっとインテリア系、ライフスタイル系のバイヤー、企画、開発を担当。インテリアコーディネーターの資格保有。バイヤー時代の代表作の速乾ふんわりタオルは今でも売上NO.1シリーズ。
    現在は、FEELWELLブランドリーダーの他に、Lifestyle interior bookカタログ全体のリーダーと、sumutocoカタログ全体のリーダーも担当。
    秋刀魚と炊き込みご飯が、食べたい。

BACK NUMBER

ページTOPへ▲

FEELWELL トップへ →