コートのように着られる割烹着

細かなところまで気の利いた仕様

お洋服のように羽織れるのに頼れるお洋服のように羽織れるのに頼れる

こんにちは。
ベルメゾンデイズ/プランナーの松浦です。

今年はまだまだ暑い日が続いていますが、
9月に入り、そろそろ長袖を着る時期も近づいてきています。
今日は、少し肌寒くなる時期にピッタリの、エプロンならぬ割烹着のご紹介です!

さっと羽織るだけ、着るのがラクラク

さっと羽織るだけ、着るのがラクラク

夏のお料理時はエプロンが暑く、家着に着替えることもあり、
あまりエプロンは付けない派です。

ただ、冬着のモコモコ服に油を飛ばしてしまった時の洗濯の面倒さを考えて、
秋冬はエプロンを着る率がやや多いのですが、
被るのが面倒だったり、結局腕や手元は汚れてしまうのが不満でした。

そんな私にピッタリ!しっくり!来たのが、この割烹着です。

ジャケットのように羽織るだけなので、なんせ被る面倒さが無いんです。
ヒモではなく、パッチンと留めるボタンタイプなので、留めるのもとってもラク!

エプロンすら面倒なわたしにピッタリです。

DAYS」TOPへ

手元をピタッと止めてくれる

手元をピタッと止めてくれる手元をピタッと止めてくれる

割烹着の生地自体はリネン混のしゃりしゃりとした生地なのですが、
袖の部分だけは、ゴムが入ったリブの仕様。

長袖を着ていると、料理中・食器洗い時に、
袖が落ちてきて濡れてしまうイライラを感じることってありませんか?

このリブ仕様だと、しっかり中に着ているお洋服も一緒に裾がしっかり捲れるので、
袖が濡れたり汚れたりする心配がありません。

しっかりとしたリブなので、肘までではなく、腕の途中でも
あまりずれないのがお気に入りポイントです。

DAYS」TOPへ

気が利いてる賢い仕様@

気が利いてる賢い仕様@気が利いてる賢い仕様@

キッチンでに立っていると、手が濡れることはしょっちゅうです。
その度に、タオルハンガーで手を拭くのは、ずぼらなわたしには面倒事の1つ。

この割烹着は、ポケットにタオルのようなパイルの生地が使われているので、
ちょこっと濡れただけの手は、ポケットでささっと拭いてしまいます。
パイル生地で厚みがあるからか、そんなにポケットが濡れることが気になりません。

DAYS」TOPへ

気が利いてる賢い仕様A

気が利いてる賢い仕様A気が利いてる賢い仕様A

拭けるポケットの内側は、実は内ポケットまでついています。
内ポケットはスマホが縦向きにちょうど入るサイズなので、
ポケットの中でスマホが変な向きになることもなく、レシピを見る時に、
スマホをどこに置いたか、分からなくなることもありません。
小さいとこまで気の利いた、賢い仕様なのです。

DAYS」TOPへ

お洋服として申し分ないデザイン

お洋服として申し分ないデザインお洋服として申し分ないデザイン

所詮は家で着るための割烹着。
なのですが、まるでロングコートのように、
ボタンが見えないデザインだったり、
生地の違うポケットだったり、がオシャレに見えます。

なので、ゴミ出しに外に出る時はもちろん、
お買いものへ行く時も、まるでお洋服のように、
この割烹着をお供に出かけています。

油まみれにならないように、洗濯をこまめにしながら、
ジャケットの1つとして長くお付き合いしてく予定です。

DAYS」TOPへ


のアイテムを見る

DAYSの割烹着

DAYS」TOPへ

ショッピング

日々の暮らしの中に、さわやかな刺激を