テーマは大人のモダン

グレイッシュトーンの部屋に合うインテリア

テーマは大人のモダンテーマは大人のモダン

転居を考えている知人が
最近の住宅はグレー系の内装が多いのだけど
インテリアの色が難しそう…と相談された。

インテリア雑誌を見ても
壁やドア、床などの建具に
グレーがかったニュアンスのある色を
使っていることが多い。

我が家も、子どもが成長してきて
そろそろリフォームを
考えていたときだったので興味があった。
そこで、
トレンドのグレイッシュな部屋に似合う
家具やファブリックをチェックすることに。

夫と私の好みを掛け合わせて
テーマは「大人のモダン」。

家族が過ごす空間だから
無機質になりすぎないように、
モノトーンのグラデーションカラーと
素材の温もりを組み合わせてみたら、
ちょっといい感じの
グレイッシュトーンの大人空間ができ上った。

織り生地の風合いで空間に穏やかな表情を。

織り生地の風合いで空間に穏やかな表情を。

存在感のあるソファーだから
グレイッシュトーンとなじみやすい
ベージュ、ブラウン、チャコールグレーからチョイス。

立体感のある織り生地が
くつろぎの空間にふさわしい
あたたかみを添えてくれる。

しかも、このソファーは
カバーリングタイプだから
汚れたらカバーを外して洗える。
モダンな大人空間に
汚れは似合わないから、
洗えるのは本当に助かる。

座面には、マットレスにも使われる
線径の太いポケットコイルを使っているので
座り心地も申し分なし。

DAYS」TOPへ

木目の温もりをテレビまわりに。

木目の温もりをテレビまわりに。木目の温もりをテレビまわりに。

家族やゲストの視線が集まる
テレビまわりが片付いていないと、
なんだか落ち着かない。
テレビまわりの収納は
思っている以上に大切なもの。

グレイッシュトーンの部屋に合う条件を満たしながら
モノトーン・グラデーションから外れず、
壁のクロスとテレビを繋いでくれるカラーといえば、
やっぱりホワイトやナチュラル系。

しかもペタッとした素材ではなく、
木目の凹凸を感じられるこのテレビ台なら
シンプルながらも温もりがあって、やさしい印象。

収納力も片づけやすさも満点で、
最近親子で夢中の
ゲームのアイテム類も
すっきりしまえるのがうれしい。

DAYS」TOPへ

グレー系の床に映える繊細な織り模様。

グレー系の床に映える繊細な織り模様。グレー系の床に映える繊細な織り模様。

見事なグラデーションカラーと
細かくて複雑な織り模様に魅せられた
ウィルトン織りのラグ。
まるで床に広がるアートのような美しさ。

油断すると味気なくなりがちな
グレイッシュトーンのインテリアの中で
ひときわ華やかさを発揮してくれる
一枚だと思う。

耐久性に優れた
フラットウィルトン織りのラグは
密に織られているので
毛足の間にゴミが入りにくく、
お掃除しやすい。
こんなに繊細な織りなのに
家庭で洗えるのもポイント。

DAYS」TOPへ

ナチュラルな風合いに、窓に欲しい機能を添えて。

ナチュラルな風合いに、窓に欲しい機能を添えて。ナチュラルな風合いに、窓に欲しい機能を添えて。

カーテン選びでは
カーテンを壁の一部と考えるか、
インテリアのアクセントにするか、
どちらがいいかで悩むことが多い。

我が家の場合は
狭さが悩みのリビングなので
カーテンを壁の続きと考えて、
無地に近い同色を選ぶことが多い。

グレイッシュトーンの部屋では
せっかくのグレーのニュアンスを壊さないように
カーテンもニュアンスカラーを選択。

この綿混のカーテンは
織り表情のある梨地素材で、
壁との一体感を持ちながらも、
あたたかみのある窓辺に仕上げてくれる。

しかも、これからの季節にうれしい
遮光、遮熱機能付き。
形状記憶加工が施されているから
ドレープがいつもすっきり整っている。

DAYS」TOPへ

多機能の綿混ボイルで昼間も快適に。

多機能の綿混ボイルで昼間も快適に。多機能の綿混ボイルで昼間も快適に。

昼間のカーテン、どうしてる?とよく聞かれる。
カーテンをパーッと開けて
過ごしたいけれど
紫外線や外からの視線が気になって
昼間もカーテンを閉じたままという人も。

この綿混ボイルのカーテンなら
UVカットで紫外線を防いでくれるし、
遮熱効果で外の気温に影響されにくい。
遮像効果もあって
家の中が見えにくく、
プライバシーを守りながら快適に過ごせる。

楊柳風のシボのある綿混素材で、
ボイルならではのやさしい透け感が
これからの季節にぴったり。

シックな極細のストライプ柄は
グレー系のインテリアにもなじんでくれる。

DAYS」TOPへ

グレーと相性のいい天然木で、和める空間に。

グレーと相性のいい天然木で、和める空間に。グレーと相性のいい天然木で、和める空間に。

ダイニングルームは家族の団らんの場所だから
モダンな中にもやさしい雰囲気が欲しい。

グレーがかった内装に
意外にも相性がいいのがナチュラルな家具。
今回は大人のモダンがテーマだから、
ダイニングテーブルは
天然木の天板にスチールの脚を組み合わせた
シンプルなデザインを選んだ。
自然な木目が際立つ味わいのある天板で、
クリエイター好みのようなスタイリッシュさが
夫にも好評。

このテーブルのあるダイニングルームでは
飾る植物も鮮やかな花ではなく、
渋めのグリーンで
落ち着いた雰囲気をつくりたい。

DAYS」TOPへ

異素材使いでルックスも座り心地も上々。

異素材使いでルックスも座り心地も上々。異素材使いでルックスも座り心地も上々。

ハーフアームから脚へ続く
ラインの美しさに一目惚れしたダイニングチェア。

背もたれと座面は合皮素材で
天然木のフレームとのコントラストがオシャレ。

グレイッシュトーンのモダンな部屋づくりには
ダイニングチェアも
このくらいこだわりのあるデザインを選びたいもの。

ハーフアームは
テーブルと合わせたときの収まり具合が絶妙。
アープを持って立ち座りしやすく、
出入りもスムーズにできる。

座面が広く、
ほどよいクッション性があって
座り心地がいい。
在宅ワーク用にもおすすめできるチェア。

DAYS」TOPへ

くつろぐ場所は、モノを見せないのが約束。

くつろぐ場所は、モノを見せないのが約束。くつろぐ場所は、モノを見せないのが約束。

グレイッシュトーンのモダンなインテリアに
散らかりはNG。
いつもすっきりと片付いていることが
インテリアを素敵に魅せるコツ。

と言っても、うちのように子どもがいる家庭では
リビングに持ち込むものが多くて
どうしても散らかってしまいがち。

そこで、全部隠してくれる収納が必要になる。
グレー系カラーと相性のいいナチュラルカラーで、
壁面にすっきり収まる
造り付けのようなカウンターキャビネットが理想。

このカウンターキャビネットは
板扉と引出しの組み合わせで、
すべて閉じれば木目が美しいフラットなデザイン。
スペースに合わせて
奥行きが30cmと40cmから選べるのも
うれしいポイント。

天板はディスプレイにちょうどいい高さだから
植物を並べたり、季節の飾りつけをしたり、
またひとつ楽しみが増えそう。

DAYS」TOPへ

組み合わせ自由。ユニットで在宅オフィスを。

組み合わせ自由。ユニットで在宅オフィスを。組み合わせ自由。ユニットで在宅オフィスを。

最近では、リビングルームに
リモートワーク用の
デスクがあるのが普通になってきた。

パソコンデスクとして大人に使いやすくて、
子どものリビング学習にも便利な
デスクスペースとなると、
必要な収納を組み合わせできる
ユニットタイプがおすすめ。

プリンターが収まるワゴンや
コード穴付きのガラス扉収納など
使いやすさへの配慮もしっかりできていて
我が家では
在宅オフィスと呼んでいる。

ナチュラルな木目は
どんなインテリアともマッチするから、
グレイッシュトーンの部屋に移っても
そのまま使える。

DAYS」TOPへ

DAYS」TOPへ

ショッピング

日々の暮らしの中に、さわやかな刺激を