妊婦帯(腹帯・マタニティガードル)

妊婦帯(腹帯・マタニティガードル)とは

妊娠・出産・育児 完全ガイド

妊婦帯(腹帯・マタニティガードル)

お腹を支えて赤ちゃんを安定さたり、皮膚が薄くなったお腹を保温したり。安産祈願にも利用される妊婦帯(腹帯・マタニティガードル)も出産準備にお忘れなく。種類やサイズの選び方をチェックして、ぴったりのアイテムを探してくださいね。

  • 時期別・お買い物リスト
  • 目次はこちら

妊婦帯(腹帯・マタニティガードル)

for Mama

購入の目安:妊婦帯約2〜3枚、マタニティガードル約2枚

妊婦帯(腹帯・マタニティガードル)とは

妊婦帯とは
お腹が目立ってくる妊娠5ヶ月頃から使用する、筒型もしくはガードルと一体型のささえ帯です。
特に日本ではお産が軽い犬にあやかり、妊娠5ヶ月目の戌の日にさらしの腹帯を巻き、安産を祈願する慣わしがあります。
妊婦帯(腹帯・マタニティガードル)はお腹を支えて赤ちゃんを安定させ、保温する役目を持った大切なアイテムです。
形や機能には様々なタイプがあるので、使いやすいものを選んで。

「つけるとなによりもラク」妊婦帯・マタニティガードル

妊婦帯つけてよかったですか?
Q.なぜ必要?

お腹が大きくなると皮膚が薄くなり、表面積が増えて冷えやすくなります。
更に重くなると支えも必要に。妊婦帯には大きなお腹を支え、妊婦さんと赤ちゃんを冷えから守るという、大切な働きがあります。お腹の重みを支えるため、体が反ってつらい時や、腰痛対策にも欠かせません。また、産後の筋肉や皮膚を妊娠前の状態に戻りやすくするという働きもあるといわれています。

先輩ママの声
「お腹が冷えず、安定感があった。」
(みるくぷりさん)

「お腹が出ていない時は必要性を感じなかったけど、後期につけたらお腹の重みを支えてくれてよかった。」(mihoko.yさん)

妊婦帯(腹帯・マタニティガードル)の特徴

妊婦帯のタイプ&サイズ選び

締め付けるのではなく、お腹を下から支えるのがよい妊婦帯。筒型の腹帯タイプと、パンツ型のマタニティガードルタイプの二種類があります。

妊婦帯のタイプ

お腹を保温して、つけ心地ゆったり。
腹帯タイプ
保温力とソフトなつけ心地が特長。筒型で脱ぎ着がラク。のんびり過ごす時やスカートスタイルにピッタリ。
サポート力が調節できます
伸縮性に優れ適度にサポート
手軽にサポートできる
お腹の重みを支えてお出かけにも。
ガードルタイプ
サポート力の高さが特長。お出かけの時やパンツスタイルにピッタリ。
パンツスタイルもすっきり

サイズ選びの目安

●妊娠前サイズSまたはM → マタニティ M
●妊娠前サイズL → マタニティL
●妊娠前サイズLL → マタニティLL

身長 M 150〜160cm L 155〜165cm
妊娠前 体重 M 45〜54kg L 51〜60kg
妊娠前 ウエスト M 56〜63cm(洋服サイズ7〜9号) L 63〜70cm(洋服サイズ11〜13号)
妊娠前 ヒップ M 80〜90cm(洋服サイズ7〜9号) L 88〜98cm(洋服サイズ11〜13号)

※上のサイズ表でLが2つ以上ある方はマタニティLをお選びください。

関連アイテム用語

参考リンク

毎日更新!妊婦帯売れ筋ランキング

※掲載している写真はイメージです。商品の販売が終了している場合がありますので、予めご了承ください。

ベルメゾンは「プレママタウン」
「ベビータウン」を応援しています。

妊娠・出産が初めてのあなたをサポート
『プレママタウン』

妊娠・出産が初めてのあなたをサポート『プレママタウン』

●妊娠期(初期・中期・後期)にあわせたコンテンツが満載!「妊娠期別目次」
●会員登録すると、あなた専用の「体重管理グラフ」や「妊娠出産準備リスト」が使える。

出産・育児を妊娠期からサポート
『ベビータウン』

出産・育児を妊娠期からサポート『ベビータウン』

●「妊娠・育児大百科」でベビーの月齢に合わせたアドバイスをチェック。
●会員登録すると、ポイントキャンペーンに参加できる!もれなくコースor抽選コース、どちらに応募する?