バレンタインとは?

日本のバレンタインはいつから?由来は?

バレンタインとは

バレンタインと言えば、女性が意中の男性に想いを伝えるためにチョコレートを贈る…というのが一般的です。

近年は、チョコレートのみならずネクタイやマフラー、手帳や万年筆まで様々なものが贈られ、義理チョコ以外にも友チョコ、頑張る自分へのご褒美チョコなどといったものが登場しています。

バレンタインの由来は?

色々な説がありますが有力な説は【モロゾフ】

バレンタインの由来は?

諸説ありますが、バレンタインというものが出てきたのが昭和11年1936年に洋菓子を扱っている専門店、モロゾフ株式会社が初めて提唱した説もあれば、メリーチョコが昭和33年1958年に東京の百貨店においてバレンタインセールを行ったのが始まりという説もあります。

その中でも特に有力な説が森永製菓が2月14日に新聞に公告を出した説です。
どの説も企業が商品を売る目的で普及させたといえるでしょう。

現在のように、女性が好きな男性にチョコレートを贈る日となったのは1970年代に入ったころからとされています。

また、なぜ2月14日になっているのかというと、キリスト教の聖職者であったヴァレンタインが処刑された日なのです。
当時、ローマ皇帝は結婚を禁止させていたという背景があったのですが、それに背き兵士たちを結婚させていたのがヴァレンタインでした。最終的には処刑され命を落としてしまうのですが、それが2月14日だったのです。
ここから2月14日が愛を誓う日となり、現在のようなバレンタインになったと言われています。

日本と海外での違い

バレンタインの過ごし方はそれぞれの国でこんなに違う

日本と海外での違い

日本では、女性が好意を寄せている男性に対して気持ちを伝える日となっているバレンタインデーですが、欧米においてはバレンタインは「恋人たちの日」とされていることが多い傾向にあり好意を寄せている男性に対して気持ちを伝える日というわけではありません。

ですので、海外では恋人同士で過ごし女性から男性ではなく男性から女性にプレゼントを贈ることの方が多く、花やメッセージカード、ほかにもアクセサリーなどもバレンタインの定番のプレゼントとなっています。

また、恋人に限定されず親しい人や家族とプレゼントを交換しあったりカードを贈りあったりすることもあるといいます。
インドやベトナムでも男性が女性に花束を贈るのが一般的で日本とは少し違っています。

イタリアにおいては、バレンタインの日に結婚をすると縁起がいいと言われていますので、この日にプロポーズをしたり、結婚を約束しあうカップルがたくさんいます。

フィンランドでは、友達の日でもあり、親しい友人や大切にしている友人とプレゼントを贈りあうこともあります。

同じバレンタインデーといっても国が変われば贈る相手が変わったり、恋人だけに限らず自分の周りにいる人すべてに感謝する日、気持ちを伝える日となっています。

2018年のバレンタイン

2018年は2月14日(水)

2018年のバレンタイン

2018年のバレンタインは水曜日。平日ということもあって、大切な人に会える方もいれば都合が合わなくて会えないという方もいるでしょう。

本命チョコというよりは、どちらかといえば義理チョコや友チョコ商戦が強くなるのではないかと予想されますが、前週末である2月10日〜2月12日は3連休となっていますので、ここでバレンタインを兼ねて大切な人や好意を寄せている人と会ったり、2月14日に向けて事前に準備をするのはいかがでしょうか。

バレンタインデーは気持ちを伝える日と多くの方が認識していますので、予定を合わせやすかったり時間を作ってもらいやすい傾向にあります。

まだまだ時間はあると思っていても、あっという間に過ぎてしまいますので、今年のバレンタインは何を贈るか早めに考えておいて損をすることはありません。

バレンタイン特集 2018