暮らしを自由に楽しむ

UTILITY FURNITURE

暮らしを自由に楽しむ暮らしを自由に楽しむ

気分転換や
ストレス解消法のひとつが
小さな模様替え。

とくに、部屋の角や窓際、壁面など
空いているスペースを活かした
コーナーづくりを楽しんでいる。

小さな模様替えに役に立つのが
いろいろ便利に使えるユーティリティ家具。

大きな家具と違って、
部屋から部屋への移動させるのがラクなうえ、
新しい使い方がひらめいたときも
すぐに実行できるのがいい。

しかも、どこに置いても、
どう組み合わせても絵になるものばかり。
使い方はアイデアしだい…というところが気に入っている。

家でも外でも。どう使うか考えるのが楽しい。

家でも外でも。どう使うか考えるのが楽しい。

家の中で一番出番が多いのが
この折りたためるラック。

ナチュラル好きな我が家では
木製というのがまず気に入った理由。
しかも、カラーがオシャレで
アトリエっぽい雰囲気は、どこで使っても洒落ている。

リビングではマガジンラック代わりや
ディスプレイ棚として使用。

この季節は、観葉植物の株分けで
プランターの数が増えるから
その置き場所にもぴったり。

子どもがリビングで宿題をするときの
ランドセルの置き場所にもちょうどいい。

玄関では、よく履く靴の収納に。
これがあるだけで、
脱ぎっぱなしがなくなって、玄関がすっきり。

庭でバーベキューをするときの
サブテーブルにもおすすめ。
必要なときだけサッと広げられるのがいい。

もし、今年の夏休みにキャンプに行けるなら、
キャンプ道具と一緒に
持っていきたいと思っている。
自然の中で、ゼッタイ映えると思うから。

DAYS」TOPへ

よく使う小物をまとめて。在宅ワーク用にも。

よく使う小物をまとめて。在宅ワーク用にも。よく使う小物をまとめて。在宅ワーク用にも。

リビングやダイニングで
みんなが使う文具類やケア用品などは、
出しっぱなしになりがちで
紛失や散らかりの原因にも。

そこで、よく使うグッズをワゴンにまとめておくことに。
必要な人が、使う場所まで移動させれば
片付けも簡単。

このワゴンはフタ付きだから
急な来客時には
テーブルのゴチャゴチャをさっと隠して
そのまま見えない場所まで移動させる…という
早業も手に入る。

最近では、在宅ワーク用の仕事グッズの
置き場所としても重宝している。

DAYS」TOPへ

ラックにもテーブルにも。シンプルこその高い汎用性。

ラックにもテーブルにも。シンプルこその高い汎用性。ラックにもテーブルにも。シンプルこその高い汎用性。

シンプル イズ ベストと
よく言われるけれど、
このラックがまさにそれ。

無駄のないシンプルなコの字型は、
低めのディスプレイ棚やテレビ台になり、
重ねれば収納力のあるラックに。

リビングテーブルとしても美しく、
奥行き29cmでコンパクトだから
ソファーとテレビとの間のスペースが狭くても
すっきり置ける。

幅40cmタイプは縦置きもできるので、
ソファーやベッドでリラックスするときの
サイドテーブルとしても使いやすい。

存在感のある天然木のタモ材で、
木口には配色のアクセントがさりげなく入っている。
ただのシンプルでなところがいい。

DAYS」TOPへ

廊下や狭い場所にもライブラリーができる。

廊下や狭い場所にもライブラリーができる。廊下や狭い場所にもライブラリーができる。

本の置き場所が確保できなくて、
読み終わったらしまい込むか
リサイクルするか悩んでいた。

でも、子どもには本好きに育ってほしいので
いつも本に触れていられるように
この薄型のラックを設置した。
奥行が12.5cmという薄さだから
廊下に置いても邪魔にならず、
見た目もスッキリしている。

読み終わった本は、とりあえずここに。
夫も子どもたちも、読み終わったらここへ。
みんながどんなものを読んでいるのかが
お互いに分かって、話題作りにもいい。

たまにコミックやゲーム本が混ざっていたり、
趣味が合わないと言われることもあるけれど、
それはそれでOK。

突っ張りタイプではなく
簡単に設置できるから
模様替えで場所を移動させるときもスムーズ。

DAYS」TOPへ

普段使う生活アイテムまでカッコよく飾れる。

普段使う生活アイテムまでカッコよく飾れる。普段使う生活アイテムまでカッコよく飾れる。

ディスプレイは好きだけど
そのセンスには自信がない。
だから、何でもしまい込んで
扉で隠してしまうことがほとんど。

でもそれだと、使うときに不便だから
結局は床に置いたままになったり、
テーブルに出しっぱなしになったり…。

そこで思いついたのが
なんでも飾ってしまおうという収納方法。
壁面を利用した
ショップで見かけるようなディスプレイラックなら
誰でもセンスよく、いい感じに見せられそう。

普段に持っているかごバッグも、
ここに吊り下げるとオシャレ見えする。
生活感のあるケアグッズやお掃除ブラシも
なんだかサマになっている。

場所を取らないから
リビングはもちろん、玄関や廊下、マイルームなど
どこにでも設置できるのがいい。

DAYS」TOPへ

明日の持ち物はここに。下の段は子ども専用に。

明日の持ち物はここに。下の段は子ども専用に。明日の持ち物はここに。下の段は子ども専用に。

玄関の近くの壁面に
明日の準備コーナーを作った。

これは、子どもが
忘れ物をしないために、明日持っていくものを
玄関に置いておきたいと言いだしたのがきっかけ。

床にバラバラと置かれたのでは
邪魔になるし、見た目も悪い。
でも、忘れ物をしたくないという気持ちは評価したいので
壁と一体になってすっきり見える
スチール製のラダーラックを使うことにした。

薄型だから場所を取らず、
壁面固定具を使って設置するので、
DIYが苦手でも簡単に取り付けできる。

上段は大人専用、
下段は子ども専用にして、
家族そろって、忘れ物対策を実行中。

DAYS」TOPへ

DAYS」TOPへ

ショッピング

日々の暮らしの中に、さわやかな刺激を