ローカル雑貨に出会う旅。

全国のおみやげ

日常をステキに彩る♪ローカル雑貨に出会う旅。[第3弾]

※在庫がなくなる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

北海道・東北地方

北海道・東北 ローカル情報

山形県
山形県
スタッフの出張先情報♪

山形県は全国で唯一、全35市町村に温泉が湧出しているという温泉好きにはたまらない場所。
郷土玩具の産地でもある米沢駅からバスで30分、小野川温泉にある木地玩具の工房へ取材で伺ったのは雪深い2月。雪を見ながら温泉につかり就寝。翌朝、目の前に現れたのは美しく静かな風景。白銀の世界、ってまさしくこういう景色を言うんだなぁと寒さも忘れて感動したのでした。

岩手県
岩手県
スタッフの旅先情報♪

南部鉄器やホームスパン(毛織物)などの工芸がさかんな盛岡市。盛岡駅より路線バスで約30分のところにある「小岩井農場」は、壮大な岩手山をバックにのどかな風景が広がる120年以上の歴史ある牧場。
草原を駆け抜ける風の音しかしない空間は、最高の癒しです!

山形県
山形県
スタッフの出張先情報♪

山形県は全国で唯一、全35市町村に温泉が湧出しているという温泉好きにはたまらない場所。
郷土玩具の産地でもある米沢駅からバスで30分、小野川温泉にある木地玩具の工房へ取材で伺ったのは雪深い2月。雪を見ながら温泉につかり就寝。翌朝、目の前に現れたのは美しく静かな風景。白銀の世界、ってまさしくこういう景色を言うんだなぁと寒さも忘れて感動したのでした。

岩手県
岩手県
スタッフの旅先情報♪

南部鉄器やホームスパン(毛織物)などの工芸がさかんな盛岡市。盛岡駅より路線バスで約30分のところにある「小岩井農場」は、壮大な岩手山をバックにのどかな風景が広がる120年以上の歴史ある牧場。
草原を駆け抜ける風の音しかしない空間は、最高の癒しです!

▲ローカル雑貨に出会う旅ページTOPへ

関東・甲信越地方

関東・甲信越地方 ローカル情報

埼玉県
埼玉県
スタッフの旅先情報♪

都心から1時間もかからない場所にある川越市。川越駅から15分ほど歩くと「小江戸」と呼ばれる蔵造りの町並みが出現!
名産のさつまいもを使ったおまんじゅうやソフトクリーム、駄菓子屋や老舗の飴屋などが軒を連ね、食べ歩きも楽しい、スイーツ好きにはたまらない空間です。

茨城県
茨城県
スタッフの旅先情報♪

水戸黄門でも有名な水戸市を県庁所在地に持ち、納豆やレンコン(なんと生産日本一!)などの農業も盛んな茨城県。
そんな自然豊かな茨城県のひたちなか市には、国営ひたち海浜公園があり、春〜初夏には約450万本ネモフィラが美しく咲く事で有名。小さく青い可憐な花が一面に咲き誇る様は圧巻!地上と空がつながったような空間に心が洗われる事間違いなし!

埼玉県
埼玉県
スタッフの旅先情報♪

都心から1時間もかからない場所にある川越市。川越駅から15分ほど歩くと「小江戸」と呼ばれる蔵造りの町並みが出現!
名産のさつまいもを使ったおまんじゅうやソフトクリーム、駄菓子屋や老舗の飴屋などが軒を連ね、食べ歩きも楽しい、スイーツ好きにはたまらない空間です。

茨城県
茨城県
スタッフの旅先情報♪

水戸黄門でも有名な水戸市を県庁所在地に持ち、納豆やレンコン(なんと生産日本一!)などの農業も盛んな茨城県。
そんな自然豊かな茨城県のひたちなか市には、国営ひたち海浜公園があり、春〜初夏には約450万本ネモフィラが美しく咲く事で有名。小さく青い可憐な花が一面に咲き誇る様は圧巻!地上と空がつながったような空間に心が洗われる事間違いなし!

▲ローカル雑貨に出会う旅ページTOPへ

中部・北陸地方

中部・北陸地方 ローカル情報

愛知県
愛知県
スタッフの旅先情報♪

徳川家康の時代から街の歴史が始まったとされ、今も名古屋の中心には名古屋城を初めとする多くの遺産が残されている名古屋市。最近は「なごやめし」として美味しい物がたくさんある町としても知られています。
コーヒー一杯でトーストなどがついてくる豪華モーニングや、ひつまぶし、手羽先など、目移りしまくりの有名メニューが盛りだくさん!中でも珍しいのが、肉や野菜をじっくり煮込んで作ったソースを使ったあんかけスパゲティ。とろみのあるソースとスパイシーさが病みつきに。
旅から戻って○キロ太ってしまった私ですが、後悔が一切ない「うみゃ〜」街です。

石川県
石川県
スタッフの出身地自慢♪

金沢出身者にとっての故郷の味のひとつと言えば、笹寿し。ひとつひとつ笹の葉で押し寿司を包んで販売されています。昔は“ハレ”の日のたべものだったそうですが、今では帰省から大阪へ戻ってくるときに金沢駅の百番街で買って特急電車の中で食べるのが私にとっての笹寿し定番スタイルです。
実は、お箸が不要・食器洗いも不要・おかずも不要・お寿司だけあって貧相には見えない、という理由でおもてなしや集まりの場で重宝されているのは金沢人あるあるです。笑

愛知県
愛知県
スタッフの旅先情報♪

徳川家康の時代から街の歴史が始まったとされ、今も名古屋の中心には名古屋城を初めとする多くの遺産が残されている名古屋市。最近は「なごやめし」として美味しい物がたくさんある町としても知られています。
コーヒー一杯でトーストなどがついてくる豪華モーニングや、ひつまぶし、手羽先など、目移りしまくりの有名メニューが盛りだくさん!中でも珍しいのが、肉や野菜をじっくり煮込んで作ったソースを使ったあんかけスパゲティ。とろみのあるソースとスパイシーさが病みつきに。
旅から戻って○キロ太ってしまった私ですが、後悔が一切ない「うみゃ〜」街です。

石川県
石川県
スタッフの出身地自慢♪

金沢出身者にとっての故郷の味のひとつと言えば、笹寿し。ひとつひとつ笹の葉で押し寿司を包んで販売されています。昔は“ハレ”の日のたべものだったそうですが、今では帰省から大阪へ戻ってくるときに金沢駅の百番街で買って特急電車の中で食べるのが私にとっての笹寿し定番スタイルです。
実は、お箸が不要・食器洗いも不要・おかずも不要・お寿司だけあって貧相には見えない、という理由でおもてなしや集まりの場で重宝されているのは金沢人あるあるです。笑

▲ローカル雑貨に出会う旅ページTOPへ

近畿地方

近畿地方 ローカル情報

滋賀県
滋賀県
スタッフの旅先情報♪

3人女子滋賀紀行のつづき・・・
滋賀県の面積のうち多くが琵琶湖で占められていると思われがちですが、実は琵琶湖の面積は1/6しかないのです。海のように大きな波がたたず、風でチャプチャプという小さな波音が聞こえる程度、静かな湖には、バス釣りの船やウインドサーフィン、パドルサーフィンをする姿が見られます。夏には湖畔に、「海水浴場」ではなく「水泳場」がオープンします。
また、琵琶湖には島が4つあり、そのうちの一つ約350名の人が住んでいる「沖島(おきしま)」へ。車が一台もなく、代わりに三輪自転車がたくさんありのーんびりした空気に癒された旅となりました。

奈良県
奈良県
スタッフの旅先情報♪

5月の奈良と言えば「藤」。しかも春日大社と近隣の万葉植物園の藤の園には毎年多くの観光客が訪れます。藤の花と言えば紫しか見た事がなかった私にとって、白やピンクの藤が新鮮で、甘い香りに包まれながら色とりどりの藤に癒されました。個人的には、きちんと手入れをされた藤の花よりも自生の藤が好きです。山の方を見上げると緑の木々の合間からのぞく鮮やかな紫色の藤は、とてもたくましく力強ささえ感じとれます。実は、奈良の名物の鹿に食べられないように高い所に咲くのだそうです。

滋賀県
滋賀県
スタッフの旅先情報♪

3人女子滋賀紀行のつづき・・・
滋賀県の面積のうち多くが琵琶湖で占められていると思われがちですが、実は琵琶湖の面積は1/6しかないのです。海のように大きな波がたたず、風でチャプチャプという小さな波音が聞こえる程度、静かな湖には、バス釣りの船やウインドサーフィン、パドルサーフィンをする姿が見られます。夏には湖畔に、「海水浴場」ではなく「水泳場」がオープンします。
また、琵琶湖には島が4つあり、そのうちの一つ約350名の人が住んでいる「沖島(おきしま)」へ。車が一台もなく、代わりに三輪自転車がたくさんありのーんびりした空気に癒された旅となりました。

奈良県
奈良県
スタッフの旅先情報♪

5月の奈良と言えば「藤」。しかも春日大社と近隣の万葉植物園の藤の園には毎年多くの観光客が訪れます。藤の花と言えば紫しか見た事がなかった私にとって、白やピンクの藤が新鮮で、甘い香りに包まれながら色とりどりの藤に癒されました。個人的には、きちんと手入れをされた藤の花よりも自生の藤が好きです。山の方を見上げると緑の木々の合間からのぞく鮮やかな紫色の藤は、とてもたくましく力強ささえ感じとれます。実は、奈良の名物の鹿に食べられないように高い所に咲くのだそうです。

▲ローカル雑貨に出会う旅ページTOPへ

中国・四国・九州・沖縄地方

中国・四国・九州・沖縄地方 ローカル情報

島根県
島根県
スタッフの旅先情報♪

中国地方の日本海沿い、鳥取県の西側に細長く位置する島根県。多くの神話が残り、出雲大社は縁結びの神社として人気です。
私のおすすめは「割子そば」。(「わりご」と読みます)。中にそばが入った3段重ねのうつわを、1段ずつ、濃いめの出汁をかけ、もみじおろしやネギをのせて食べ進める、他県では珍しい食べ方。蕎麦は歯ごたえがあって、出汁も甘辛く濃いめ。今でも無性に食べたくなります。
「ばんじまして」という、こんにちはとこんばんはの間、夕暮れどきにつかう趣のある方言も気に入っています。

大分県
大分県
スタッフの出身地自慢♪

大分県は温泉で有名ですが、実は他にも日本一があるんです。それは・・・『吊り橋』です。歩道専用として日本一の高さを誇る吊り橋、「九重“夢”大吊橋」。※“ここのえゆめつりおおはし”と読みます。長さ390m、高さ173m、幅1.5mのこの橋はスリルと絶景を楽しめる観光スポット。歩くときはなかなかのシースルー感があり、カップルで行けば吊り橋効果が期待できます(笑)
橋から見える『震動の滝』は圧巻です。ぜひ、ご自身の目で滝の雄大さと橋で味わえるスリル感を体感してください。

島根県
島根県
スタッフの旅先情報♪

中国地方の日本海沿い、鳥取県の西側に細長く位置する島根県。多くの神話が残り、出雲大社は縁結びの神社として人気です。
私のおすすめは「割子そば」。(「わりご」と読みます)。中にそばが入った3段重ねのうつわを、1段ずつ、濃いめの出汁をかけ、もみじおろしやネギをのせて食べ進める、他県では珍しい食べ方。蕎麦は歯ごたえがあって、出汁も甘辛く濃いめ。今でも無性に食べたくなります。
「ばんじまして」という、こんにちはとこんばんはの間、夕暮れどきにつかう趣のある方言も気に入っています。

大分県
大分県
スタッフの出身地自慢♪

大分県は温泉で有名ですが、実は他にも日本一があるんです。それは・・・『吊り橋』です。歩道専用として日本一の高さを誇る吊り橋、「九重“夢”大吊橋」。※“ここのえゆめつりおおはし”と読みます。長さ390m、高さ173m、幅1.5mのこの橋はスリルと絶景を楽しめる観光スポット。歩くときはなかなかのシースルー感があり、カップルで行けば吊り橋効果が期待できます(笑)
橋から見える『震動の滝』は圧巻です。ぜひ、ご自身の目で滝の雄大さと橋で味わえるスリル感を体感してください。

▲ローカル雑貨に出会う旅ページTOPへ