家具の素材辞典

木目が美しい木材など家具で扱う素材をご紹介

知っておくと便利な
木材の豆知識!

家具素材辞典

Furniture_Material Dictionaly

あなたは家具を購入する際、材質をチェックしていますか?
木材には、木目が美しいもの、やわらかくデザインなどの加工がしやすいもの、
かたくて強度が強く丈夫なもの、防虫やリラックス効果があると言われるものなど、
実にさまざまな種類があります。使用材料の特徴をきちんと理解して、
ライフスタイルに合った家具を選びましょう。

基本材料

家具や板材に使われる一般的な材料

  • 天然木・無垢材 [てんねんぼく・むくざい]

    天然木・無垢材

    [てんねんぼく・てんねんもく・むくざい]

    ベルメゾンでは、主材部分で「天然木」と表示され、無垢材とはその名前のとおり、丸太から木採りした材木のこと。一本の原木から角材や板を直接必要な寸法に切り出したものを指します。一般的な量産家具では、集成材や、ジョイント用の材料として使用されます。
  • 天然木・集成材 [てんねんぼく・しゅうせいざい]

    天然木・集成材

    [てんねんぼく・てんねんもく・しゅうせいざい]

    ベルメゾンでは、主材部分で「天然木」と表示され、棒状の無垢材を接着し、板状にしたものです。反りにくく品質が安定しているのが、利点です。一般的に家具で使用される「無垢材」とは、集成材のことを指すことが多く、継ぎ合わせのラインの有無が見分けるポイントです。
  • 合板 [ごうはん]

    合板

    [ごうはん]

    1〜3mmに薄くスライスした単板を繊維方向が互い違いに直交するように複数枚を重ね、貼り合わせて一枚に加工したもの。節やフシが少なく、伸び縮みの少ない材料です。家具では、表面材の一部や、背板として使用されます。
  • 繊維板(MDF・ハードボード) [せんいばん]

    繊維板(MDF・ハードボード)

    [せんいばん]

    材木チップを蒸煮・解繊したものを熱圧成型したもの。高い加工性を持ち、耐久性や強度はあまり高くありませんが、材木特有の反りや乾燥割れなどの癖が比較的少ないのが特徴です。
  • パーティクルボード [ぱーてぃくるぼーど]

    パーティクルボード

    [ぱーてぃくるぼーど]

    木材の小片を接着剤と混合し、熱圧成形したもの。MDFより目が粗く、フラッシュ構造板の芯材に使われることが多い材料です。
家具の素材辞典ページTOPへ ↑

板材の構造

高品質な家具を作る

  • 板構造

    板構造

    分厚い一枚板を加工してそれぞれのパーツを作り、組み合わせたもの。天然木の場合は、一般的に集成材が使用されます。繊維板は単板をそのまま加工しているため比較的安価です。
  • ベタ芯構造

    ベタ芯構造

    繊維板や、天然木などを芯材に、突板やプリント紙をダイレクトに貼る加工を施した板のことです。固体毎のバラつきを減らし、木目や色を均一にすることが最大の目的です。芯になる部分には空間がないため、「ベタ芯」と呼ばれています。
  • フラッシュ構造

    フラッシュ構造

    MDFや天然木の枠を組み、その両面にボード(表面材)を貼った構造。枠を組んだものが芯材になるので、中に空洞ができ、表面にのみ化粧合板などの良材を使うので、木材の使用量を減らすことで、材料の有効利用にもなり、同時に商品重量や輸送コストの軽減にも貢献します。
家具の素材辞典ページTOPへ ↑

表面材

見た目だけでなく、使われ方も重要

「雑貨工業品品質表示規定」で表示すべき事項として明記がある【表面材】。以下が、表面材の定義とベルメゾンの代表的な使用アイテムになります。

板材がフラッシュ構造の場合

表面材

品質表示が必要な部分

板材がフラッシュ構造の場合
表面材1
突版、プリント紙等
表面材2
2〜3mmの合板or繊維板
芯材(※)
表面材1
2〜3mmの合板or繊維板
表面材2
突版、プリント紙等

板材がベタ芯の場合

板材がベタ芯の場合
表面材
芯材(※)
表面材

(※)芯材=品質表示が不要な部分

  • 天然木化粧合板

    [てんねんもくけしょうごうはん]

    2〜3mmの薄い合板の表面に突板(※)を貼ったもの。集成材よりも一般的に安価で、強度もあるのが特徴です。寸法や、反りに対する安定性にも優れています。お手頃価格で美しい木目も楽しめるため、建築物の内装や家具などの外装、フラッシュ構造の表面材として使われます。
    ※突板とは、丸太を表面材用にスライサーという機械で薄くシート状にスライスしたものです。
  • 天然木化粧繊維板

    [てんねんもくけしょうせんいばん]

    約2〜3mmに薄くスライスした繊維板の表面に突板を貼り付けた、フラッシュ構造の表面材に使われることが多い木質ボード。集成材よりも一般的に安価で、天然木の美しさを手軽に楽しめるため重宝されています。
  • 天然木化粧

    [てんねんもくけしょう]

    美しい木目を持つ薄くスライスした突板を、(フラッシュ構造ではなく)ベタ芯の芯材に張り合わせたものを「天然木化粧」と呼んでいます。加工が容易で安価ですが、サイズが大きくなると重くなる傾向があります。
  • プリント紙化粧合板

    [ぷりんとしけしょうごうはん]

    表面に木目などを印刷した紙を、2〜3mm厚の薄い合板に貼って仕上げた板。同一の色柄や木目での生産が可能なので、家具などをシリーズで揃えると統一感が生まれます。天板等の耐荷重量や、強度が必要な部位での使用が一般的です。
  • プリント紙化粧繊維板

    [ぷりんとしけしょうせんいばん]

    約2〜3mmに薄くスライスした繊維板の表面に天然木の木目模様などを印刷したプリント紙を貼り付けた木質ボード。美観目的で使用されることが多く、耐力構造が必要とされない部分に用います。
  • プリント紙化粧

    [ぷりんとしけしょう]

    表面に木目などを印刷した紙を、ベタ芯の芯材に貼り合わせたものを「プリント化粧」と呼んでいます。
  • 合成樹脂化粧合板

    [ごうせいじゅしけしょうごうばん]

    ポリエステルや、オレフィン、メラミンシートなどの合成樹脂加工が施されたシートを2〜3mmの薄い合板の表面に熱圧着したもの。一般的なプリント紙よりも熱やキズに強く、耐久性や耐水性が求められる部位、主に、カウンターや飾り棚の天板、レンジボードのスライド収納部などに使用されます。
  • 合成樹脂化粧繊維板

    [ごうせいじゅしけしょうせんいばん]

    約2〜3mmに薄くスライスした繊維板の表面に木目や色柄を印刷したポリエステルやオレフィンなどの合成樹脂加工シートを貼って仕上げており、プリント紙よりも高い耐久性が特徴。耐熱やキズ防止などの目的で樹脂加工が施されたものが、その大半です。
  • 合成樹脂化粧

    [ごうせいじゅしけしょう]

    ポリエステルやオレフィンなどの合成樹脂加工を施したシートと、ベタ芯の芯材を低圧でプレス成型したもの。
家具の素材辞典ページTOPへ ↑

木目の特徴

年輪の深い味わいを堪能

1.板目 [いため] 2.柾目[まさめ]

  • 板目

    [いため]

    丸太の中心からずらして挽き、年輪が平行ではなく山形やたけのこ形の木目として表れたものを板目と言います。板目は木目が個性的で、たとえ一本の木でも、同じ物がありません。ウォールナットやアルダー材など、限られた材料で特徴を出すのに使われることが一般的です。
  • 柾目

    [まさめ]

    丸太の中心にむかって挽くと得られる年輪が平行な木目のこと。樹齢数約百年の天然木の柾目は、非常に落ち着いた雰囲気を醸し出すと言われています。一般的に、日本人によく好まれ、ナラやタモ材を使用した家具で多く使われます。
家具の素材辞典ページTOPへ ↑

木材の種類

自然のぬくもりが魅力

  • パイン材

    パイン材

    日本語でいうと「松の木」。柔らかな木目と材質を持ち、櫛が多いのが特徴で、ベルメゾンでは、カントリー調の家具などにもよく利用されます。原産地によって、それぞれ特徴が異なる材木。

    パイン材を使った家具はこちら

  • アルダー材

    アルダー材

    ヨーロッパでは広く崇められた聖樹の一種で、「神聖な木材」と言われるアルダー材。やや軽軟な素材で、その加工性の良さから、家具のみならず、楽器用や彫刻材として広く用いられています。

    アルダー材を使った家具はこちら

  • ウォルナット(胡桃)材

    ウォルナット(胡桃)

    木目の表情が柔かく味わい深い印象のウォールナット。チーク、マホガニーと並ぶ、世界三大銘木のひとつの高級材です。ダークブラウンのプリント紙柄としてもよく使われる人気の樹脂です。

    ウォルナット材を使った家具はこちら

  • タモ(アッシュ)材

    タモ(アッシュ)

    堅く、建材にも使われるタモ材。家具の素材としては柾目の突板の美しさを生かしたものが多く、その繊細さが、従来より日本人好みと言われています。

    タモ材を使った家具はこちら

  • ナラ(オーク)材

    ナラ(オーク)

    タモ材と木目は似ていますが、僅かに粗く、虎斑と呼ばれる灰褐色の点線のような模様があります。材は堅く、建材や枕木、ウイスキーなど洋酒用の樽材としても重宝されます。

    ナラ材を使った家具はこちら

  • チーク

    チーク

    天然のロウ状の成分を持ち、耐久性・耐水性が高いチーク材。使うほどに材面の色の深みが増し、落ち着いた雰囲気をかもし出します。世界三大銘木のひとつですが、伐採禁止になっているところが多く、入手が難しくなっています。

    チークを使った家具はこちら

  • シナ材

    シナ材

    色味が白っぽいベージュで、角度によってはとても光沢があります。木目が目立ちにくく繊細で美しく、適度な高級感もあり、好き嫌いが少ない材料です。鏡やフレームの枠材や、室内装飾、引出しの底板に使われます。

    シナ材を使った家具はこちら

  • ブナ(ビーチ)材

    ブナ(ビーチ)

    繊細な木目で、割れにくい性質を備えたブナ材。ヨーロッパや北欧では人気の材料で曲木のイスや集成材として使われます。テーブル天板の突板材としても人気があります。

    ブナ材を使った家具はこちら

  • メープル(楓)材

    メープル(楓)

    北米で古くから家具に使用されてきたメープル。明るい色合いの中にきらきらと杢が光り、自然な色むらも美しい材木です。

    メープル材を使った家具はこちら

  • 桐材

    桐材

    樹木の中で最も軽い材木のひとつ。色白の美しい木肌を持ち、木材の伸縮性が低く、高精度な造りが可能なため、熱や湿度を通しにくいと言われることが多く、タンスや貴重品箱などに重宝されています。

    桐材を使った家具はこちら

  • ヒノキ材

    針葉樹の中では、比較的耐水性に優れるヒノキ材。加工しやすく、ヒノキ特有の香りも一般的に好まれており、リラクゼーション効果があると言われています。美しい光沢も魅力です。保存性にも優れていて、世界最古の木造建築物の法隆寺もヒノキ造りのひとつです。
  • (クスノキ)

    やや粗い肌目や、防虫効果があるといわれる樟脳のすがすがしい香りが特徴。日本の国産材で社寺の建築や内装材、彫刻欄間、仏壇など幅広く用いられています。
  • スギ材

    幹の外回り・辺材と幹の中心・心材は性質が異なり、一般的な樹木よりも境目が明らか。軟らかく軽いのが特徴で、ガーデニングやベランダ用家具によく使用されます。
  • ゼブラウッド

    家具のほか、楽器にも使われるゼブラウッド。木目に入った濃褐色の縞杢(しまもく)が特徴的ですが、高価なため、家具ではプリント紙などで使われることが多くなっています。
  • ブラックチェリー

    淡いピンクをまとった落ち着いた色合いで、ウォールナット同様、やわらかい板目が特徴です。使い込むほどに徐々に飴色に変化する高級材です。
  • ニレ材

    ナラ、タモなどと並ぶ落葉広葉樹のひとつです。タモに比べると木目がやや粗々しくなるため、その味わいを生かしたブラウン系〜ダーク系の色目に塗装されることが多いです。家具以外に、建材、枕木などにも使われ、素材に粘りがあるため、曲げ木の材料としてもよく使われます。
  • バーチ(樺)

    部分的にキラリと光る放射杢を持つバーチ。主に家具材やドアなどの建具材に使われています。桜を連想させる淡い色彩の木目から、樺桜とも呼ばれています。
  • フィリピンマホガニー

    マホガニーは、特に欧米で高評価を得ている、世界三大銘木のひとつ。ただし、原産地での乱伐による保護観点から、現在は全ての種がワシントン条約により取引制限されています。ベルメゾンでは、東南アジアで植栽された外見が類似している材を、「フィリピンマホガニー」と表示しています。
  • ラバーウッド

    ラバーウッドとはゴムの木で、これまで植林後天然ゴムを採取し終わった材料を、二次利用したものです。成長が早いため、計画的植林が可能で、環境負荷が少ないのが特徴です。加工性と強度に優れ、低コストなことから、テーブル等の脚ものから箱物の前板など幅広く利用されています。
家具の素材辞典ページTOPへ ↑

塗装・仕上げ

家具を美しく仕上げる

<塗装の比較>

種類/特徴 硬度 耐久性 耐水性 耐候性
ラッカー塗装
ウレタン
樹脂塗装
オイルステイン
仕上げ
× × ×
ポリエステル
樹脂塗装
UV塗装
エナメル塗装

<木材の塗装・仕上げ>

  • ラッカー塗装

    家具で最も一般的に用いられる塗装で、表面がなめらかで柔らかい光沢を放ちます。ウレタン樹脂塗装と比べると強度は劣りますが、日常的なキズや汚れは防ぐので、木の質感と使いやすさを両立できるメリットがあり、作業性の良さから、安価に仕上げることも可能です。デンマークのユーズド家具などでも、一般的に使われている塗装です。
  • ウレタン樹脂塗装

    合成樹脂の一種であるウレタン樹脂の塗料を使った、ポピュラーな塗装。キズや汚れがつきにくく、耐熱性、耐水性にも優れています。「つやあり」から「つや消し」まで対応でき、高級家具や、耐久性や強度が求められるテーブルの天板などに使われています。
  • オイルステイン仕上げ

    天然乾性油に若干の樹脂や着色剤等を入れて家具の表面から浸透させ、木が本来持つ木肌感や、風合いをそのままに生かす仕上げで、家庭でのメンテナンスが容易です。塗模を作らない仕上げのため、シミなどが付きやすく使用時の注意が必要です。
  • ポリエステル樹脂塗装

    ピアノなどにも使われており、ツヤのある美しい仕上がりが特徴。耐候性や耐薬品性にも優れていますが、衝撃に弱く、キズがつきやすいというデメリットも。
  • UV塗装

    従来のウレタン塗装等と比較して高級と言われ、透明感と光沢度の高さが特徴で、鏡面仕上になるのでホワイト系のキッチン家具でよく使われます。塗膜硬度が硬く、耐磨耗性、耐薬品性、耐溶剤性等が従来の塗装よりはるかに優れます。塗料の硬化後、無臭な為、塗料独特の臭いもありません。表面は滑らかで、木質感は少ない仕上げ。
  • エナメル塗装

    ワニスと顔料とを混合した塗料の総称で、不透明塗料のこと。UV塗装よりも、塗膜硬度は少ない塗装です。装膜の見た目もきれいで、UV塗装と比べると価格を安価に抑えられるため、モダン系のリビング家具、キッチン家具で重宝されています。
家具の素材辞典ページTOPへ ↑