ローカル雑貨に出会う旅。

全国のおみやげ

日常をステキに彩る♪ローカル雑貨に出会う旅。[第4弾]

※在庫がなくなる場合がございますので、あらかじめご了承ください。

北海道・東北地方

北海道・東北 ローカル情報

山形県
山形県
スタッフの出張先情報♪

山形県は全国で唯一、全35市町村に温泉が湧出しているという温泉好きにはたまらない場所。
郷土玩具の産地でもある米沢駅からバスで30分、小野川温泉にある木地玩具の工房へ取材で伺ったのは雪深い2月。雪を見ながら温泉につかり就寝。翌朝、目の前に現れたのは美しく静かな風景。白銀の世界、ってまさしくこういう景色を言うんだなぁと寒さも忘れて感動したのでした。

北海道
北海道
スタッフの旅先情報♪

新千歳空港から高速道路と、ただただひたすらまっすぐな道を車で走ること約3時間。たどり着いたのは、空に向かって儚げに伸びるカラマツや白樺の枯れ木と、コバルトブルーが美しい「青い池」。日頃の疲れもスッと忘れるほど、心穏やかにしてくれるその美しさは、「美しい自然BEST3」 に入るほど(わたしの)。
実はこの池、約30年ほど前に起こった十勝岳の噴火の際に幾つか建設された堰堤が基となりできたものだとか。偶発的に人造池となった神秘的な池は、一生に一度は見て欲しい絶景です!

山形県
山形県
スタッフの出張先情報♪

山形県は全国で唯一、全35市町村に温泉が湧出しているという温泉好きにはたまらない場所。
郷土玩具の産地でもある米沢駅からバスで30分、小野川温泉にある木地玩具の工房へ取材で伺ったのは雪深い2月。雪を見ながら温泉につかり就寝。翌朝、目の前に現れたのは美しく静かな風景。白銀の世界、ってまさしくこういう景色を言うんだなぁと寒さも忘れて感動したのでした。

北海道
北海道
スタッフの旅先情報♪

新千歳空港から高速道路と、ただただひたすらまっすぐな道を車で走ること約3時間。たどり着いたのは、空に向かって儚げに伸びるカラマツや白樺の枯れ木と、コバルトブルーが美しい「青い池」。日頃の疲れもスッと忘れるほど、心穏やかにしてくれるその美しさは、「美しい自然BEST3」 に入るほど(わたしの)。
実はこの池、約30年ほど前に起こった十勝岳の噴火の際に幾つか建設された堰堤が基となりできたものだとか。偶発的に人造池となった神秘的な池は、一生に一度は見て欲しい絶景です!

▲ローカル雑貨に出会う旅ページTOPへ

関東・甲信越地方

関東・甲信越地方 ローカル情報

群馬県
群馬県
粉もんがソウルフード♥

古くから小麦栽培が盛んな土地ならでは。例えば、「おっきりこみ」は農業と養蚕業で超多忙な主婦が考えた時短料理。「焼きまんじゅう」は濃厚な甘味噌ダレの焼き目が香ばしく、パクパクいけてしまうご当地おやつです。

写真「香ばしい焼きまんじゅう」
©ググッとぐんま写真館

群馬県
群馬県
県民だけが知っている、ご当地あるある【群馬編】

・お葬式の時の香典に「新生活」という種類がある。
・県内の小学校では「起立、注目、礼」と言う。

写真「草津温泉の湯畑」
©ググッとぐんま写真館

群馬県
群馬県
粉もんがソウルフード♥

古くから小麦栽培が盛んな土地ならでは。例えば、「おっきりこみ」は農業と養蚕業で超多忙な主婦が考えた時短料理。「焼きまんじゅう」は濃厚な甘味噌ダレの焼き目が香ばしく、パクパクいけてしまうご当地おやつです。

写真「香ばしい焼きまんじゅう」
©ググッとぐんま写真館

群馬県
群馬県
県民だけが知っている、ご当地あるある【群馬編】

・お葬式の時の香典に「新生活」という種類がある。
・県内の小学校では「起立、注目、礼」と言う。

写真「草津温泉の湯畑」
©ググッとぐんま写真館

▲ローカル雑貨に出会う旅ページTOPへ

中部・北陸地方

  • 花器と草花で
    ひとつのアートになる。

    一輪挿し

    ¥2,500〜¥4,525

中部・北陸地方 ローカル情報

福井県
福井県
こたつで水ようかん♥が普通

四角い箱に流し込まれてつくられる、甘さ控えめの瑞々しい水ようかん。冬になるとスーパーに並ぶ、身近なおやつとして愛されています。

福井県
福井県
恐竜化石の宝?!

実は、日本一の恐竜化石発掘量を誇る福井県勝山市。世界からも注目されている「福井県立恐竜博物館」には44体もの恐竜骨格や千数百もの標本、大型復元ジオラマが!

福井県
福井県
こたつで水ようかん♥が普通

四角い箱に流し込まれてつくられる、甘さ控えめの瑞々しい水ようかん。冬になるとスーパーに並ぶ、身近なおやつとして愛されています。

福井県
福井県
恐竜化石の宝?!

実は、日本一の恐竜化石発掘量を誇る福井県勝山市。世界からも注目されている「福井県立恐竜博物館」には44体もの恐竜骨格や千数百もの標本、大型復元ジオラマが!

▲ローカル雑貨に出会う旅ページTOPへ

近畿地方

近畿地方 ローカル情報

滋賀県
滋賀県
小学生の頃から養われる琵琶湖愛♥

日本で一番大きな湖、琵琶湖をもつ滋賀県。そんな滋賀県の小学生は5年制になると必ず学習船「うみのこ」に乗って、宿泊体験学習として、琵琶湖に繰り出します。赤こんにゃくなどの郷土料理を食べ、自然や環境を学ぶことで、滋賀県を大切に思う子供へと育っていくのです。

写真「琵琶湖とうみのこと富士山」
©(公社)びわこビジターズビューロー

奈良県
奈良県
スタッフの旅先情報♪

5月の奈良と言えば「藤」。しかも春日大社と近隣の万葉植物園の藤の園には毎年多くの観光客が訪れます。藤の花と言えば紫しか見た事がなかった私にとって、白やピンクの藤が新鮮で、甘い香りに包まれながら色とりどりの藤に癒されました。個人的には、きちんと手入れをされた藤の花よりも自生の藤が好きです。山の方を見上げると緑の木々の合間からのぞく鮮やかな紫色の藤は、とてもたくましく力強ささえ感じとれます。実は、奈良の名物の鹿に食べられないように高い所に咲くのだそうです。

滋賀県
滋賀県
小学生の頃から養われる琵琶湖愛♥

日本で一番大きな湖、琵琶湖をもつ滋賀県。そんな滋賀県の小学生は5年制になると必ず学習船「うみのこ」に乗って、宿泊体験学習として、琵琶湖に繰り出します。赤こんにゃくなどの郷土料理を食べ、自然や環境を学ぶことで、滋賀県を大切に思う子供へと育っていくのです。

写真「琵琶湖とうみのこと富士山」
©(公社)びわこビジターズビューロー

奈良県
奈良県
スタッフの旅先情報♪

5月の奈良と言えば「藤」。しかも春日大社と近隣の万葉植物園の藤の園には毎年多くの観光客が訪れます。藤の花と言えば紫しか見た事がなかった私にとって、白やピンクの藤が新鮮で、甘い香りに包まれながら色とりどりの藤に癒されました。個人的には、きちんと手入れをされた藤の花よりも自生の藤が好きです。山の方を見上げると緑の木々の合間からのぞく鮮やかな紫色の藤は、とてもたくましく力強ささえ感じとれます。実は、奈良の名物の鹿に食べられないように高い所に咲くのだそうです。

▲ローカル雑貨に出会う旅ページTOPへ

中国・四国・九州・沖縄地方

中国・四国・九州・沖縄地方 ローカル情報

広島県
広島県
スタッフの出身地自慢♪

古くは万葉集にも詠まれ、潮待ちの港として栄え、今も古い街並みが残る「鞆の浦(とものうら)」。アニメ映画「崖の上のポニョ」で広く知られるようになりました。
私の実家の近くで、母が10代のころアルバイトをしていた洋品店がある場所でもあることから、鞆の浦のことはよく知ってるつもりだったのですが、全然知らなかった!こんなに風情のあるところだったなんて。
福禅寺・対潮楼のお座敷から眺める、瀬戸内海と弁天島の景色は美しく、江戸時代の常夜燈や波止場や、当時の地図に描かれた道が今もほとんど残っているそうで、歩くとタイムスリップしたような気分が味わえます。

長崎県
長崎県
スタッフの旅先情報♪

いつか行きたいと思いながら、遠くて行けずにいた軍艦島に行ってきました。明治時代から1970年代閉山までの間、海底の石炭を採掘するために人々が移り住んでいた炭鉱で今は無人島となっていますが、上陸・周遊ツアー会社があるので上陸することができます。出航して約1時間、広い海に突如現れる真っ黒な建物群にテンション最高潮!
長崎と言えば、ちゃんぽんや皿うどん、カステラは有名ですが、私がはまったのが「よりより」と「ハトシ」。さらに、あごだしに付けて食べる「五島うどん」や、桃の形がかわいい桃カステラをお土産に。長崎ならではの食べ物に目移りしまくって帰りの電車に乗り遅れそうになりました。

広島県
広島県
スタッフの出身地自慢♪

古くは万葉集にも詠まれ、潮待ちの港として栄え、今も古い街並みが残る「鞆の浦(とものうら)」。アニメ映画「崖の上のポニョ」で広く知られるようになりました。
私の実家の近くで、母が10代のころアルバイトをしていた洋品店がある場所でもあることから、鞆の浦のことはよく知ってるつもりだったのですが、全然知らなかった!こんなに風情のあるところだったなんて。
福禅寺・対潮楼のお座敷から眺める、瀬戸内海と弁天島の景色は美しく、江戸時代の常夜燈や波止場や、当時の地図に描かれた道が今もほとんど残っているそうで、歩くとタイムスリップしたような気分が味わえます。

長崎県
長崎県
スタッフの旅先情報♪

いつか行きたいと思いながら、遠くて行けずにいた軍艦島に行ってきました。明治時代から1970年代閉山までの間、海底の石炭を採掘するために人々が移り住んでいた炭鉱で今は無人島となっていますが、上陸・周遊ツアー会社があるので上陸することができます。出航して約1時間、広い海に突如現れる真っ黒な建物群にテンション最高潮!
長崎と言えば、ちゃんぽんや皿うどん、カステラは有名ですが、私がはまったのが「よりより」と「ハトシ」。さらに、あごだしに付けて食べる「五島うどん」や、桃の形がかわいい桃カステラをお土産に。長崎ならではの食べ物に目移りしまくって帰りの電車に乗り遅れそうになりました。

▲ローカル雑貨に出会う旅ページTOPへ