のしや包装はどうすればいいの?

お歳暮の由来やお歳暮の人気商品などのお役立ち情報をコラム風にまとめました。

ベルメゾンネットTOP > 食品・スイーツTOP > お歳暮特集 > のしや包装はどうすればいいの?

初めての方も安心のお役立ちコラム お歳暮豆知識

お歳暮特集トップへ戻る

【のしや包装はどうすればいいの?】

古来より日本では神様にお供え物をする時に包み方の作法がありました。お供え物を和紙で包み、上から数本の紙撚りを束ねたもので切結びにして奉納していたのです。現代の「のし紙」の様式は鎌倉から室町時代の宮中の礼法に起原があるとされています。それが明治時代以降に庶民の間にも取り入れられ簡素化が進み、今のような一枚の紙に水引やのしのデザイン画が印刷されたものになりました。のし紙の選び方は、目的に見合ったデザインを選ぶことが大切です。お祝い事やお悔やみ事でデザインが違い、水引の色や本数、そして結び方とのしの有無により使い分けが必要です。のし紙の左右の端が贈答品の裏面で重なる場合、お祝いごとの贈答品にはのし紙を慶事掛けにして、お悔やみ事の贈答品にはのし紙を弔事掛けに区別して重ね合わせます。のし紙の水引の色にも使い分けがありますから注意しましょう。最近は、百貨店のお中元やお歳暮の包装が簡易化しています。お歳暮と印刷された紙を貼り付けただけというものが送られるようになりました。環境と自然保護のためとしていますから、これからは贈り物のマナーで包装に神経質になる必要ないのかもしれません。

お歳暮特集トップへ戻る