ベビーカーの種類について

たくさんあるベビーカーの種類についてご説明します!

ベルメゾンのベビーカーSHOP

ベルメゾンのベビーカーSHOP

ベビーカーの種類について

初めてベビーカーを買うときに知っておきたいこと、ベビーカー人気ランキング、ベビーカーの選び方のコツや種類、ベビーカーでの外出時の便利なグッズなど。新米ママにお役立ちの耳寄り情報を、ベルメゾンのベビーカーSHOPがお届けします!

ベビーカーの種類について

ベビーカー選びの基本、タイプ別の違いをご紹介!

1ヶ月検診を境に、少しずつ増えていく赤ちゃんと一緒のおでかけ。目にするもの、耳にする音、手に触れるものや匂い、頬にあたる風……。どれもが赤ちゃんにとってははじめてのことばかり。たくさん一緒におでかけをして、赤ちゃんにいろいろなことを教えてあげてくださいね。
ところで、赤ちゃんとのおでかけになくてはならないものと言えば「ベビーカー」です。しかしひと口に「ベビーカー」と言っても、その種類はいろいろ。購入する際に迷わないよう、それぞれのタイプの特徴をしっかり把握しておきましょう。
ここでは寝かせた状態から使える「A型ベビーカー」、首や腰がすわってから使う「B型ベビーカー」、そして軽量で持ち運びがラクな「ベビーバギー」という基本の3タイプについてご紹介します。

A型ベビーカーとは?

まだまだ首がすわらない生後1ヶ月頃から使うなら「A型ベビーカー」を選ぶようにしましょう。この「A型ベビーカー」の特徴はベッドのように赤ちゃんを寝かせた状態で利用できること。さらに成長に合わせてリクライニングで背もたれの角度を調節して、2歳、3歳、4歳と長く使えるようにできるタイプも多くあります。「1台のベビーカーを長く使いたい」というときにはリクライニング機能がついたベビーカーをチェックするようにしてくださいね。
また、しっかりした構造で振動も少なく、安全性と快適性を重視してつくられていることが多いのもポイントのひとつですが、その分ベビーカー自体が大きく、重くなってしまいがち。折りたたみ時やスーパーマーケットなどの狭い通路などで場所を取ってしまったり、お出かけ先での階段の昇り降りに苦労する場面があるかもしれません。そういったことが気になるママは赤ちゃんの成長に合わせて「B型ベビーカー」や「ベビーバギー」などに切り替えるようです。また、購入前にきちんとサイズを調べておくことが大切ですね。
「A型ベビーカー」にはハンドルを動かすことで赤ちゃんとママが向き合える「対面式」と、赤ちゃんが進行方向を向く「背面式」に切替えられるタイプもあります。まだどちらのスタイルを赤ちゃんが喜ぶか分からない場合は、両方に対応する「A型ベビーカー」を選んでみてはいかがでしょうか?

B型ベビーカーとは?

首や腰がすわった7ヶ月ごろから使用できる「B型ベビーカー」。背面式でシートがイス状になっており、背もたれに寄りかかった姿勢で座れるのがこのタイプに当てはまります。商品によっては「リクライニング機能」と表示されているものがありますが、「A型ベビーカー」ほど赤ちゃんを寝かせられるような角度はなく、ゆったりと座れるくらいの調整になるものがほとんどです。
「B型ベビーカー」は軽くてコンパクトに折りたためる設計も大きな特徴。狭い通路でも通りやすく、使わないときには自動車のラゲッジスペースに入れても省スペース。さらに、赤ちゃんを抱っこしながら片手で運んだりすることも可能です。
このようにとっても使い勝手のいい「B型ベビーカー」ですが、軽くつくられている分安定感が悪く、赤ちゃんに振動が伝わりやすいのが弱点。ライフスタイルやよく行くおでかけ先などをイメージしながら選んであげてくださいね。また、「A型ベビーカー」に比べると価格も安いので、セカンドカーとして購入されることが多いのもこのタイプです。

ベビーバギーとは?

「ベビーバギー」は使用可能時期が「B型ベビーカー」と同じ生後7ヶ月頃からながら、さらに「B型ベビーカー」よりも軽くつくられているタイプです。
「ベビーバギー」は赤ちゃんを乗せることよりも持ち運び時の手軽さを重視しているのがポイント。たとえば車輪にサスペンションがついているものが少ないので、毎日長時間赤ちゃんを乗せて移動するのにはあまり向いていません。
「電車やバスでの移動が多く、ベビーカーを折りたたんで持ち運ぶことが多い」「普段は抱っこ紐やスリングでのおでかけが基本だけど、お出かけ先で万が一ベビーカーを使うかもしれないから持っていきたい」「歩ける距離が少しずつ伸びてきたけど、やっぱりまだベビーカーがあった方が安心」という家族ならぜひ検討したいタイプかもしれません。
また、「A型ベビーカー」「B型ベビーカー」と比べて購入価格を最も抑えられるのも、「ベビーバギー」の特徴のひとつです。