お歳暮ギフトを贈る際のマナー

お歳暮の由来やお歳暮の人気商品などのお役立ち情報をコラム風にまとめました。

ベルメゾンネットTOP > 食品・スイーツTOP > お歳暮特集 > お歳暮ギフトを贈る際のマナー

初めての方も安心のお役立ちコラム お歳暮豆知識

お歳暮特集トップへ戻る

【お歳暮ギフトを贈る際のマナー】

お歳暮は基本的に1年の締めくくりとしてお中元よりも重視されているもので、お中元を贈った相手には必ずお歳暮も贈るのがマナーとされています。贈る時期は12月初旬から15日頃とされており、元々はお正月の準備等を始める12月13日頃からが一般的とされていましたが、早い場合は11月の中旬頃からでも準備は十分に間に合います。価格の目安としては大体3000円以上10000円ぐらいまでとされており、お世話になった相手にはできるだけ良いものを贈り、親戚や知人等には5000円前後が好ましい価格となっているようですから、あまりにも安すぎるものを選んで、お歳暮ギフトとしてのマナーを外れるような事は無いように心がけるのが最良です。宅配便で送る場合には挨拶状を同封するのが良いともされており、喪中の時には時期をずらして寒中お見舞いとして贈るのがマナーなので、それらについても考慮しておき、相手の状況にあったお歳暮ギフトの送り方をするように覚えておくと、マナーある社会人として相手から見てもらえます。

お歳暮特集トップへ戻る