はかどるワークスペース

快適なリモートワーク

はかどるワークスペースはかどるワークスペース

徐々に慣れてきた在宅勤務だけど
オフィスのように
仕事がなかなかはかどらない。

最初は、とりあえず
モニターに映る背景さえ整っていれば
デスクはダイニングテーブルでもいいかなと
簡単に考えていたけれど、
オンとオフの区別ができにくい場所では
やっぱり集中できない。
家族に気を遣わせてしまうし、時間も制限される。

そこで、思い切って
リビングにワークスペースを設けることに。
ここに座れば
一気に仕事モードにスイッチオン。
オンとオフの切替えがしやすく、
お仕事頑張って!と
家族にも応援されて、気分も上々。

家族の動線の邪魔にならない、奥行き40cmと50cm。

家族の動線の邪魔にならない、奥行き40cmと50cm。

リビングの仕事場は
できるだけ家族の居場所から離れた壁際で
動線の邪魔にならない場所が理想。

我が家の場合、
スペースに余裕のないリビングだから、
デスクの奥行きはできるだけ狭いほうがうれしい。
このデスクは奥行きが40cmと50cmから選べて、
それほど出っ張らず、邪魔にならない。

壁にピタッと付けて置いても
天板にコード落としや
背面にタップ置き場があるので
コードが絡まって目障りになる心配なし。

木目の温もりを感じる落ち着いたデザインは
リビングの家具ともなじんでくれる。

DAYS」TOPへ

個室感覚で集中!リモート会議に家族が映らない。

個室感覚で集中!リモート会議に家族が映らない。個室感覚で集中!リモート会議に家族が映らない。

仕事のための個室を用意するのは難しいけれど、
仕切り付きのデスクなら
リビングの中に個室感覚の
ワークスペースをつくることができる。

これなら、リモート会議中に後ろを家族が通ったり、
生活感のあるインテリアが見えたりと、
ちょっと恥ずかしい思いをすることがなく
仕事に集中できる。

サイドラックとバックパネルの内側の棚を利用すれば
新たに収納を用意する必要がない。
全部手の届く位置にあるので
使いやすくて便利。

仕切りがあっても大きな声は気になるので、
家族の目につくところに
「只今リモート中」の札を掛けておこうかなと考え中!

DAYS」TOPへ

机上全体を明るくすることが大切。

机上全体を明るくすることが大切。机上全体を明るくすることが大切。

オフィスに比べて仕事がはかどらないと思ったら
デスク上の明るさが不足しているのかも。

とくに壁に向かって座るデスクの場合は
どうしても手元が暗くなりがち。
パソコンのディスプレイの明るさと、
手元の明るさが違い過ぎるのが
目の負担になるのかもしれないと思って
私はデスクライトを使っている。

スチール製のシンプルなデザインと
丸いフォルムがお気に入り。

子どものリビング学習用に、
ダイニングルームにも、色違いを用意している。
角度調節しやすいので
大人にも子どもにも使いやすい。

DAYS」TOPへ

デスク横の壁面を充電ステーションに。

デスク横の壁面を充電ステーションに。デスク横の壁面を充電ステーションに。

仕事中には
タブレットやスマホなど
それぞれ複数の端末を使うので
手の届くところに充電場所が必要になる。

床に置くタイプはいろいろあるけれど、
置き場所をとらない
壁に取り付けられるこのタイプが
コンパクトなワークスペースには都合がいい。

DIYが苦手な私でも
専用の金具で簡単に取り付けでき、
取り外した後は、
壁に穴の跡が残りにくいのがうれしい。

フタに切り込みがあるので
スマホを立てかけておけるのも
便利なポイント。

暖かみのある天然木を使っているので
デスクや家具と相性がよく、
インテリア的にも申し分なし。

DAYS」TOPへ

DAYS」TOPへ

ショッピング

日々の暮らしの中に、さわやかな刺激を