子どもがいても我慢しないインテリア

子どもがいても我慢しないインテリア

子どもために、わたしのために。子どもために、わたしのために。

親子は、生活のパートナー。

どちらかが主役になるのではなく、
みんなが楽しく幸せに、が目標。

子どもがうれしいと親もうれしい。
わたしが笑うと、子どもも笑う。

そんな気持ちを大切にした
暮らしづくり、モノ選びをしたい。

インテリアになじむ、学習机。

インテリアになじむ、学習机。

リビングで勉強することが多くなってきたこの頃。学習机を買うならリビングに置きたい。
だから、インテリアになじむシンプルなものにしたい。
でも、子どもも勉強しやすいものがいい。

すっきりしたデザインと
天板の上に何も置かないから集中しやすい工夫。

この学習机、子どもにも、わたしにもうれしいことがたくさん。

DAYS」TOPへ

あの一瞬が鮮やかによみがえる。

あの一瞬が鮮やかによみがえる。あの一瞬が鮮やかによみがえる。

写真をデータで残す、という人も多いけれど、
わたしは断然プリントアウト派。

それはわたしが子どもの頃、家族でアルバムを見て、
昔の話をみんなですることがよくあったから。

だから、わたしもアルバムにまとめて、
子どもと一緒に写真を見ながら、色んなことを語る。

600枚も入るから
ちょっと迷ったものも一緒にプリントアウト。
それが意外といいネタになったりするから、またおもしろい。

生地張りだから、
リビングに置いてもインテリアに馴染むのも、
いいな、って思ってる。

DAYS」TOPへ

大人と子どもで、デザインがそろう美しさ。

大人と子どもで、デザインがそろう美しさ。大人と子どもで、デザインがそろう美しさ。

子ども専用のチェアもあるけれど、せっかくなら、大人と一緒のデザインのほうが
子どももきっとよろこぶはず。

そう思って大人とデザインを揃えて大正解。

子どもは自分からチェアに座ってくれるし
インテリアにもなじむ。

大人と子どもで、デザインが揃うって、美しい。

DAYS」TOPへ


のアイテムを見る

 

DAYS」TOPへ

ショッピング

日々の暮らしの中に、さわやかな刺激を

url url url url url url url url url url url url url url