ベネビス30周年

私とベネビスの30年間の歩みをご紹介。

私とベネビス

シンデレラは、
ようやく自分にあう靴に
出会えた

投稿者:SAURAさん 埼玉県 48歳

市販の靴を履いても、どうにもこうにも足が痛かったり、ぱかぱかしたりで長い距離歩けない日々。

足は第二の心臓という話もあるので、あるとき、靴と真剣に向き合わなくては、と思い立ちました。

近場の靴のための足を計測してくれるお店に行き、計測。

細めのため、靴はEまたは2Eということがわかりました。

ところが、市販の靴は、どれも3E、4Eばかり。
どうりで合う靴がないわけだとあきらめていた私でした。

ある日、ベネビスのカタログを見ていて、2Eの靴を発見。

しかも、私がほしいと思っていた、甘すぎない、すてきなデザインのパンプスです。

いままで、どんなパンプスも何かしら我慢しないとはけなかったので、届くまではどきどきでした。

届いて箱をあけ、いざ、試着。
ああ、なんていいデザイン。
返品するのはいや。
一応、室内を歩いてみても大丈夫だけど、いつも、長距離歩くと痛くなるのよね・・・。
思い切って、はいて外へ。
駅へ。
職場へ。
帰ってきて驚きました。
パンプスを履いているのを忘れていたぐらい、何のストレスもなく帰ってこられたのです。
これはきっと、きめこまやかなサイズ設定のおかげ。
ベネビス様々です。

シンデレラは、ようやく自分にあう靴に出会えたのでした。
なんちゃって。

私とベネビスTOPに戻る