北欧やヨーロッパなどのスタッフブログ

北欧やヨーロッパなどユニセックスなテイストが溢れるお店などにスタッフたちが実際に自分の目で見たもの、感じたことを旅行記としてブログでご紹介。

FEELWELL STAFF BLOG

vol.40 マセテル子どものお部屋

こんにちは。FEELWELLネタ担当の井澤です。

ネタ担当ではございますが、私は二児の父親をしております(笑)

上の子は6歳で男の子。来年には小学校入学。
既に習い事もしておりまして、国語の勉強を家で頑張っています。


ランドセルの購入も終わり、あとは学習机をどうするのか?
そんなことを考えながら、子供部屋のスタイリングを考えたのがコチラ。

学習机学習机 \23,900〜\29,900(税込\25,812〜\32,292)2016年11月22日現在

FEELWELL KIDS マセテル子どものお部屋
「好みを主張できる」=「マセテル」子ども。
子どもの個性を引き出し育てたいなら家具に余計なデザインは不要。
マセテル子供には、上質なシンプルがいい!

自分の子どもの様子を見ていても、昔の子どもに比べてマセテいるなと思ったんです。
大人の言われるがままに洋服を選ぶとか、玩具を買うとか。
そんなんでは無く、自分で考えて自分で決める。好みを主張する。凝り性。

そんな子どもの部屋って、どんななのかな?と考えると。

マセテル子どもは、学習机も子ども自身の手で家具にデコレーションしたり、部屋のレイアウトを考えたり、スタイリングを考えたりするのでは無いかな?と。

そんな事が出来るように、デコラティブなデザインだったり、木目が主張する物だったり、もちろんキャラクターっぽい物にはせずに、シンプルなデザイン、でもアルダー材を使用した優しくて飽きのこない上質な素材感のある机を提案しています。

皆様のお子様の部屋は、どんな感じですか?
という事では今日はココまで。 TO BE CONTINUED

  • Writer: 井澤 洋平(Yohei Izawa)
  • Writer: 井澤 洋平(Yohei Izawa)
    Profile: 2005年入社後、住まいと雑貨、リュクスリビング、sumutocoの雑貨開発の担当。2009年から4年間、シニア通販カタログを担当して、2013年からsumutoco、2015年秋からLifestyle interior bookのFEELWELL企画担当に。企画コンセプトは「ポジティブな違和感」。たいていのネタ的なニオイがする企画は私が担当しています。

BACK NUMBER

ページTOPへ▲

FEELWELL トップへ →