床でくつろぐ

家族がなごむ。床の暮らし

床に座ると、ホッとする床に座ると、ホッとする

家に帰って、一番ほっとするのは
床にぺたんと座った瞬間。
つくづく日本人だなあと思う。

目線が低くなると天井が高く見えて、
空間が広がった感じがする。

思い切って、
リビングを和スタイルに変えてみた。
家族みんなが寄り添える、心なごむ部屋になった。

さっと座卓を出して、和風のおもてなし。

さっと座卓を出して、和風のおもてなし。

改まったお客さまでも
床に座って座卓を囲めば、
心がゆるんで、話しが弾むはず。

この座卓、脚が折りたためるので
出したりしまったりが簡単。
予定外に人数が増えても、ちょっと詰めればOK。

座ると背筋がシャキッと伸びるので、
生け花や習字のおけいこにもいいみたい。

子どもたちのリクエストで
たまにはゴハンもここで。
いつもと違う雰囲気が楽しそう。

座るって、改まったり、くつろいだり、笑ったり
いろんな時間を届けてくれる。

DAYS」TOPへ

膝をつきあわせて、たくさん話そう。

膝をつきあわせて、たくさん話そう。膝をつきあわせて、たくさん話そう。

実は、床に座るのが苦手。
とくに正座は5分ともたない。

そんな私でも、ラクに座れるのがこのクッション。
あぐらをかきやすい高さに計算されていて、
あるのとないのでは大違い。

お客さまにも、座布団代わりにすすめている。

夫婦で、親子で、たくさん話したいときも
このクッションに座って。
床に座ると、素直な気持ちになれそうで。

DAYS」TOPへ

あっという間に和室の雰囲気に。

あっという間に和室の雰囲気に。あっという間に和室の雰囲気に。

リビングにはラグ、とずっと思い込んでいた。

ところが、この置き畳を並べてみると、
今までのインテリアとも
しっくりなじんで、
もうラグには戻れないほど気に入ってしまった。

私は畳の凛とした空気感が好きだけど
主人や子どもは、
ごろごろできるところがいいらしい。

DAYS」TOPへ


のアイテムを見る

DAYSの和スタイル

DAYS」TOPへ

ショッピング

日々の暮らしの中に、さわやかな刺激を