閉じる

2016年12月〜

新しい洗濯表示になりました!新しい洗濯表示になりました!

記号のデザインが新しく!種類も増え、より細やかに。記号のデザインが新しく!種類も増え、より細やかに。

5つの「基本記号」と、強さと温度の
「付加記号」の
組み合わせで構成されます。

5つの「基本記号」

基本記号

強さと温度の「付加記号」

[強さ] 基本記号の下に付加

線なし 通常の強さ、ー 弱い、ーー 非常に弱い

「線(−)」が増えるほど作用は弱くなります。

[温度] 基本記号の中に付加

<記号>「●」低 「●●」中 「●●●」高

タンブル乾燥やアイロンの温度は「点(・)」で表します。数が増えるほど温度は高くなります。

<数字>

数字は家庭洗濯での洗濯液の上限温度です。

[禁止]

X

基本記号と組み合わせて、禁止を表します。

【付記用語について】

記号で表せない取扱い情報は、必要に応じて、記号の近くに用語や文章で付記される場合があります。(例:「洗濯ネット使用」「裏返しにして洗う」「あて布使用」など)

新しい「取扱い表示」 〜新旧対応表〜新しい「取扱い表示」 〜新旧対応表〜

洗い方

旧表示 新表示 (2016年12月〜) 備 考
液温は95℃を限度とし、洗濯機で洗濯ができる  
液温は70℃を限度とし、洗濯機で洗濯ができる  
液温は60℃を限度とし、洗濯機で洗濯ができる  
液温は60℃を限度とし、洗濯機で弱い洗濯ができる  
液温は50℃を限度とし、洗濯機で洗濯ができる  
液温は50℃を限度とし、洗濯機で弱い洗濯ができる  
液温は40℃を限度とし、洗濯機で洗濯ができる  
液温は40℃を限度とし、洗濯機で弱い洗濯ができる  
液温は30℃を限度とし、洗濯機で洗濯ができる  
液温は30℃を限度とし、洗濯機で弱い洗濯ができる  
液温は40℃を限度とし、洗濯機で非常に弱い洗濯ができる  
液温は30℃を限度とし、洗濯機で非常に弱い洗濯ができる  
液温は40℃を限度とし、手洗いができる ※手洗いとは、手を使って「押し洗い(畳んだ洗濯物の上から手のひらで優しく押しては軽く持ち上げ、また押すを繰り返して洗う方法)」や「振り洗い(洗濯物は畳まずに、軽く振る、又は広げたり、すぼめたりなどして優しく洗う方法)」などの方法で優しく洗うことを指しています。 洗濯機を使う場合は、洗濯機の手洗いコースなどが、新しい「手洗い」の記号に対応しているか、洗濯機の取扱説明書やメーカーのウェブサイト等で情報をご確認ください。
※手洗いとは、手を使って「押し洗い(畳んだ洗濯物の上から手のひらで優しく押しては軽く持ち上げ、また押すを繰り返して洗う方法)」や「振り洗い(洗濯物は畳まずに、軽く振る、又は広げたり、すぼめたりなどして優しく洗う方法)」などの方法で優しく洗うことを指しています。 洗濯機を使う場合は、洗濯機の手洗いコースなどが、新しい「手洗い」の記号に対応しているか、洗濯機の取扱説明書やメーカーのウェブサイト等で情報をご確認ください。
家庭での洗濯禁止(家庭での水洗い禁止)  

ページTOPに戻る

漂白の仕方

旧表示 新表示 (2016年12月〜) 備 考
塩素系及び酸素系の漂白剤を使用して漂白できる 【漂白剤について】※塩素系漂白剤:使えるのは白物のみで、素材も限られる。
※酸素系漂白剤:基本的に白物や色柄物に使えるが、使えない素材もある。
※ご使用の際は、漂白剤に記載されている用途や注意事項、使用条件などをご確認ください。
酸素系漂白剤の使用はできるが、塩素系漂白剤は使用禁止
漂白剤の使用禁止  
【漂白剤について】※塩素系漂白剤:使えるのは白物のみで、素材も限られる。
※酸素系漂白剤:基本的に白物や色柄物に使えるが、使えない素材もある。
※ご使用の際は、漂白剤に記載されている用途や注意事項、使用条件などをご確認ください。

ページTOPに戻る

絞り方

旧表示 新表示 (2016年12月〜) 備 考
新表示では、絞り方は、「乾燥方法」に含まれることになり、絞り方のみの表示はなくなりました
(※「乾燥方法」は下部「乾燥の仕方(自然乾燥・干し方)」参照)
 
 

ページTOPに戻る

乾燥の仕方(タンブル乾燥)

旧表示 新表示 (2016年12月〜) 備 考
タンブル乾燥ができる
(高温乾燥:排気温度上限80℃)
【タンブル乾燥について】※左記のようなタンブル乾燥の記号があれば、洗濯物を回転させながら温風で乾燥する衣類乾燥機(洗乾一体型洗濯機や回転式衣類乾燥機など)を使用することができます。
「●」は乾燥温度を表し、「●●」はヒーターを「強(高温)」などに、「●」は「弱(低温)」などに設定します。
低い温度でのタンブル乾燥ができる
(低温乾燥:排気温度上限60℃)
【タンブル乾燥について】※左記のようなタンブル乾燥の記号があれば、洗濯物を回転させながら温風で乾燥する衣類乾燥機(洗乾一体型洗濯機や回転式衣類乾燥機など)を使用することができます。
「●」は乾燥温度を表し、「●●」はヒーターを「強(高温)」などに、「●」は「弱(低温)」などに設定します。
タンブル乾燥禁止 ※旧表示では文言にて「タンブラー乾燥はお避け下さい」と注意文言が入っていました。
※旧表示では文言にて「タンブラー乾燥はお避け下さい」と注意文言が入っていました。

乾燥の仕方(自然乾燥・干し方)

旧表示 新表示 (2016年12月〜) 備 考
つり干しがよい ※線1本(「ー」または「|」)は、脱水後に、線2本(「=」または「ll」)は濡れたままで(脱水や手などでねじり絞りせず)干します※「ぬれ干し」の際、水が垂れて干す場所がない場合は、水分を軽く取る程度に、タオルドライ(タオルに挟んで畳み、上から軽く押さえて水分を取る)などを行ってください※「斜め線(/)」は日陰を表しています
ぬれ(脱水や手などでねじり絞りせず)つり干しがよい
日陰のつり干しがよい
日陰のぬれ(脱水や手などでねじり絞りせず)つり干しがよい
平干しがよい
ぬれ(脱水や手などでねじり絞りせず)平干しがよい
日陰の平干しがよい
日陰のぬれ(脱水や手などでねじり絞りせず)平干しがよい
※線1本(「ー」または「|」)は、脱水後に、線2本(「=」または「ll」)は濡れたままで(脱水や手などでねじり絞りせず)干します※「ぬれ干し」の際、水が垂れて干す場所がない場合は、水分を軽く取る程度に、タオルドライ(タオルに挟んで畳み、上から軽く押さえて水分を取る)などを行ってください※「斜め線(/)」は日陰を表しています

ページTOPに戻る

アイロンのかけ方

旧表示 新表示 (2016年12月〜) 備 考
底面温度200℃を限度としてアイロン仕上げができる ※アイロンの記号内の「●」が多いほど高温となります。※従来の「当て布記号」の当て布記号は廃止となり、新表示では記号の下などに「当て布使用」など文言で記載されます。
底面温度150℃を限度としてアイロン仕上げができる
底面温度110℃を限度としてスチームなしでアイロン仕上げができる
※アイロンの記号内の「●」が多いほど高温となります。※従来の「当て布記号」の当て布記号は廃止となり、新表示では記号の下などに「当て布使用」など文言で記載されます。
アイロン仕上げ禁止  

ページTOPに戻る

クリーニングの種類

旧表示 新表示 (2016年12月〜) 備 考
※クリーニング店での洗い方となります
パークロロエチレン及び石油系溶剤によるドライクリーニングができる
 
※クリーニング店での洗い方となります
パークロロエチレン及び石油系溶剤による弱いドライクリーニングができる
 
※クリーニング店での洗い方となります
石油系溶剤によるドライクリーニングができる
 
※クリーニング店での洗い方となります
石油系溶剤による弱いドライクリーニングができる
 
ドライクリーニング禁止  
※クリーニング店での洗い方となります
ウエットクリーニングができる
※ウエットクリーニングとは、クリーニング店が特殊な技術で行うプロの水洗いと仕上げまで含む洗濯です。
※クリーニング店での洗い方となります
弱い操作によるウエットクリーニングができる
※クリーニング店での洗い方となります
非常に弱い操作によるウエットクリーニングができる
ウエットクリーニング禁止
※ウエットクリーニングとは、クリーニング店が特殊な技術で行うプロの水洗いと仕上げまで含む洗濯です。

【付記用語について】

記号で表せない取扱い情報は、必要に応じて、記号の近くに用語や文章で付記される場合があります。(例:「洗濯ネット使用」「裏返しにして洗う」「あて布使用」など)

ページTOPに戻る

閉じる