>   >  布団のダニなどがアレルギーの原因に 宅配・保管クリーニングサービス
ベルメゾンのクリーニングサービス

-保管料0円、送料無料の宅配クリーニングならベルメゾン。

布団のダニなどがアレルギーの原因に

少しの気遣いで変わる!防ダニ対策

アレルギーを引き起こす原因のひとつがダニ。ダニアレルギーの場合、ダニの死がいやフンを含む埃を吸い込むことで、鼻水や咳などの症状が現れることが多くあります。
ダニの死がいやフンは目に見えないものの、室内のあらゆる場所に存在。とりわけ、ダニが繁殖しやすい湿度やエサの環境が整っている布団では、多く存在していることが知られています。そのため、ダニアレルギーの発症を防ぐには、寝具を清潔に保つことがとても重要。面倒に感じても、こまめに布団をケアするようにしましょう。
まず取り入れたいのが、週に一度の掃除機がけ。布団の表と裏にゆっくりと掃除機をかけることでダニの死がいやフンが吸い込まれ、アレルギーの原因を減らすことができます。また、シーツや布団カバーにもダニはいますので、こまめに洗濯するとよいでしょう。さらに、長い間押し入れ等にしまっていた布団には多くのダニが存在します。掃除や洗濯で清潔にした上で、使用するのがおすすめです。
なにより効果的なのは、布団のクリーニング。丸洗い可能な布団であれば、もちろんご家庭で洗えますが、クリーニング店へ依頼すれば専門的なお手入れができます。
アレルギーの症状を緩和するだけでなく、アレルギーを発症しないためにも防ダニ対策を日頃から心がけましょう。

叩いてはダメ?布団の正しい干し方

喘息など、呼吸器系のトラブルの原因にもなるダニの死がいやフンは、布団を干すだけでは解決することができません。また、布団を干す際に「叩く」ことがよくありますが、これが逆効果であるということはあまり知られていないのではないでしょうか。
実は叩くことによって、死がいやフンが細かく砕かれてしまい、取れにくくなってしまうという事態に。そのため、布団を干したときには叩かず、軽く擦る程度にするのが一番です。
布団を干すこと自体は、ダニが大好きな湿気を取る上で効果的。できれば週に一回以上、表も裏も均一に干すようにしましょう。布団の臭いが気になってしまう場合には、除菌や消臭効果があるスプレーを使うのもおすすめ。ハウスダストが取れやすくなるスプレーなども、多く販売されています。
干した後には掃除機を使って、取りきれなかったハウスダストを取り除きましょう。こうするとダニのエサになるフケや垢などもきれいに取り除くことができます。また、布団だけではなく、枕も同じように清潔に。シーツも定期的に取り替えるようにしてください。

布団を長持ちさせる方法

布団を長持ちさせるためには、いくつかのコツを知っておく必要があります。
まず布団カバーを必ず使用すること。寝ているときに、体から出る汗や皮脂が布団本体に直接付着しないようにしましょう。また、天日干しでは一日中出しっぱなしにするのはNG。天日干しの本来の目的は、布団の湿気を抜くことなので、強い日差しは必要なく、風通しの良い明るい日陰で1日1〜2時間干せば十分です。それ以上の時間干しても、外側の生地を劣化させてしまうだけなので注意が必要です。干すときには布団カバーをつけたままにしましょう。これにより日差しの強い場所で干す場合でも、ある程度内側の生地の劣化を防ぐことができます。
前の項目でも述べましたが、布団を叩く必要はなし。力いっぱい叩くことで、綿など本体の繊維が傷ついてしまいますし、特に羽毛布団なら衝撃で内側のダウンボールが破壊される可能性も。ブラシなどで軽く表面をなでるだけでも、表面についた花粉や埃は落ちます。「布団を叩く」という作業をなくせば、家事の負担を減らせるだけでなく、布団の長持ちにもつなげることができます。

専門技術で布団を丸洗い!

布団のメンテナンスに、布団専用のダニクリーナーはとても便利。重くて大きい布団は、天日干しも困難ですし、外に置くことで花粉や粒子状物質が付着してしまう恐れもあります。さらに布団乾燥機も併用すると、湿気対策も行うことができます。
しかし布団をより長く快適に利用するなら、やはり専門技術のある業者で布団を丸洗いするのが安心でしょう。専門店での定期的なクリーニングは、家庭の掃除機では落とせない汚れや汗、シミなどをきれいに落とすことができ、ダニが繁殖しやすい環境を奪うことができます。
ベルメゾンネットのクリーニングサービスなら、往復送料無料で、綿布団も羽毛布団もクリーニング可能。長期保管や圧縮バッグ付きといったサービスもあるので、季節の変わり目や布団を交換するときに、ぜひ利用してみてくださいね。


ベルメゾンのクリーニングサービス


    ベルメゾンのクリーニングサービス

    -保管料0円、送料無料の宅配クリーニングならベルメゾン。