>   >  宅配クリーニングの歴史 宅配・保管クリーニングサービス
ベルメゾンのクリーニングサービス

-保管料0円、送料無料の宅配クリーニングならベルメゾン。

宅配クリーニングの歴史

宅配クリーニングの歴史と需要の変化。

昭和40年代にはすでに利用されていたという話があるほど、意外と古い歴史を持つ「宅配クリーニング」。近年では利用できるサービスも豊富になり、デラックス仕上げや、しみ抜き、撥水加工などさまざまなオプションを選べるようになりました。また、宅配クリーニングの代行業も登場し、より身近な存在に。料金もグッと安くなっていて、実際に布団や、コートなどをクリーニングに出してみると、想像以上に良い状態で戻ってきて驚くこともけっして少なくはありません。

クリーニングの歴史の始まり。

クリーニング工場で行われる「ドライクリーニング」は、水の代わりに汚れを溶かす洗剤を用いて洗う方法。この「ドライクリーニング」の始まりは、歴史を紐解くと1849年のフランスにいきつきます。1849年当時、仕立て屋のジョリー・ボランという人が、衣服についていた油性のシミがテレピン油で拭き取れるのを発見し、それを利用した洗い方を考案。現在では石油系の洗剤と、パークロロエチレンの2種類が「ドライクリーニング」に利用されています。この2つの洗剤を比較すると、石油系の洗剤はマイルドで、パークロロエレチンは強力という特徴があります。「ドライクリーニング」の利点は、皮脂などの汚れを効果的に取り除けるほか、水分の弱い衣類でも風合いを守れる、型くずれや衣服の縮みを防ぐ、色落ちしにくいなどの効果を得られること。家庭では洗濯できないスーツやセーターなども、「ドライクリーニング」なら美しく洗いあげることができます。

クリーニング技術の進化。

最近では技術の進化によってプロが利用するような洗剤も、家庭で使うことができるようになってきました。そのような洗剤を使用して、自宅クリーニングするのも一つの節約術。ただし、洗剤の種類や衣類によっては、色落ちしたり、繰り返しの洗濯で生地を傷めてしまうこともあるので注意が必要です。そんな時こそプロのクリーニングにお任せ!クリーニング技術の進化により、シミ抜きや生地の仕上がりもより優れたものへと進化してきています。日頃のお手入れはご家庭で行いながら、クリーニング店を賢く利用していきましょう。

長期保管サービスを利用するメリット。

近年、クリーニング店が実施している長期保管サービスを利用する人が増加していると言われています。長期保管サービスの始まったきっかけとしては、シーズンオフの洋服をクリーニング店で預かってもらいたいというニーズが増加したことが挙げられます。また、クリーニング済みの衣類をすぐに引き取る必要がない長期保管サービスは、仕事などで忙しいサラリーマンやOLにとっても非常にメリットが高いと言えます。このように、長期保管サービスは現代人にとっても高いニーズがある注目のサービス。ベルメゾンの宅配クリーニングでも、さまざまなプランをご利用いただけます。


ベルメゾンのクリーニングサービス


    ベルメゾンのクリーニングサービス

    -保管料0円、送料無料の宅配クリーニングならベルメゾン。