産褥(さんじょく)ショーツの選び方

産褥(さんじょく)ショーツの選び方

妊娠・出産・育児 完全ガイド

産褥(さんじょく)ショーツの選び方

産後直後から始まる悪露の手当てに使うのが産褥ショーツ。あなたにぴったりの一枚を見つけるためにも、普通のショーツとの違い、ベルメゾンオリジナルアイテムのこだわり、先輩ママの声などをぜひチェックしてみて♪

  • 時期別・お買い物リスト
  • 目次はこちら

産褥(さんじょく)ショーツの選び方

for Mama

購入の目安:約3〜5枚

毎日更新!産褥ショーツ売れ筋ランキング

※掲載している写真はイメージです。商品の販売が終了している場合がありますので、予めご了承ください。

産褥(さんじょく)ショーツの選び方

産後直後から始まる悪露(※)の手当てに使う、防水布もしくは撥水布付きのショーツです。産褥ショーツは寝たままの状態で脱がずにパッド交換ができるよう、クロッチ部分が開閉する作りになっています。
長時間寝ていてもモレない設計のものを3〜5枚、または入院日数分用意しておくと、洗濯の心配も要りません。大量の悪露で重くなるパッドを支えられるよう、フィット感の良いベア天竺素材などがお勧めです。退院後3〜4週間はサニタリーショーツとしても使えます。

なぜ必要?

お産直後は寝たままの状態で看護師さんがパッドを取り替えたり、悪露の色や量をチェックしたりするので、脱がずに手当てができる産褥ショーツが必要です。また、医師による診察時も、ショーツをはいたまま診察台に上がり、クロッチ部を開くだけでよいので、パジャマを汚す心配もありません。入院中は長時間寝たままのことが多いので、後ろモレしない設計のものがおすすめです。

(※)「悪露(おろ)」とは・・・胎盤がはがれたあとの血液や、分娩による産道の傷の分泌物などで、月経の出血のようなもの。出産直後から悪露が始まり、手当てが必要な期間は出産直後から3〜4週間くらいです。

産褥(さんじょく)ショーツの特徴

ベルメゾンのこだわり1.2.3

ベルメゾンの産褥ショーツには、ママの声を受けたこだわりポイントが詰まっています。

ベルメゾンのこだわり(1)
脚ぐりあたりにくい「丸カット」
快適に着用できるよう、すべての開閉部の角を丸くカットしています。つけ直す位置が少しずれても肌にあたりにくい作りです。
ベルメゾンのこだわり(2)
股下クロッチ部分の開閉
股下部分が開くので、脱がずにパッド交換ができます。入院中の処置や診察時にも便利。
ベルメゾンのこだわり(3)
後ろもれをガード
産褥ショーツには、クロッチ部分から腰にかけて防水布または撥水加工布を使っています。
産褥ショーツ、買ってよかった?

先輩ママさんの買ってよかった!
「普通のサニタリーショーツでは悪露に対応できません!」

看護師さんによる産後ケア時の必需品!
90%以上の先輩ママが「買ってよかった」と回答した産褥ショーツ。産後すぐに、悪露(胎盤がはがれた部分からの血液、リンパ液などが混じったもの)が始まり、最初は寝た状態で、看護師さんがパッドを換えたり、悪露の色や量をチェックします。そこで必要なのが脱がずにパッド交換できる産褥ショーツ。病院の入院グッズだけでは、枚数が足りない場合も多いようです。

関連アイテム用語

参考リンク