自由に使える小さな家具たち

小さな収納家具

自由に使える小さな家具たち自由に使える小さな家具たち

年末が近づいてくると
家のあちこちの片付けが悩みの種に。

クローゼットからあふれている服や靴。
床に積んだままの雑誌や本。
リビングのあちこちに出しっぱなしの小物。

そんなとき、お役に立つのが
家中どこでもマルチに使える小さな家具たち。

一度置いたらなかなか動かせない大型家具と違って
置き場所も、使い方も自由に変更できるところが魅力。

小さな家具の、大きなチカラを借りて
パパっと片付けてしまいましょう。

運ぶ、しまう、作業する。

運ぶ、しまう、作業する。

ワゴンなのに持ち手がなく、キャスターが見えない。
作業台にもなるフタ付き。
これがいろいろ使える理由。

キッチンからダイニングへ食事などを運ぶワゴンとしてはもちろん、
フタを作業台にして
テーブルサイドでお料理を取り分けることもOK。

ソファー横でサイドテーブル代わりに。
子どものランドセルラックにしてもちょうどいいサイズ。
趣味の道具をまとめて、
メイク&ケアグッズを一式、
大人のドリンクコーナー…、
使い方を考えると、キリがないほどのマルチぶり。

使わないときは
ダイニングテーブル下へしまっておけます。

ぬくもりのある木製なのに、
スタイリッシュなカラーなのも
マルチに使えるポイントです。

DAYS」TOPへ

重ねたり、並べたり、仕切ったり。

重ねたり、並べたり、仕切ったり。重ねたり、並べたり、仕切ったり。

組み合わせ自由なボックス収納はよくあるけれど
これは、背板がないオープンなところがポイント。

壁にくっつけても
背板がないから抜けができて圧迫感なし。
狭いスペースに使っても、空間が広く感じます。

間仕切りに使えば、両面から出し入れ自由。

桐の無垢材を使っているので風合いがよく、
家具としての見映えも満足。
桐材は軽いので、組み替えも手軽にできます。

DAYS」TOPへ

オープンラックの頼れる相棒

オープンラックの頼れる相棒オープンラックの頼れる相棒

オープンラックを上手に使いこなすために
ぴったり収まるサイズの
専用のボックスをご用意しました。

同じ桐材なので
オープンラックと一体になって
インテリアとしての存在感もアップ。

小物の仕分けはもちろん
ボックスごと抜き出して、使う場所まで運ぶことも自由。

軽い桐材は、子どもも扱いやすいので、
おもちゃ入れとして使わせてあげれば
お片付けの習慣づけにも役立ちそう。

DAYS」TOPへ

壁にちょっと飾る、ちょっとしまう。

壁にちょっと飾る、ちょっとしまう。壁にちょっと飾る、ちょっとしまう。

部屋が散らかる原因のひとつは
よく使うモノの出しっぱなし。

それなら、壁に小棚をつくって
そこを小物の指定席に。

もちろん、ディスプレイも楽しめて
壁がちょっとしたギャラリーに早変わり。

リビングだけでなく、
玄関、トイレ、洗面所、キッチンと
壁があるところなら、どこでもOK。

オリジナルの壁かけパーツで
誰でも簡単に取り付けできて、
壁に大きな傷がつかないから安心です。

DAYS」TOPへ

いちばん簡単な、ちょい掛け収納。

いちばん簡単な、ちょい掛け収納。いちばん簡単な、ちょい掛け収納。

壁を使った吊り下げ収納は、
片付け上手さんの隠れ技だったりするのです。

このフックは、壁に大きな傷をつけないで
簡単に取り付けでき、
耐荷重量が3kgという優れもの。

2個セットだから
並べたり、上下にずらしたり、
レイアウトを楽しんで。

小物はお気に入りの袋に入れて吊り下げれば
ちょっとかわいいインテリアにも。
先端のカラーが
壁掛け収納を楽しくしてくれます。

DAYS」TOPへ

すぐ見つかるインデックス付き。

すぐ見つかるインデックス付き。すぐ見つかるインデックス付き。

オフシーズンの靴がまだ玄関にある。
靴箱に入れてしまい込んだら、履きたいときに見つからない。
一年ぶりに出したら、ニオイが・・・。

こんな靴収納のあるあるを
すっきり解決してくれるのが、このボックス。

軽くてスタッキングできる段ボール製で、
中の靴がすぐわかるインデックス付き。
しかも、消臭対策の炭シートを底面に。

引出し式なので
重ねたままでも出し入れできるのが便利。

DAYS」TOPへ

DAYS」TOPへ

ショッピング

日々の暮らしの中に、さわやかな刺激を