集中力が育つ、学習机。

集中力が育つ、学習机。

集中力が育つ、学習机。集中力が育つ、学習机。

子どもの学習環境づくりは、
最初が肝心。

いちばんに考えたいのが、
「勉強に集中できる」かどうか。

どうすれば、子ども自身も集中して勉強に取り組めるのか。
そこを徹底的に考える。

商品開発を担当したバイヤーが
想いを語ってくれました。

集中できる、という環境。

集中できる、という環境。

学習机を買ったのはいいけれど、
机の上に教科書やお気に入りのおもちゃなどを
置いているので、子どもが勉強に集中できていない…。

お宅訪問に行った時や、社内のママから
よくそういった話を聞いていました。

それを考えた時、子どもがムリなく
集中できる学習机をつくれないか、と思ったのが
キッカケでした。

DAYS」TOPへ

気が散らない天板。

気が散らない天板。気が散らない天板。

そこで考えたのが、
「天板の上に何も置かないようにする。」
ということでした。

やっぱり前に棚があると
勉強に関係ないものを置いてしまいがち。

だから、シンプルなデザインで
天板の上には何も置かず、
視界に気が散るものがない、
というのが理想だと考えました。

教科書やノート、プリントなどを
十分に広げられるスペースがあれば、
勉強に集中しやすくなると思ったんです。

DAYS」TOPへ

片づけ上手な引出し。

片づけ上手な引出し。片づけ上手な引出し。

天板の上に何も置かない、というために
机につける引出しも片づけやすい工夫が
必要だと思いました。

文房具などをきちんとしまえるように、
稼働できる仕切りをつけました。

あとは、子どもが自分で何をどこに戻せば
いいかがわかりやすいよう、
シールもつけています。

子どもが自分で整理整頓ができれば、
ママもラクかな、とも思ったんです。

DAYS」TOPへ

手が届きやすい収納。

手が届きやすい収納。手が届きやすい収納。

お宅訪問などでよく見かけたのは、
天板の奥に教科書や辞書を
置いている人がかなり多い、ということでした。

机の下に収納できる
ワゴンやサイドラックがあれば、
天板も広く使えるし、
机の上に何も置かない、という状態が
キープできると考えたんです。

さらに座った姿勢を崩すことなく、
スムーズに出し入れできれば、
集中力も途切れにくい。

さらにサイズラックと天板の高さを揃えれば、
作業スペースを広げられる、
というところにもこだわりました。

DAYS」TOPへ

学校用家具づくりの経験があるメーカーさまと共に。

学校用家具づくりの経験があるメーカーさまと共に。学校用家具づくりの経験があるメーカーさまと共に。

明治中期に創業し、生徒用机・椅子、跳び箱などを作っている「SUGI工場」。材料から徹底して国内生産にこだわり、
日本の子どもたちが安心して
長く使える家具づくりを
ずっと続けているメーカーです。

何といっても学習机を使う主役は、子どもたち。

安心・安全で子どもと環境に配慮した
製品づくりを続けている
メーカーの方たちの熱い想いも
込められているアイテムたちです。

DAYS」TOPへ


のアイテムを見る

 

DAYS」TOPへ

ショッピング

日々の暮らしの中に、さわやかな刺激を

url url url url