北欧やヨーロッパなどのスタッフブログ

北欧やヨーロッパなどユニセックスなテイストが溢れるお店などにスタッフたちが実際に自分の目で見たもの、感じたことを旅行記としてブログでご紹介。

FEELWELL STAFF BLOG

VOL9.【北欧日記】_デンマーク編Aオススメショップ

皆さん、こんにちは。FEELWELL(フィールウェル)のネタ担当の井澤です。前回は前置きが長すぎて出発前のホテルの朝食で終わってしまいましたので(その時の日記はコチラ)、今回はコペンハーゲンで見て欲しいショップのレポート編そのAを書きますね!

ちなみに私達もリサーチに行って、「色々と勉強になりました!ハイ、おしまい!」では勿論無くて、会社のチーム員の皆様に報告書を作って説明しないといけないのです。
詳細の資料はお見せする事は出来ないのですが、資料の雰囲気が分かるスライドを何枚かせっかくなので!

これはコペンハーゲンのニューハウンという、18世紀に作られた港町のとあるお店の上に吊られていた人魚像です。実際に、あの観光地として有名な人魚像は見に行くことが出来ずに、これで我慢しました笑
これは、デンマークのシュトロイエに続く広場にはコペンハーゲン市庁舎(右)です。 なんでも、この市庁舎の塔はコペンハーゲンで一番背が高い建物だそうですよ。見学もできるそうなので是非行ってみてください^^ ちなみに、この「TAK」「TACK」はそれぞれデンマーク語とスウェーデン語で「ありがとう」という意味です。資料の最後のマトメの写真として使いました。
お店の外観を撮りたかったのですが2Fだったので、こちらでスミマセン!

さて、話がそれましたが本日に紹介させて頂くショップは、HAY<ヘイ>です。

ショップ名/HAY
住所/OESTERGADE 61, 2ND-3RD
営業時間/月~金・10時~18時 土・10時~17時 日・12時~17時(第一日曜日営業)

2002年に立ちあがったデンマークのプロダクトブランドです。一言で言うと、『遊び心のある格好良いシンプル』って感じです。
日本のインテリアには無い、絶妙な色使いのバイカラーのクッションカバー・寝具類。色もアパレルで使うようなカラーが印象的です。
シンプルなデザインの中に、蛍光のグリーンやオレンジなどを利かせたグラスや、キッチンクロス、PCケース。
ファッションのトレンドのダスティピンクやグリーンをポイントに使った家具。
シンプルなグレーのソファやクッションだけど、ボタンだけ違う色を使って個性を出したり。
加えて日本のマスキングテープや文房具の糊など世界の商品もセレクトとして売っていて、非常にバラエティに富んだ商品が集まっています。
デザインの幅が広いので男性でも女性でもカワイイ物もカッコウイイ物も好きな人も、皆が楽しめるとショップだと思います。
場所は、先ほど紹介させて頂いた市庁舎のある広場から始まる「ストロイエ」という歩行者天国です。なんでも、この「ストロイエ」。世界で初めての歩行者天国と言われているそうです。全長は700mくらいで結構ゆっくりお店を見たら楽しめます!(原宿の竹下通りの約2倍ですね!) HAYはストロイエの奥の方にあって、なおかつ1Fからはお店の様子が分からないので気を付けてくださいね! でも、行き忘れても大丈夫!デンマークやスウェーデンの百貨店にも大きいコーナーがあります。必ずどこかでご覧頂ければと思います!

という事で、次回はデンマークのお勧めの店をまた紹介させて貰いたいと思います。
もうすぐLifestyle interior book 夏号が発刊します!皆さんお楽しみに! TO BE CONTINUED

  • Writer: 井澤 洋平(Yohei Izawa)
  • Writer: 井澤 洋平(Yohei Izawa)
    Profile: 2005年入社後、住まいと雑貨、リュクスリビング、sumutocoの雑貨開発の担当。2009年から4年間、シニア通販カタログを担当して、2013年からsumutoco、2015年秋からLifestyle interior bookのFEELWELL企画担当に。企画コンセプトは「ポジティブな違和感」。たいていのネタ的なニオイがする企画は私が担当しています。

BACK NUMBER

ページTOPへ▲

FEELWELL トップへ →