スタッフコラム

「ベルメゾンデイズ」スタッフによるコラムページ

スタッフコラム

ゆたかな暮らしが見えてくる。「愛着を持って長く付き合うモノ」の選び方。

今の世の中、いろいろなものがカンタンに安く手に入ることも多いので、
つい衝動買いをしてしまった、そしてその後使っていない…
という方もいらっしゃるかもしれません。

そうなると、使っていないものを家に置いておくことになり、
結局捨ててしまう、ということも。

でも、多少持っているモノが多くても、片付いていなくても、
「愛着を持って長く付き合っていけるモノ」であれば
モノ自身にとっても「使い続けてくれる」という、うれしい状況になります。

そうやって「愛着を持って長く付き合えるモノ」の選び方のヒントを
少し紹介したいと思います。

アイテムをお迎えした後の生活をイメージしてみる。

よくやってしまいがちなのが、
「かわいい!」「便利!」「めずらしい!」「安い!」という一瞬の感情でモノを買ってしまうこと。

そうやってお迎えしたモノの数々は、
意外と使いにくかった、実は家に同じようなものがあった、インテリアコーディネートと合わなかった…など
色んな理由で使わなくなってしまうことが多いのも事実。

これをやってしまう一番の理由は、
「商品のことをよく知らずに買ってしまう」ということなんです。

いいな、と思った感情はとてもステキなので、
「このアイテムがあると、自分や家族の生活がどうなるのか」
というところを一度イメージしてみるのもいいかもしれません。

たとえば、食器。
直火やオーブンにかけることができるこのアイテム。

最近仕事が忙しくて、帰りが遅くなってしまう夫。

直火だと均等に火が通るから、温め直してもさらにおいしい。
夫が少しでもおいしくたべてくれるとうれしいし、
洗い物がひとつですむから、わたしもうれしい。笑 …など。

こうやってアイテムをお迎えした後の生活を具体的にイメージしておくと、
愛着を持って使い続けるひとつのキッカケになるかもしれません。

アレにもコレにも使える、という視点を入れてみる。

便利グッズなどによくあるのが、○○専用、というアイテム。

ある使い方に特化しているので、便利なのですが
それ以外では使いにくい、○○専用というアイテムが増え続ける…ということも。
そうなると使わないモノをたくさん持ってしまう、
というモノにとってもかわいそうな状況に。

そんな時、
「このアイテムは他にどんな使い方ができるのか」ということを
少し立ち止まってみるのもヒトツです。

たとえば、収納用品。

子どもが小さいうちは、絵本やおもちゃを入れたりできるし、
子どもが大きくなったら、いくつか買い足して、自分の趣味のものを収納しよう。

たとえば、スツール。

人が来た時に座ってもらう用に使いたい。
でも普段はグリーンを飾って飾り棚としても使えるし、
ソファの横に置いてサイドテーブルとしても使えそう…など。

こういったいくつかの使い方ができれば、
それぞれ専用のモノを持つ必要がないので、
自然とそのアイテムを使う機会が増えてきます。

そういったことから、
アイテムに愛着を持つキッカケになるかもしれません。

自分や家族の暮らしに似合う、モノと分量を選ぶこと。

今はインターネットやSNSで色んな情報が得られる時代。
ステキな暮らしをされている方の暮らしぶりを見て、
自分もやってみよう!というキッカケがたくさん落ちています。

そこで大事なのは、
「自分や家族の暮らしに似合う、モノと分量を選ぶこと」です。

だから、必ずしも、高いものを買うこと、少ないモノで暮らすことが
自分たちの暮らしに合うとも限りません。

多少モノが多くても、多少片付いていなくても、
自分や家族が、愛着を持って長く使えるモノに囲まれる、という
暮らし方もあると思います。

子どもや親、パートナーが愛着を持ってモノと接する姿を見るのも、
とてもしあわせなことだな、と思います。

これからモノを選ぶとき、こういった視点があってもいいかもしれませんね!

⇒「愛着を持って長く付き合う」ヒントが詰まった商品はコチラ

ページTOPへ▲

ベルメゾンデイズ ブランドサイトへ