玄関から、春を迎えよう

玄関からはじまる、おもてなし

玄関から、春を迎えよう玄関から、春を迎えよう

訪問先でチャイムを鳴らしたあと
ドアが開くのが待ち遠しくて…。
さらに、靴を脱いだその先に、
どんな部屋が待っているんだろうと
ワクワクしたのを覚えている。

そんな経験から
ゲストが玄関の前に立ったときから
もてなしは始まっていると思っている。

玄関に入った瞬間、
あ、歓迎されているんだと
特別な気持ちになってもらえるような
もてなしをしたい。

訪問先で自分がされてうれしかったことを、
ゲストにもしてあげたいと思う。

住まいの印象が素敵に変わるアートな表札。

住まいの印象が素敵に変わるアートな表札。

玄関は家の顔というけれど
とくに表札は最初に目に留まるもの。

こだわっているね!と感心されるような
センスのいい表札がいい。

これは、真鍮風のステンレスプレートに
アクリル板を重ねた
立体感のあるデザイン。

まるでアートを飾るような気分で
表札を飾りたい。

DAYS」TOPへ

上品だけど、普通じゃない!こだわりの形。

上品だけど、普通じゃない!こだわりの形。上品だけど、普通じゃない!こだわりの形。

これまでは、狭い玄関に
無理やり置いていた四角い玄関マット。
家族から、玄関マットは必要?
なんて声があがるくらい悩ましい存在だった。

ところが、この半円形のマットに変えてみたら
玄関の印象が見違えるだけじゃなく、
空間が広く感じられる。
視覚効果ってスゴイ!

しかも、ジュート混のナチュラルな風合いと
ちょっと硬めの踏み心地が、
ナチュラル好みの我が家にはぴったり。

友人にデザインを褒められたので、
これは日の出をイメージしているのだと教えると、
いいことが舞い込んできそうね…と。

DAYS」TOPへ

壁を活かして、季節を飾るギャラリーに。

壁を活かして、季節を飾るギャラリーに。壁を活かして、季節を飾るギャラリーに。

これまでいろいろなお宅を訪問したけれど、
ほとんどの玄関には、
小さなディスプレイコーナーがある。

季節の花や、行事に合わせた小物を飾ったり、
手作りの作品を並べたり、
いろいろ工夫していて、見るのが楽しい。

ただ残念なのは、
せっかく工夫したディスプレイが目立たないこと。

そこで、ドアを開けた瞬間に目に入る
壁を利用したディスプレイコーナーをつくった。
ここなら、訪ねてきた人誰もが気づいてくれるはず。

この壁掛けボックスは、
背板に色がついているので
ちょっとしたギャラリーの雰囲気がつくれて
ディスズプレイ上手に見せてくれる。

DAYS」TOPへ

玄関の上着掛けは、ゲストへの心づかい。

玄関の上着掛けは、ゲストへの心づかい。玄関の上着掛けは、ゲストへの心づかい。

訪問先で、脱いだ上着をどうしようかと
迷うことがある。

とくに雨の日は、
濡れた上着でお部屋を汚してはいけないと気を遣う。

そんなとき、玄関に上着掛けが用意されていると、
配慮のあるお宅だなあと…。

わざわざハンガーラックを置くことはできなくても、
空いている壁にフックを取り付けるだけなら
狭い玄関でもゲスト用の上着掛けが用意できそう。

このフックは、簡単に設置ができるだけでなく、
ワンポイントカラーで、
壁のアクセントとしても効果的。

低い位置にも取り付けておけば
子どもにも使いやすい。

DAYS」TOPへ

玄関をすっきり、ゲストの靴を大切に。

玄関をすっきり、ゲストの靴を大切に。玄関をすっきり、ゲストの靴を大切に。

来客時に気をつけたいのが、
下駄箱に入りきらない家族の靴。
きちんと並べても、やっぱり見た目がきれいじゃない。

そこで、役立つのが、
壁に立てかけるだけのシューズラック。
普段から脱いだ靴を必ずここへ置く習慣をつければ
脱ぎっぱなしの靴がなくなり、すっきりとした玄関に。
突然の来客も慌てなくてすむ。

そして、ゲスト用のスペースを必ず一段空けている。
ここなら、ゲストの靴を子どもがうっかり踏むこともなく安心。
ゲストの靴を大切に扱うための、ちょっとした工夫です。

壁に立て掛けるだけだから
狭い玄関でも場所を取らず、置き場所の移動も簡単。

DAYS」TOPへ


のアイテムを見る

ゲストを迎えるためのこだわりの玄関

DAYS」TOPへ

ショッピング

日々の暮らしの中に、さわやかな刺激を