夏野菜たっぷりランチ

家族でつくるおうちごはん

夏野菜たっぷりランチ夏野菜たっぷりランチ

家族が揃って家で過ごす日は
おうち食堂がオープン。
今日の料理担当は、夫と子どもたち。
メニューは、庭の野菜をたっぷり使った
元気が出る夏のどんぶり。

器選びにも真剣。
おいしそうに見せてくれると
テンションが上がるのだとか。

イキイキと
料理を作っている様子を見ると
家族みんなでキッチンに立つのもいいなと思う。

お料理がおいしく見えるとうれしい。

お料理がおいしく見えるとうれしい。

料理が苦手な私でも
気に入った器に出合うと
想像力が膨らんで、いろいろつくりたくなる。
「うわっ、おいしそう!」の声を聞くとうれしくなる。
お料理は、器選びから始まっているんだなと思う。

この丼ぶりは、スタイリッシュなデザインで
子どもたちがつくった
野菜たっぷりのどんぶりを
とっておきのごちそうに見せてくれる。

そうめんやラーメンなど
麺類の器としてもおすすめ。

それほど重くないので
子どもにも扱いやすい。

DAYS」TOPへ

薬味入れ、箸置き、ゆで卵、いろいろ使える。

薬味入れ、箸置き、ゆで卵、いろいろ使える。薬味入れ、箸置き、ゆで卵、いろいろ使える。

二枚貝が開いたようなかわいい豆皿。
どう使おうかなって考えるだけで
わくわくする。

薬味入れはもちろん、
片方にゆで卵、もう片方に塩を添えるのもオシャレ。
レンゲや箸をちょっと置く、箸置き代わりにも便利そう。

テーブルの演出も味付けのひとつ。
色や形が加わるだけで、
華やいだり、楽しくなったり。
遊び心のある豆皿が、
家ごはんを楽しくしてくれる。

DAYS」TOPへ

誰にでも使いやすく、何にでも使える。

誰にでも使いやすく、何にでも使える。誰にでも使いやすく、何にでも使える。

忙しい日は、
フライパンひとつでできるメニューがうれしい。

このフライパンは深さがあるから
炒めてそのまま煮込むカレーやシチューもOK。

夫が調理担当の日は、
たいていこのフライパンを使っている。
熱伝導がよく、熱ムラが少ないので
揚げ物もおいしく仕上がるのだとか。

軽くて扱いやすいから、子どもにも好評。

焦げ付きにくいので、
使った後の手入れがカンタンなのもいい。

DAYS」TOPへ

お肉が片手でサクッと切れる。

お肉が片手でサクッと切れる。お肉が片手でサクッと切れる。

お手伝い大歓迎なんだけど、
やっぱり心配なのが、切る作業。

子どもに包丁を持たせると、ずっとハラハラ。
キッチンバサミも上手く使えず、手こずっている。
とくに肉を切るときは、滑ってなかなか切れない。

ところが、このキッチンバサミは、ちょっと違う。
先が長くカーブしているので
スッと肉の下に入り込んで、
ギザギザの刃でサクッと切れる。

片方の手で肉を押さえつける必要がないから
手が汚れず、危なっかしさがない。
大人も子どもも、これを一度使ったら手放せない。

清潔に使えるステンレス製。
簡単に分解できるので、しっかり洗えて
肉を切った後も安心。

DAYS」TOPへ

きれいに持てて、豆一粒もしっかりつまめる。

きれいに持てて、豆一粒もしっかりつまめる。きれいに持てて、豆一粒もしっかりつまめる。

食べ方が美しい人は、
周りの人までも気分よくしてくれる。
それは、家族であっても同じこと。

とくにお箸の持ち方は、悪いクセがつく前に、
子どもたちにきちんと教えたいと思う。

北海道の樺の木を使用した積層箸。
先が細いのでつまみやすく、見た目にも上品。
「ほら、豆がつまめるよ〜」と
得意顔の子どもたち。
お箸を替えただけで、食べ方に気を遣うようになった。

先が折れにくく丈夫で
食器洗浄機が使えるのもうれしいポイント。

DAYS」TOPへ


のアイテムを見る

家族でつくるおうちごはん

DAYS」TOPへ

ショッピング

日々の暮らしの中に、さわやかな刺激を