スタッフコラム

「ベルメゾンデイズ」スタッフによるコラムページ

スタッフコラム

日本の年末年始の行事、どんな意味があるんだろう。【年末編】

年末年始には大掃除やしめ縄を飾ること、除夜の鐘や年越しそば、
おせちを食べることや初詣など沢山の行事があります。

子どもの頃から当たり前のように行っていたので、
特に意識せず、年末行事をされている方も多いかもしれません。
そこで、今回のコラムでは、年末行事のひとつひとつにどのような意味があるのか、
改めて見てみたいと思います。

大掃除(すす払い)

年末になると多くの家庭が大掃除を行います。
外国では大掃除は温かい時期に行いますが、
日本ではなぜ年の瀬の寒い時期に手の込んだ掃除をするのでしょうか。

掃除という言葉が日本で使われるようになったのは平安時代のことで、
大掃除もその頃から始まったと言われています。
大掃除とは一年の煤(すす)をはらい新年に神様を迎える準備をするという意味があり、
「すす払い」と言われていました。

江戸時代には大奥で12月13日にすす払いを行う決まりがあり、
多くの民家でも13日にすす払いをしていました。
現在も12月13日にすす払いを行うところは多く残っています。

近年では混雑しているゴールデンウィークや、
涼しくなってきて冬物へ衣替えする秋頃に大掃除をする家庭も増えてきていますが、
やはり年末には普段より丁寧に掃除をして、気持ちよく新しい年を迎えるのもいいかもしれませんね。

しめ縄を飾る

年末になると多くの家の玄関や車のバンパー部分にしめ縄やしめ飾りが付けられています。
昔から当たり前のように見かける光景ですが、
しめ縄やしめ飾りにはどのような意味があるのでしょうか。

しめ縄とは神様がいる神聖なところと、わたしたちがいる現世この世の中を隔てるものであり、
神聖な場所にけがれたものが入らないようにする結界として存在しています。
しめ縄の形を変え、飾りをつけたものをしめ飾りといいます。

またこの飾りには、裏側も白いことから純粋さを表し
清らかな心で1年を過ごせるよう願いを込められた裏白、
代々家が栄えるように願いを込められた橙、
神様がいらしてることをお知らせする紙垂などそれぞれに意味があるのです。

しめ縄やしめ飾りの意味を知ることで、より年末の大掃除にも力が入りますね。

除夜の鐘

大晦日の深夜0時をはさんで、つく鐘のことを除夜の鐘といいます。
12月31日に寺院の鐘が響き始めると今年も終わりだと感じますよね。
大晦日の深夜に107回まで鐘をつき、新年を迎えた1月1日に最後の1回がつかれます。

除夜の鐘には人間の煩悩を振り払うという意味があります。
人の心には人の心を惑わせたり、悩ませたり、苦しませる煩悩があります。
欲望、怒り、恨み、妬みなど、人が苦しいなと思うことには全て煩悩が関係しています。

仏教では百八つの煩悩があるといわれ、その煩悩を払うために除夜の鐘の回数は108回とされているのです。

旧年の悩みや煩悩を捨て、新年は煩悩に煩わされない良い年になりますように
という願いをこめて除夜の鐘はつかれているのです。

年越しそば

小さい頃、いつもは寝ている遅い時間帯でも大晦日は特別に起きていることが許され、
夜中に家族でおそばをすすることを不思議に感じたことはありませんか?
大晦日にそばを食べる事は日本の文化に深く定着しています。

そばは他の麺類と比べると切れやすいことから、
今年1年の厄を断ち切って新年を迎えたいという縁起をこめた風習で、
江戸時代から大晦日の夜に食すようになったと言われています。

他にも、そばは長く伸ばして細く切って作ることから、
新しい年も細く長く良い年になるようにという願いや、
江戸時代に金箔をつかう職人が、散らばった金を集める時に
蕎麦がきの粘り気を利用していたことから金運があがるように、という願いもあります。

大晦日

1年の中で大晦日を特別に感じる人は多いと思います。
大晦日の過ごし方はそれぞれですが、大晦日にはどのような意味があるのでしょうか。

大晦日の晦日は30日からきています。
月の30日目という意味の晦日がその月の最終日という認識に代わっていき、
毎月のなかでも年の1番最後の12月は大晦日といわれるようになりました。

また大晦日は別名「おおつごもり」ともいわれています。
「つごもり」は「月ごもり」が訛ったものといわれ、
月末は月が隠れて見えないことからついた名前です。

そして大晦日にも昔から伝わる行事や風習があります。

大晦日に最後に掃き掃除をする掃き納め。
家族揃って過ごし1年の出来事を振り返ること。
大晦日の夜にお風呂に入ることを「年の湯に入る」といい、

1年を振り返りながら垢を落とします。

大晦日にしか出来ないことをして、
家族で1年を振り返り、新しい年を迎えてみるのはいかがでしょうか。

最後に。

年末行事の歴史や背景を知ることで、
気持ちをこめて大掃除をして、しめ縄を飾り、大晦日の過ごし方も
より充実したものになるかもしれませんね。

新年を気持ちよく迎えるために、
行事の一つ一つの意味を考えてみることも、
ひとつ勉強になりそうです。


次回は年始編。お楽しみに!

ページTOPへ▲

ベルメゾンデイズ ブランドサイトへ