北欧やヨーロッパなどのスタッフブログ

北欧やヨーロッパなどユニセックスなテイストが溢れるお店などにスタッフたちが実際に自分の目で見たもの、感じたことを旅行記としてブログでご紹介。

FEELWELL STAFF BLOG

VOL4.北欧から戻りました&続FEELWELLについて

少し前に北欧から帰ってきました。

ストックホルム旧市街のガムラスタンストックホルム旧市街のガムラスタン
  • スウェーデンの海今年も海は凍ってました
  • 北欧の街並み道に迷った夕暮れ時


雪よりも雨のほうが寒くて辛いかもです。
ちなみに、北欧の人(というか僕が訪問した国の人たち)は雨が多少降ってもほとんど傘をさしません。

「あっ、雨やん」と少しでも濡れるとおもむろにリュックから折りたたみ傘を出して雨から身を守るのは日本人の僕らくらい・・・。

周りの人は、全くそのままか、フードをかぶって終わりです。むしろフードかぶり率は日本の数倍だと思います。
北欧の国を歩いてると、たまに、ものすごい寒くて強い風が吹くときがあります。そのときは、みなさん速攻でフードをかぶられますね。
また北欧の旅のお話しは追って北欧日記というタイトルで、僕と井澤とで更新していきますのでお楽しみに。(ユルめに更新します)


さて、第一回目の続きのFEELWELL(フィールウェル)のブランドについてです。「もういいって」という方もおられましょうが、でももう少し語りたいので語らせてください。
前回、FEELWELLはユニセックスでカッコいいライフスタイルを追求するブランドだと書きました。
FEELWELLブランドサイトはこちら>>
入社以来ずーっと、そうずっと。
社内での価値表現ワードに「かわいい」という単語をよく聞いてきました。
2003年からこの仕事をしてるのですが、最初はこの「かわいい」という言葉が聞きなれず、使いづらく、地味に苦労した記憶があります。
でも、そのうち人間は順応するもので、気づくと僕も打ち合わせなんかで「それ、かわいいね」「そのデザインなら、アイボリーにピンク絡めたほうが、より一層かわいいのでは」とシレっと言ってたりしてましたが、心のどっかでは違和感があったりして。
たぶん、アタリマエかもしれませんが、それは僕が個人として「かわいい」という価値判断のみではモノをあまり選ばないし、「かわいい」商品やデザインが最も喜ばれるという一般的な既成概念に疑問がありました。
むしろ、女性でも「カッコいい」「シブい」みたいなニュアンスがそもそも好きな方がいて、でもそれの表現として「かわいい」を使ってるのだろうなと僕は解釈してるのです。
実際に会社にいる女性がみんなかわいい格好をして、かわいい小物持ってるかといえばそうじゃないし。また、時にはグループインタビューなどでお客さまに来ていただいて、いろいろお話しを聞いたりするのですが、ご自宅の写真やご自身の着てらっしゃる服装もむしろシックでカッコよかったりします。
もちろん、ベルメゾンで、「かわいい」的な部分を体現するブランドはmini laboなどがしっかりカバーしますので、FEELWELLは第一に「かわいい」ではなく、男性も女性も「カッコいい」と思えるようなスタイルを追求したいなと思ってます。
何気なく発する「かわいい」の中から「カッコいい」を見出して、妄想して、創造する。これが企画の第一歩ですね。

男前インテリア FEELWELL foe freedomいい写真撮れました。ブランドサイトのスタイルギャラリーでもっとたくさんご覧いただけます。
"

ちなみに、FEELWELLの中で僕が好きなカッコいい商品の1つはこれです。
フィールウェル(イイカンジ)なアイテムです。
アメリカの名もなきサバーバン(郊外)にある、スーパーなのか、雑貨屋なのか、さらにコインランドリーもなぜか併設されてる、一瞬ワケが分からない店にありそうなショッピングカートを想像して、現代の日本の暮らしに合うように使い勝手をリファインしたものです。最初はシルバーだけでしたが、好評だったのでシブいブラックも追加しました

ランドリーカートランドリーカート¥11,900〜(税込¥12,852〜) ※2016年2月29日現在
"

そんなこんなでまた次回。
ちなみに、LIFESTYLE INTERIOR BOOK 2016年春号は、ご覧いただけましたか? 北欧スタイルやトレンドの男前インテリア FEELWELL for FREEDOMのコーディネートなど様々なユニセックスなコーディネートをご覧いただけるコンテンツも、2016年からオープンしました。是非そちらもご覧ください↓↓↓
FEELWELLコーディネート一覧はこちら>>

  • 鎌谷 賢太郎
  • Writer: 鎌谷 賢太郎(Kentaro Kamatani)
    Profile: FEELWELLブランドリーダー、2003年入社。入社して以来ずっとインテリア系、ライフスタイル系のバイヤー、企画、開発を担当。インテリアコーディネーターの資格保有。バイヤー時代の代表作の速乾タオルは今でも売上NO.1シリーズ。
    現在は、FEELWELLブランドリーダーの他に、Lifestyle interior bookカタログ全体のリーダーと、sumutocoカタログ全体のリーダーも担当。
    同時期に本やマンガを並行して読む冊数が増えて頭に入りきらなくなったので、読む冊数を調整しようと思うも、ついつい立ち寄るブックオフでまた本を買ってしまった35歳

BACK NUMBER

ページTOPへ▲

FEELWELL トップへ →