土鍋は、冬の鍋料理だけじゃない。

土鍋は、冬の鍋料理だけじゃない。

土鍋は、冬の鍋料理だけじゃない。土鍋は、冬の鍋料理だけじゃない。

新米をふっくらおいしく炊いたり、
焼き物、煮込み料理もお手のもの。

お手入れが簡単で
毎日使える土鍋があれば、
料理の幅も広がるし、腕もちょっと上がった気分。

【まいにち土鍋】があれば、
食欲の秋をもっと楽しめそう。

お肉を炒めて、そのまま煮込む。

お肉を炒めて、そのまま煮込む。

油をひいて、お肉を炒める。
そのまま煮込んで、シチューのできあがり。

土鍋で「炒める」ができれば、
シチューもカレーもこの鍋ひとつでできるのがうれしい。

DAYS」TOPへ

ほっくほくの焼き芋も。

ほっくほくの焼き芋も。ほっくほくの焼き芋も。

秋が深まると、食べたくなるのが焼き芋。

アルミホイルで包んで、
弱火で加熱。

それだけでこんなにほっくほくの焼き芋ができるなんて。

DAYS」TOPへ

もちろん、ごはんもおいしく炊ける。

もちろん、ごはんもおいしく炊ける。もちろん、ごはんもおいしく炊ける。

土鍋で炊いたごはんのおいしさは、格別。

かまど炊きにも負けない
格別のおいしさに炊き上がる
「まいにち土鍋」。

そこにおこげができていれば、
もう、いうことなし。

DAYS」TOPへ

炊く、焼く、煮込む、炒める。それができる理由がたくさん。

炊く、焼く、煮込む、炒める。それができる理由がたくさん。炊く、焼く、煮込む、炒める。それができる理由がたくさん。

土鍋を使うと、遠赤外線効果でじわじわあたためるから、
中までしっかり火が通っておいしく仕上がる。

その土鍋をまいにちの料理に使えるのは、
お手入れがカンタンで、
耐久性にすぐれているから。

使いやすいポイントがたくさんあるから、
「まいにち」使えるんだなあ。

DAYS」TOPへ

ひとつ、ひとつ。ていねいに。

ひとつ、ひとつ。ていねいに。ひとつ、ひとつ。ていねいに。

陶器の町として知られる有田で、
陶器づくりに熱意を燃やす、あるメーカー。

何度も何度も自社内で試験をし、
できた商品を使って自ら料理をして、
商品の使いやすさや耐熱性を調べる社長。

こうやってひとつひとつ、ていねいにチェックして作られているから、
「まいにち」使える、かしこい土鍋ができたんだな。

DAYS」TOPへ

DAYS」TOPへ

ショッピング

日々の暮らしの中に、さわやかな刺激を