ベルメゾン 暮らしのコラム

【初心者向け】手作りアルバムを簡単にかわいくするコツ&準備するもの

【初心者向け】手作りアルバムを簡単にかわいくするコツ&準備するもの

2020.12.23

アルバム・CD・DVD収納ファイル

友だちの誕生日や結婚式、彼氏との記念日、子どもの卒園式、お世話になった同僚の退職……お祝いやお礼の気持ちを込めて、思い出の写真を集めた手作りのアルバムをプレゼントしませんか?「かわいくデコりたいけれど、何から始めればいいの?」という方へ、アルバムを作る時に用意するもの、手順、簡単デコレーションのアイディアまで一挙ご紹介します!作ったことがない方にはちょっと難しそうに感じるかもしれませんが、便利なアイテムや身近なグッズを使えば簡単におしゃれなアルバムを仕上げることができますよ。初めての方でもすぐにできる方法を、順を追ってお伝えしていきます。

【作り始める前に!】確認&準備4Step

アルバム作りをスムーズに進めてステキに仕上げるためには、準備が大切!製作に取りかかる前に用意するもの、おこなっておくことについて解説します。

★Step1★ アルバムのタイプを選ぼう

まずはアルバム選び。そしてそのアルバムに合った枚数の写真をセレクトしていきます。 後で「この写真も入れれば良かった…」とならないように、手持ちの写真全体をチェックして 選んでいきましょう。良い写真ばかりで迷う時は、消去法で少しずつ絞り込んでいくとスムーズですよ。

ポケットタイプのアルバム

【写真をポケットに入れるタイプのアルバム】

スタンダードなポケット収納タイプのアルバムは、何と言ってもそのままスムーズに写真を出し入れできる事!このままじゃちょっと写真が寂しいかな?という時にも、シールやペンでデコレーションして簡単に収納できますよね。シンプルで落ち着いたデコレーションが好きな方や、ささっと写真を可愛くしたい方におすすめです。また、写真が傷みづらいのもポケットタイプのよいところでしょう。

>>>ポケットタイプアルバムを探す

貼るタイプのアルバム

【写真を貼るタイプのアルバム】

シンプルでアレンジしやすいのでデコレーションに特にこだわりたい!という方におすすめなのが、台紙に仕切りがない貼るタイプのアルバムです。ポケットタイプ以上にデコやコラージュが自由自在。ブラックの台紙が、写真やカラフルな装飾を引き立ててくれるのもうれしいポイント。全体のデザインがシンプルなので、どんなテイストのデコレーションにも合いますよ!

>>>貼るタイプ・フリー台紙のアルバムを探す

★Step2★ アルバム全体のテイストを決める

デザインを考えたりデコレーションの素材を集めたりする前に、贈る相手の好みや雰囲気をイメージして「ナチュラル」「スタイリッシュ」「マリン風」「ファンシー」「ゴージャス」など、アルバム全体のテイストを決めてみましょう。統一感が生まれ「センスが良い〜!」と言われるアルバムに仕上げることができます!

★Step3★ 使う写真を台紙に並べてみる

全体の流れをイメージするために、どのページにどの写真を使うかを考えて順番に並べてみましょう。いきなり写真を台紙に貼り付けるよりも失敗が少なくなります。並べ終わったら、写真の裏にページ数または貼る順番を書いておくと、後で「この写真、どこに貼るんだったっけ?」とならずにすみます。

【アイディア満載!】おすすめのデコレーションアイテム紹介

さあ、いよいよデコレーション!写真を貼る位置を確認しながら、より華やかに引き立てるように台紙を装飾していきましょう。写真を貼るのはなるべく最後にするのがポイントです。 ここでは、マスキングテープやシールの使い方、文字の入れ方、意外と使えるこんな素材など、写真をデコレーションするアイディアを8パターンご紹介していきます。

活用法は無限大!マスキングテープでかわいく装飾♪

写真や台紙の枠に合わせて真っ直ぐ貼りたい時はハサミで切りますが、装飾として使う場合はあえて手でざっくりちぎる方が、こなれた雰囲気が出せます。 マスキングテープでスタンダードに写真を固定するのはもちろん、台紙や写真の周りに貼ってフレームのようにしてもおしゃれです。リボンやフラッグの形に切ってシールのように使ってもかわいいですよ。

貼るだけで簡単に!シールでかわいくデコ

「不器用だから細かい作業は苦手…」という方へのお助けアイテムは、何といってもかわいいシール!シールのデザインはもちろん、素材感も全体のテイストに合わせて選ぶとまとまりが出ます。あまり多用しすぎず、ポイント使いした方がよりセンス良く見えるでしょう。

キラキラのペンを使ってゴージャスに

余白が多い写真には、写真に直接書けるペンを使って文字を入れてみましょう。メタリック系のキラキラペンは、黒い台紙にもとても映えますよ!文字以外にも星やキラキラマークを散らせば、笑顔の思い出がいっそう輝くかも。 また、シンプルに日付や場所の名前をいれるだけでもなかなかかっこよく見えたりします。

毛糸を使えば温かい雰囲気のアルバムが完成!

ここまでご紹介したデコレーションの定番アイテム以外にも、アルバム作りに生かせるものは身近にたくさんあります。
例えば毛糸。写真の周りを囲んでフレームにしたり、リボン型に結んだり、2〜3色を合わせてもおしゃれです。温かくふんわりした雰囲気のアルバムになります。 特にこの方法は貼るタイプに向いているかもしれません。ポケットタイプに使用する場合は、ポケットの外にワンポイントでリボンやお花などを付けると可愛いですね。

レースペーパーで手軽に“ナチュラルかわいい“を演出

100円均一ショップなどで手軽に買えるレースペーパーが、アルバム作りに大活躍!ページの端に合うように切って背景にしたり、小さく切ってワンポイントにしたりすれば、ガーリーな雰囲気が出てグッと盛り上がります。スタンプでアクセントを加えてもいいですし、マスキングテープとの相性も◎

雑誌やカタログの切り抜きでおしゃれコラージュ

貼るタイプアルバムデコレーションの真骨頂とも言えるコラージュ。読み終わったファッション雑誌や通販カタログのおしゃれなページを切り抜いて活用する方法です。かわいい小物の写真やイラストをシールのように使ったり、きれいな模様を細長く切り取ってテープのように貼ったりするなど、アイディア次第でおしゃれなデコレーションに!
ポケットタイプの場合には、わざと空いたポケットを作っておしゃれな小物のページや可愛い服のページなどを差し込んでも素敵かもしれません。

ソーイングボックスに眠っている端切れ

ソーイングボックスに入れたままになっている布の端切れはありませんか?かわいいけれど何かに仕立てるには足りず、かといって捨てるのはもったいない…そんな端切れを活用させてみましょう!ハートや星などの形に切り抜いて使ってもいいですし、あえて端をほつれさせてざっくり貼り付けても手作り感が出ていい感じに仕上がります。布用のペンやスタンプを使って文字などを入れてもおしゃれです。

かわいいペーパーナプキンの透け感とデザインを生かして

ホームパーティに便利で、最近はデコパージュに使う人も多い、100円均一ショップや雑貨店などで手に入るカラフルなペーパーナプキン。モチーフをハサミで切り抜いたり、手でちぎったりと、扱い方次第でいろいろな雰囲気が出せます。透け感があるので、平面のアルバムでも立体感を演出することができるでしょう。

まとめ

プレゼントにおすすめのアルバムを作る手順、アイテムやコツをご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。ハードルが高く感じる手作りアルバムも、身近なグッズやちょっとした工夫で意外と簡単にかわいく仕上げることができます。ぜひ参考にして、ステキなアルバムを作ってみてくださいね!

この記事を気に入ったら...

TOPに戻る

暮らしのコラムTOP