北欧やヨーロッパなどのスタッフブログ

北欧やヨーロッパなどユニセックスなテイストが溢れるお店などにスタッフたちが実際に自分の目で見たもの、感じたことを旅行記としてブログでご紹介。

FEELWELL STAFF BLOG

VOL5.【北欧日記】_デンマーク編@朝食まで(笑)

皆さん、こんにちは。
北欧リサーチ・井澤・鎌谷の男2人8日間出張から無事戻ってまいりました。途中いろいろなトラブルも発生しましたが、それは追々。。ちなみに何故か入国審査で鎌谷はスーッと通ったのに、私は色々と質問をされまくり汗をめちゃくちゃかいてしまいました笑
今回の北欧リサーチの目的はズバリ
FEELWELLが取り組んでいる本物の北欧を感じるオリジナルアイテムを作る為に今の北欧のトレンドを探ってくる!
という事です。
リサーチ先ですが、フィンランドのヘルシンキ、デンマークのコペンハーゲン、そしてスウェーデンのストックホルムの3都市があがりました。トレンドを見てきたいという事で、可愛いお店が日進月歩で常に入れ替わっているというコペンハーゲンと、大都市ストックホルムを選択しました。(来年は、ヘルシンキとオスロにも行きたいなぁ<コソ>)

飛行機に乗って10時間かけて、まずは経由地のヘルシンキへ。
一睡もできなかった僕は既にヘロヘロ。。
日本の公共機関にはあり得ない大きな石のようなクッションに、鎌谷と一緒に座って休憩。空港の時点で、もうお洒落です。

そこから、もうひと頑張り。コペンハーゲンの空港に到着し、そこからホテルのあるコペンハーゲン中央駅に到着したのは19時半頃。デンマークの電車は次の到着駅の事を平気でアナウンスしなかったので、乗り過ごさないかビビりながらも無事ホテルに到着したのは20時半を回った頃。(ちなみに、大きな駅に到着する時は電車もアナウンスしてくれました笑)

駅の目の前には有名なチボリ公園が!小学生の時に親に連れてきて貰った事があって。お化け屋敷が怖くて泣きじゃくっていた事を思い出しました笑
  • 切符の券売機も何かお洒落。
  • コペンハーゲン中央駅の朝の様子です。日本にもあるチェーン店も、また違う店に見えますね。

僕らが泊まったホテルはラディソン ブル ロイヤルホテル
僕は泊まるまで知らなかったのですが、デンマークの巨匠アルネ・ヤコブセンが建物から照明、カトラリーやカーペットまで全てを手掛けた5つ星ホテル。 そんなに高くないお値段で、こんなに良い物に囲まれて生活が出来るホテルに泊まれるというのも北欧の魅力ですね。

ロビーに普通に置いてあるのはウン十万円とするエッグチェア。
  • 部屋から見た景色も眺めが良くて素敵でした。
  • ホテルの部屋にも、有名なセブンチェアが。せっかくなので毎日色々なビールを飲んでみました。これはTUBORG(ツボルグ)というそうです。

朝ごはんも、あの有名なSTELTONのステンレスジャグ!いやぁ、カラータイプじゃなくて、ステンレスタイプを使っているというのも男心をくすぐります。朝ごはんの一番のお気に入りはシナモンロールでした。ベルメゾンでは、カラータイプは販売させて頂いております!

と、まだリサーチにも触れていないのに既に男心をくすぐる格好良いデザインで溢れているコペンハーゲン。
後程また振り返りますが今回の北欧リサーチ。 「可愛いねぇ〜」と発言した事は片手で数えられるくらいで、ずっーっと「格好良いな、コレ〜」と男二人で唸っていました。
長くなってしまいましたので、今回はホテルの紹介まで!
「次回・コペンハーゲンお勧めリサーチショップ編」をお届けします!          TO BE CONTINUED

  • Writer: 井澤 洋平(Yohei Izawa)
  • Writer: 井澤 洋平(Yohei Izawa)
    Profile: 2005年入社後、住まいと雑貨、リュクスリビング、sumutocoの雑貨開発の担当。2009年から4年間、シニア通販カタログを担当して、2013年からsumutoco、2015年秋からLifestyle interior bookのFEELWELL企画担当に。企画コンセプトは「ポジティブな違和感」。たいていのネタ的なニオイがする企画は私が担当しています。

BACK NUMBER

ページTOPへ▲

FEELWELL トップへ →