納得のいく家具選び

日本の暮らしになじむ3色の家具〜3カラーズ〜

納得のいく家具選び納得のいく家具選び

季節ごとの簡単な模様替えなら
インテリア雑誌を見ながら
気軽に決められるけれど、
大掛かりな模様替えや大型家具の買い替えとなると
雑誌を見ながらでは、かなり不安。

以前に、引っ越しのタイミングで家具を買い替えるとき、
忙しい中、夫と時間を合わせて
何度も家具屋さんに通って決めたものの、
イメージやサイズがちょっと違うと、悔やんだ経験がある。
大型の家具選びって、けっこう難しい。

我が家では、子どもが成長して
そろそろ、収納家具の買い替えが必要になってきた。
今度は失敗しないように
納得がいくまで
しっかり選びたいので、
BELLE MAISON DAYSの
3カラーズシリーズで検討することに。

カタログで選ぶのって難しいと思っていたら
なんと、素材サンプルを送ってもらえる。
色や質感が実際に目で確かめられるのが、すごく安心。

リビングでくつろぎながら
時間を気にせず選ぶことができて、
しかも悩んだときは
オンラインでインテリアスタッフに相談できる
チェットサービスもある。
決断力に自信がない私には、とってもありがたいこと。

BELLE MAISON DAYSで揃えると、
難しく考えなくても、
どれとどれを組み合わせてもよくて、
家中をコーディネートできるのも、大きな魅力。
今すぐは必要なものだけ揃えて、
将来買い足しもできる。
これも定番のいいところ。

部屋のレイアウトを考えながら選ぶ時間の
わくわくを家族一緒に楽しみたいと思う。

テレビとテレビ台の黄金バランスを考える。

テレビとテレビ台の黄金バランスを考える。

テレビ台は、テレビが載れば
それでいいというものではないらしい。

安心して心地よく眺めるためには、
テレビ台にテレビを載せたとき
台形になるのが好ましいのだとか。

我が家では
テレビを大型に買い替えても
テレビ台をそのままにしていたので
なんとなく安定感がなく、美しく見えない。

しかも、収納力が不足しているから
テレビ周りが片付かない。
テレビを観ていても落ち着かないのは、
きっと収納不足が原因。

買い替えるときは、
テレビに合わせたサイズと、
収納スペースが確保できることがポイントになる。

DAYS」TOPへ

レイアウト思いのまま。間仕切りもOK。

レイアウト思いのまま。間仕切りもOK。レイアウト思いのまま。間仕切りもOK。

模様替え好きな我が家では
レイアウトが自由に変えられる
このキューブボックスが、役に立っている。

壁側で階段状に並べたり、
腰高窓を囲むように並べたりと、
自由にカタチを変えられるだけでなく
部屋の間仕切りとしても使えるので、
こんな便利なものはないと思っている。

リビングに子どもの遊び場を作ったときも、
間仕切りとして活躍。
これからは、在宅ワークのスペース確保にも
使いたいと思っているので、
買い足し決定。

DAYS」TOPへ

ぎっしり収納してもたわみにくい、本好きの強い味方。

ぎっしり収納してもたわみにくい、本好きの強い味方。ぎっしり収納してもたわみにくい、本好きの強い味方。

この本棚は、棚板一枚の耐荷重量が30kg。
頼もしすぎる頑丈さが魅力。

これまでは、本棚に気をつかって、
重そうな本は床に積み上げていたので、
それらが一気に片付きそうでうれしい。

オープンだから、
読みたい本を見つけるのも、
元に戻すのも簡単。
本の移動もしやすくて、シンプルがいいなと。

分厚い棚板だけど
思いのほか軽いので、
本の高さに合わせて
棚の位置を変えるときもラク。

これなら、これからも
どんどん増える本の収納に困らない。

DAYS」TOPへ

カウンター下の空間は、絶好の収納スペース。

カウンター下の空間は、絶好の収納スペース。カウンター下の空間は、絶好の収納スペース。

なんだかんだとモノが増えて
収納スペースに困っていたら、
夫が、カウンター下が空いているよと。

ここは、手前にダイニングテーブルがあるので
収納家具を置くのを諦めていた場所。
でも、引き戸なら、ラクに置けそう。

ついつい紙袋を置きっぱなしにしたり、
宅配便で届いた段ボールなどを積み上げたりと、
片付かない原因になっていたところなので
すっきりすると、すごくうれしい。

よく使う食器はもちろん、
リビングに置きたくなかった小物もここならOK。

ガラス扉と板扉、引出しが選べるのも
使いやすいポイント。

DAYS」TOPへ

出窓感覚で窓下に。狭くても引き戸ならOK。

出窓感覚で窓下に。狭くても引き戸ならOK。出窓感覚で窓下に。狭くても引き戸ならOK。

腰高窓を
出窓のように使いたくて
カウンター使いができる
キャビネットを置くのはどうかなと。

開閉に場所を取らない引き戸タイプなら
手前に家具がある窓際にも置けそう。

ディスプレイするのにもちょうどいい高さで、
窓から光が入るので
花やハーブを育てるのにもぴったり。

奥行きが30cmと40cmから選べるから
スペースだけでなく
収納するものも考えて、
どちらが便利か検討中。

DAYS」TOPへ

壁際にぴったり、場所を取らずにデスクが置ける。

壁際にぴったり、場所を取らずにデスクが置ける。壁際にぴったり、場所を取らずにデスクが置ける。

すっかり在宅ワークが定着してきたので
そろそろ、我が家にも二人分の
仕事専用のデスクが必要になってきた。

大きなデスクはスペース的に難しいので
出っ張りの少ない
奥行40cmのシンプルなデスクを
リビングの壁際に置くことに。

シンプルだけど、引出し付きだから
文具などの小物は収納できる。

背面にはコンセントタップが置けるスペースがあって
パソコンはもちろん、
タブレットやスマホの充電もスムーズ。

DAYS」TOPへ

リビングに個室が出現。在宅ワークがはかどる。

リビングに個室が出現。在宅ワークがはかどる。リビングに個室が出現。在宅ワークがはかどる。

間仕切りと収納が一つになった
個室のようなデスクが気になっている。

家族が生活している中で
集中して仕事を進めるには
これくらい囲ってしまうほうがいいのかなと。

窓の外の日差しを見ると
あれもこれも干したくなるし、
テレビが見えると誘惑に負けそうだし…。

夫の場合は、
家族に気兼ねなく仕事ができるのがいいらしい。

子どもが宿題をしたり、
塾の勉強をするときも、
気が散らなくて集中できそう。

裏面は化粧仕上げなので
すっきり見えて、インテリアの邪魔をしない。

DAYS」TOPへ

実物が確認できる、素材サンプルを無料でお届け。

実物が確認できる、素材サンプルを無料でお届け。実物が確認できる、素材サンプルを無料でお届け。

BELLE MAISON DAYSの
3COLORS FURNITUREは
日本の一般的な住まいに合うように考えられている。
だから、アイテムの種類も、
サイズも、使い勝手も
今の暮らしに馴染んで心地いい。

とくにカラーは
日本の家屋の床や建具によく使われている
3色をセレクト。
丈夫で高級感のある強化シートを採用しているので
将来まで長く使えるのが魅力。

ご購入をご検討中の方には
素材サンプルを無料でプレゼント。

簡単に買い替えができない家具だけに
納得がいくまで、じっくりお選びください。

DAYS」TOPへ

DAYS」TOPへ

ショッピング

日々の暮らしの中に、さわやかな刺激を